経営者が占いを利用する理由…経営者や社長が占いを取り入れる意味とは
スポンサーリンク

なぜ経営者が占いを利用するのか?

気にしたことはありませんか。

多くの経営者が占いを利用し、ひそかに贔屓にしている占い師がいると言われています。

占いとビジネスというと、一見つながりがなさそうに思える人が多いかもしれません。

しかし、実は結構、占いなどを気にする経営者は少なくなく、経営者向けの占星術や易学などのセミナーは数多く行われているし、ビジネスマッチングサイトでも、占いコンテンツが掲載されています。

どうして多くの経営者が、一見、ビジネス・経営とは似ても似つかない占いを利用するのでしょうか。その理由についてご紹介しましょう。

占いを利用することで、どのように影響してくるのでしょうか?

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

待機中の先生が見つからない場合は…

経営者・社長が占いを利用する理由とは

多くの経営者や社長が、企業経営というリアリズムが支配する世界において、真逆の占いを取り入れることは結構あります。

この理由を御存知でしょうか。

占いを多くの経営者が取り入れ、そして利用している理由をここではご紹介したいと思います。

一つの統計学だから

多くの経営者は占いをお告げのつもりで受け取っているわけではありません。

占いといっても水晶玉を見てお告げのようなものではなく、実は“統計学”なんです。

会社を興す方が登記する日程を選ぶ際、あるいは、事業継承のタイミングを決めるときなど、経営者というのは日々が選択の連続です。

どちらにしようか、どのタイミングかと迷ったときに、判断を後押しするために、経営者の方はMBAホルダーのコンサルタントに判断を仰いだり、会計士に相談したり、さまざまな要素を探ります。

その中で、ベストな選択をしようとします。

その中の一要素として、占いの“統計学”というものを考える方がいるのです。

企業から相談をうけるような占い師は、ただ闇雲に当てずっぽうでインスピレーションで空想しているわけではなく、統計学や、経験や知識を踏まえたうえで根拠をもって占っており、裏付けがあるのです。

風水は、古代中国において天災や水脈などの自然の統計にもとづいて生み出されたもの。

かつて、香港上海銀行と中国銀行の社屋が「風水」によるバトルを繰り広げてきました。

大安仏滅といった六曜を手帳に記載するようにしているなんていうエピソードもあります。

干支五行・気学・風水学・易学を用いて、依頼者の相談に乗っている占い師は数多くいるのです。

経営者の相談相手と孤独

経営者が占いをする理由は統計学にもとづくアドバイスと決断だけではないのです。

それは、経営者ならではのメンタルに負うところと「経営者の孤独」によるものが大きいです。

経営者は最終決裁者であり、会社・企業のかじ取りという重い責任を常に内包している存在です。

会社の幹部や顧問、弁護士などに相談はできても委細すべてを打ち明けることは出来ず、最後の決断は自分自身です。

部下と、労働者と気持ちを分かち合うことはできません。

結局の所、これが、「経営者は孤独である」といわれる所以です。

社内には「自分と同じ立場の人間はだれ一人としていない」のです。

「2番手、自分の右腕、頼もしい部下・社員がいる」というなら、話は別かもしれません。

しかし、なかには周りが敵ばかり、イエスマンばかりということもありうるでしょう。

そこで多くの経営者が頼る存在が、占い師なのです。

それこそ、会社の人間関係や利害関係に関係なく、客観的な助言・アドバイスがうけられるのです。

占い師ならではの「相性」視点が欲しい

占い師ならではの「相性」視点が欲しいと感じて占いを利用する経営者は多いです。

また、通常の経営コンサルタントでは答えづらい、またそれとは違った目線の、人物判定や経営者との相性判断、プロジェクトチーム編成時の人材…。

これらは、占い師に相談をすることで、全く別の視点からひらめきを得られることになります。

『相手をじっくり考察するきっかけ』が、占いなのです。

それは、経営コンサルタントとは全くもって別の視点です。

だからこそ有り難いものなのです。

従って、ビジネスツールのひとつとして利用価値を見出している方がいるのです。

真剣だからこその占いの存在

このように、経営者だからこそ「先のことを真剣に考えているからこそ占いをする」ということがお分かりでしょうか。

頭の固い男たちへ。女と経営者・資産家たちに学びなさい。女と経営者たちはいつも、近未来、すなわち、これから先のことをいつも真剣に考えている。だから占いをする。あなたも少しでいいから占いを勉強すべきだ。占い・まじないをバカにしている人は金儲け(豊かな暮らし)はできません。

(「なぜ女と経営者は占いが好きか(幻冬舎新書)」より引用)

女性は、過去をひきずらない未来志向。

近未来の予測である占いを好んでしますが、その反面、男性は過去にこだわる傾向にあると言われています。

しかも、自分の意思と能力で人生を切り開いていけると信じている面が大きい。

だからこそ、占いによる、客観的な目線が必要だと言われています。

そして、経営者だからこそ、より常に先のことを考えてる未来志向で行く必要があります。

たしかに、未来を切り開いていく能力に長けているのが経営者です。

ビジョンや目的を真剣に考えているからこそ、占いを好み、占いを利用していくのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、経営者や社長が占いを取り入れる理由についてご紹介しました。

これは経営者に限ったことではありませんが、占いとは統計学であり、過去、未来、現在などバランスよく考えるために取り入れると良いでしょう。

経営者とは孤独であり、責任を取るための立場でもあるからこそ、後押ししてくれる存在を求めるのです。

こうしたことから、占い師と顧問契約を結んでいる経営者も少なくありません。

ニュートラルな立場で経営者の相談相手。

さらに、統計学にもとづいた占いができる占い師は頼もしい軍師です。

誰しもが同じ人間だからこそ、リーダーに求められる姿勢を維持するためにも、経営者が占いを支持していく必要があるのです。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

待機中の先生が見つからない場合は…
スポンサーリンク
おすすめの記事