スポンサーリンク

無職になってしまった…ということで、悩みを抱えたり、辛いと感じていませんか?

私も経験がありますが、失業している期間って、とにかく不安で辛いんですよね。

働いている時は、辛い気持ちだったとしても、いざ無職になってしまうと、不安や辛さ、そして後悔が襲ってきて止まらなくなるというケースも多いみたいです。

無職の時期って相当まいっていて、そのまま無職期間が長く続くこともあります。そこで、無職期間の何が辛いのかということについてご紹介します。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
初回10分無料なので、お金をかけず、気軽に相談ができるのがおすすめなポイントです。こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?

無職は朝目覚めると不安と絶望が襲ってくる

大多数の人が、朝がくると目覚め、何かしらの活動をします。

無職の人は「行く場所」がないので、朝が来ると不安になります。

私も休職中にはそんな気持ちになったことがありました。

なぜ不安になるのか。これは多くの人が学校へ行くし、働きますし、自分だけ何もせず、社会からはぐれてしまったような気分になるからです。

その他の人が社会でバリバリ活躍をしているのかと思うと、絶望を感じます。この罪悪感から、ドラキュラのように昼夜逆転してしまう人も。

ニートの人が、昼夜逆転してしまうのはこういう理由からだと思います。

稼げないから将来不安

無職だと、稼げないから将来が不安になります。

無職の場合は、たしかに自由があります。

無職の自由
  • 好きな時に寝て時間を気にせず好きなことをする→時間の自由
  • 好きなところに住んで行きたい時に旅行に行く→場所の自由

これらの自由はありますが、お金がなければ好きなところにいく時間があったとしても何もできなくなります。

会社員の方でも、今の御時世、お金の不安というのは消えないものです。無職だと、お金がどんどん減っていく一方なので、将来はいよいよ不安になってしまうでしょう。

自分が無価値に感じる

無職になったときには、次の仕事が決まるまでも、こんな気持ちにかられますよね。

自分ってどこにも所属できない人間なんじゃないか…社会で活躍できないのではないか…って思ってしまいます。

自分が無職でも、前述のとおり、周りの人は絶対何かをしています。

同世代のほとんどの友人が働いていて、給料をもらうために汗水たらして仕事をしているはずです。何かしら、周りは夢に向かって努力しているでしょう。

そんなときに、自分は何をしているのか…クズ同然ではないか…と自己嫌悪に駆られ、無価値に感じられてしまいます。

家族や友達に心配をされて地獄

実際に無職だと、心の内を打ち明けられる友人は数人しかいないという方は多いです。

友人はいて連絡を取るとしても、みんな返事が夜までなかったり、仕事をしていて忙しいので、人にかまっている余裕はないからです。

また、家族とも関係が気まずくなります。

両親を心配させたり、はれもののように扱われるようになります。

実家にいる場合には、何か作業をしている感を出さなければいけなかったり、おもむろにパソコンを広げたり何か作業をしてごまかす人も。ずっと家にいると迷惑がられてしまうこともあります。

無職になった直後は開放感があるけれど、やがて辛くなる

誰しもが一度や二度、経験があると思いますが、無職になった直後は気楽になったと思いますが凄く短い期間ですよね?

やめた直後は、腐った上司や朝の通勤から解放されたと解放感に浸ることもあると思います。

しかし少しでも長くなると、将来が不安になり、将来を悲観するようになります。

周りは働いているのに自分だけ置いていかれてる、このまま無収入で路頭に迷うのではないかということで悩み始めます。

あとは、自分の能力を社会にこのまま活かせず、埋もれてしまうのか…なんて、目標を見失い、抑うつ状態になることも。

人間って目標や、何か生きがいがなければ、何も楽しくなくなってしまいます。

無職で辛い…というときの対策は、誰かに打ち明けること。

無職が辛く、誰にも相談できない…という場合には、メンタルのケアが必要です。

仕事を探すにも、適職を見つけるにも、一人で不安だとろくな結果にならないことも。第三者にアドバイスをしてもらうことで、希望が生まれ、話し相手ができて、リフレッシュできることでしょう。

誰かに相談をすることで、思っても見なかった仕事が見つかったり、自分に向いている仕事が発見できることもあります。

友人にも家族にも相談できない…となると、殻にこもりがちです。

ただ、今は便利なカウンセリングサービスがあります。無職期間が長ければ、やっぱり次の仕事を探すためにも、転職先に耐えうるメンタルを作る必要がありますよね。

繰り返して、心を強化していくのがおすすめです。

手軽にチャット相談をするならトークCARE

サービス名 トークCARE
相談形式 電話相談・チャット相談
運営会社 LINE株式会社
運営開始 2018年
料金 電話相談 130円~/1分チャット相談 100円~/1分月額・年会費無料
初回特典 初回トーク相談10分無料

トークCAREは、2018年6月に始まった、LINEトークでそれぞれの分野の専門家に直接悩みを相談できるサービスです。

365日、24時間いつでも相談が可能な画期的なシステムで、LINEのトーク機能やLINE電話を使って専門家に「友達感覚」で相談できるのがポイントで、さらにとても使いやすく親しみやすいサービスです!

メディアで有名な専門家に初回10分無料で相談をすることが出来ます。1分100円(税別)~ あなたに合ったカウンセラーを選ぶことが出来て、信頼の運用体制となっています。

無職の方も、匿名で自宅から気軽にカウンセラーに相談できるので、心が辛い時に利用できるのが強みです。

制限がないフリーランスの方が効率がいい場合も

どうしても、ブラック企業で疲れてしまい、会社で働ける自信がない…という方もいると思います。

実は、自分の持ってる能力で、お金を稼ぐのは雇用されなくたってできるのです。

むしろ制限がないフリーランスの方が効率がいいでしょう。

「フリーランスで生活ができるのは能力のある一部の人だけ」と思っていませんか?

このような考え方はひとえに学校教育のせいです。

学校の義務教育では、自分で稼ぐことを教えることがなく、安い労働力を生産させるために、何も考えずに雇用されて働く人間を作り上げるような教育がなされています。

たしかに楽では有りませんが、「雇用されて当たり前」という考え方を捨てることで楽になります。いろんな可能性が今の時代には満ちています。

バイトでも派遣でもやりながらネットビジネスに挑戦していくという考え方もありますよね。

まとめ

無職で辛い…と悩んでいる人はいませんか?

朝は無職の人間にとって過酷な時間です。だれもがまともに会社や学校に向かって歩いて行く足音が聞こえるから。多くの人がなにかしている時間に、自分だけが無職で何もできない、友人にも話せないとなるととにかく死にたくなるでしょう。

そんなときこそ、一歩踏み出してみませんか。

そして、会社に雇用されるのが当然の生き方だという固定概念を変えてみてください。

自力で稼げて自由な暮らしができれば会社にも行かないという選択肢も可能です。

今が辛いならとにかく吐き出して、心を楽にしてみませんか。

カウンセリングなどを受けてみて、心を強化していくのもおすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事