束縛とは?相手を束縛する人&干渉しない関係性にするための方法
スポンサーリンク

恋愛の関係を苦しめるものとして、「嫉妬」の延長にある「束縛」というものがあります。

束縛されたら、相手を嫌いになるし、逆に、相手を「束縛」してしまうことで、相手に嫌われたり、自分がさらに苦しくなったりしてしまったりすると思います。

そこで、束縛とは?ということと逆に干渉しない人の気持ちとそういった関係性から逃れる方法についてご紹介します。

今すぐ占いをするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある。」

「心が辛い

「この先の人生どうなるの?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

束縛とは?

相手を独占したいという欲が度を超すと、相手の自由を奪い、思いどおりにしようとする束縛行動へと発展させてしまいます。
――『嫉妬のお作法』より

束縛とはどういうものなのでしょうか。

基本的には、嫉妬から生まれる、「独占欲」の先に「束縛」行動があると考えておいて良いでしょう。

つまり、独占欲は、嫉妬心の火付け役です。

それそのものは大きな問題ではなく、多かれ少なかれ、誰しもが持っている感情です。

では、度を過ぎた束縛行動はいったいどこから生まれてくるのでしょうか?

始まりから見ていきたいと思います。

猜疑心(さいぎしん)

独占欲が生まれるのは、「猜疑心」からです。

なぜ猜疑心が生まれるのかって言うと、「こんな自分よりも、似合う人がいるのではないか」ってなかなか自分に自信が持ててないことが原因です。

「そんなことはない」「自分には自信がある」って思うかもしれないけれど、自分が気づいていないだけです。

不安は、心の奥底に隠れていて、自分には見えません。

だから、相手との関係性に、実際は、自分で思っている以上に不安を感じています。

たとえば、相手のスマホの音が鳴るたびに、「もしかしてあの人?」「浮気?」という気持ちが膨らみます。

猜疑心がない人は、そういった気持ちが膨れ上がることはそこまでありません。

劣等感

先程述べた、「自分よりも似合った人が他にもいるのではないか」、「別の異性となんかあるんではないか」という思いが消えない人の心の奥底には、相手への劣等感が存在しています。

  • 「愛される資格があるのだろうか」
  • 「違う人のところへ行ってしまうのではないか」

自分は相手よりも劣っている、心のどこかで、そう感じています。

今やっている恋愛パターンが、そうだったりします。

だから、その劣等感が猜疑心を生み、相手の行動が自分にとっての不安を呼び起こすものとなっています。

独占欲が揺らぐ

多くの人が、自分を見てほしいという独占欲を持っているものですが、自分と相手を信じることができていれば、そこまで揺らぐことはありません。

ですが、猜疑心、劣等感が根底にある人は、ここで独占欲が揺らぎます。

したがって、そこからついに束縛行動に走ってしまいます。

束縛をしない方法とは?呪縛から双方が逃れる方法

私は、まずもって…相手を束縛することをしません。

だから、束縛することに共感できないし、束縛したり、束縛されてることを自慢気に話す人には本当に呆れます。

同じような人はいませんか?

そこで、束縛という言葉から逃れるための方法をご紹介したいと思います。

納得のいくパートナーを選ぶこと

私は、束縛って、おかしいと思うんです。

相手も自分も、どう動こうが、勝手です。

なぜなら、別の人間だからです。

そもそもお互いをを信じていたら、何も気にならないし、信頼できない人とは付き合いません。

むしろ、人間なら生きていくうえで異性と関わらないなんて無理だと思います。

そもそも、束縛する第一の理由は「浮気が心配だから」と聞きますが、それはパートナーを信頼していないという失礼なことではありませんか?

形はどうあれ、「あなたはあなた、私は私」。

最低限のラインを理解して、お互いを尊重し合うことが愛し合うことだと思います。

それがわからない人とは、関係性を築くことができません。

だから、この辺がお互い、自然にできて、納得がいくパートナーを選ぶと、余計な問題なく恋愛のみを楽しめますよ♡

愛の欠如が根底にないか?ってこと

確かに、「浮気が心配」という気持ちを持つ人はいるでしょう。

でも、普通の人は、仮に浮気をされたとしても、「浮気をする奴は、自分を大切にしないそれだけの人だ」と思って終わりです。

要するに、「浮気が心配は分かるけど束縛するのは幼い」と割り切れるし、「そこまでの関係なんだ」と幕を下ろすことができます。

「相手を束縛したい」という人と何が違うのかというと、束縛したい人の根底には、「恋愛経験の欠如」、「自分への愛の欠如」が大きく横たわっています。

これは、分析心理学の創始として知られるカール・グスタフ・ユングもそう分析しています。

嫉妬の中核には、愛の欠如がある。
――カール・グスタフ・ユング

恋愛経験、自分への愛(自分が愛されている)という実感を感じた経験が少ない=愛の欠如が、嫉妬心に火をつけ、束縛を生み出すことになる。

言い変えると、恋愛においての愛され経験とパターンが少ないから、去ってしまわれたらどうしよう、と不安になるし、その人しかいないと思いこんでいるのが原因です。

心理系の書籍における頻出キーワードの一つですが、恋愛においての「自己肯定感」の問題です。

最初に契約をしよう

束縛や嫉妬から逃れたい方は、付き合い始めに、相手と契約をすることをおすすめします。

自分たちなりでいいんです。

これは、私が実際に学生時代の彼氏とやっていたことです(笑)

契約っていうのは、彼氏、彼女の両方が安心できる関係性を結ぶことです。

これには何をするのかって言うと、「浮気(これをしたら)一発アウト」、「異性の友達は作ってもいい」、「コソいのは大嫌い」など、相手の許せないことをカウンセリングしながら、どこまでがOKラインか決めておくことです。

安心し合うための対処法のひとつです。

なぜなら、束縛する行動に至るまでには、相手への猜疑心が発端となるからです。

何をしているかわからない状態の恋人に対して不安を感じてしまうから、関係性が悪くなります。

だから、こうして最初に話し合っておくことで、真の意味で、信頼しあえます。

相手が何をされたら嫌な人なのか、把握することができます。

もちろん、それでもトラブルが起きることはあるけれど、でもお互いが信頼しあえることになるし、自然と束縛する言動も減っていくでしょう。

私は最初の彼がこういう人だったから、今も恋愛で、安心できる関係性を築くことができるようになりました♡

ひとりの時間を大事にする

恋愛ばっかり、相手のことを気にしてばっかり…そんな人生ってつまらないと思いませんか。

もちろん、無関心も嫌だけど、ある程度お互いマイペースを貫くことです。

そういう関係性って、束縛しあってるよりは、無害です。

だから、付き合う相手は、自分の時間や仕事をしっかり持っていて、それを大事にしている人がベストです。

今の時代、相手に無関心型の人のほうが恋愛する相手としては、最適です♡

まとめ

束縛する人には様々な特徴があります。

恋人に束縛されると、ついストレスを感じる人も少なくないはずで、私の考えとしては、束縛をしなくても、お互い信頼し合えれば良好な関係は築けます。

実際に、私は、そんな束縛をし合ったことはないし、信頼しているので、そんな話になったこともないです。

是非参考にしてみてください。

今すぐ占いをするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある。」

「心が辛い

「この先の人生どうなるの?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

スポンサーリンク
おすすめの記事