占いと心理学の違いとは?占いと心理学の役割を知り悩みを解決すること。
スポンサーリンク

「今日の占いカウントダウン」など、ちょっとした占いを見かけることがあっても、「今日の心理学」なんていうフレーズはあまり耳にしません。

占いと心理学の違いを知っていますか?

気軽な占いはもちろん、最近は、ネットを通して、「心理テスト」や「心理学」も徐々に身近なものになっています。

心理学の研究をチェックすると、占いとの類似点が垣間見られる気がしますが、実際のところ、どう違うのでしょうか?

「占い」と「心理学」、両者の『目的』を知って悩みを解決するための方法をご紹介します。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
初回10分無料なので、お金をかけず、気軽に相談ができるのがおすすめなポイントです。こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?

占いと心理学の違い

占いと心理学の違いをご存知ですか?

どちらも好きだけど、どんな違いがあるのかを知らない方も多いのではないでしょうか。

一体何が違うんだ!?と思う方も多いと思います。

その違いを知ることで、より悩みを具体的に解決しやすくなり、もっと楽しくなるんじゃないかって思います。

それぞれの特徴や違いを見ていきたいと思います。

占いとは?

定義が曖昧、イメージを大切にする、相談者に外部から答えやヒントを与えることが目的

占いは簡単に言うと、人々を悩みから救うための術。

最近では、エンターテイメントの一種です。

生年月日や姓名、手相などのデータから、これまでの運勢を読み取ったり、未来に何が起こりそうかということを予測することで、相談者の悩みを和らげます。

また、タロットカードなどのアイテムを使ってリーディングを行いますが、霊感のみを駆使して、運勢の流れを読み取るタイプの占い師も存在しています。

占い師の元を訪れる相談者は、未来に起こることや好きな人の気持ちなど、本来であれば予測不可能なことを知りたいと思っているケースがほとんどです。

こういった悩みに対し、どうすれば運気がよくなるのか、どのタイミングで、関係がどうなっていくのかなど、アドバイスを行うのが占いの役目です。

心理学とは?

数値化できる、再現性がある、合理的な説明ができる。

占いに対して、心理学とは、大学でも専門的に取り扱われる立派な学問の一つです。

占いがエンターテイメント的な要素が多いのですが、それに対して心理学は科学的で論理的です。

本格的な実験結果を元に論じられており、神秘的な要素を含んでいないため、科学的に信じるという方が多いです。

心理学の場合、男女の脳の違いなどが積極的に論じられますが、基本的に人間は皆、同一の反応を示すものとして扱うのが特徴です。

ただ、育った環境の違いによって言動に影響が出るということは語られる場合があります。

占いとは違い、生まれた日、血液型や姓名のような先天的なものによって人間の性格や運勢が決まるのではなく、後天的な環境の違いによって、あらゆる要素が左右されていくと考えるのが心理学の大きな特徴です。

心理学は、被験者を用いて気が遠くなるような実験とデータ分析を行い、「理論」として確立されています。

つまり、「事象A」と「事象B」との違いを理論的に数値化して、客観的に説明をつけるものです。

しかし占いでは「事象A」と「事象B」の違いを心理学ほど精緻に証明・説明することはまずできません。

占い・心理学を信じる人は?向いている人

占いを信じる人…女性的な脳

占いを信じる人は、比較的、女性的な脳を持っている人です。

目に見えない神秘的な世界に興味がある人や、科学が万能だと思わない人などが対象です。

そして、自分のことを「言い当てて欲しい」という願望を持っています。

この考え方が、女性的な考え方です。

そして、明確なアドバイスをもらうことによって、それを心の支えとして、行動を決めたがるようなイメージです。

心理学を信じる人…男性的な脳

反対に、心理学を信じる人は、男性的な脳を持っている人です。

目に見えないものや根拠が曖昧なものは信じたくない、現実主義な人が多いです。

何かの説を信じる際には、データに基づいたものをチェックしてからにしたり、著名な人物によって語られているかどうかを重要視します。

心理学者の一人であるユングの場合、彼の研究成果に「非因果的連関の原理」、いわゆる「共時性(シンクロニシティー)」という概念があります。

因果性のない偶然の一致に遭遇したとき、スピリチュアルなものを感じることがありますが、これは心理学では、「共時性(シンクロニシティー)」と呼びます。

このように、心理学の概念は占いの偶然性とは似て異なるものです。

占いと心理学の歴史について

まずは、それぞれの歴史を振り返っていきましょう。

占いの歴史は長い

占いに関しては、非常に歴史が長いのが特徴です。

たとえば、手相の歴史は約4〜5000年前になります。

ブッダが入滅して以後、仏像が作られるようになり手のひらの線に違いがあることを発見したところから「手相の研究」がはじまったと言われています。

日本では、「卑弥呼」は一国の女王であるとともに、「シャーマン」であったと伝えられていますし、平安時代には「陰陽寮」という「政府」の一機関として「占い」を扱っていた機関があったと言われています。

西洋占星術は、紀元前2000年頃からといわれるので、こちらも2~3000年の歴史があります。

四柱推命,気学、算命学などの東洋の占いも長い歴史があります。

その歴史の当初、占いは「個人の吉凶を占うこと」のではなく、政治の一手段として用いられてことが多かったようです。

それほどまで、手相を含めたデータを本当にちゃんと集めていたのか?という疑問は残りますが、占いには、さまざまな流派が存在しています。

占いに解釈に正解はないので、自分の持っていきたい結論に持っていける。

ですが、そこにこそ可能性を感じる「イメージ・芸術」的なものです。

心理学は新しい…まだまだこれからの心理学

心理士は科学的根拠に沿ってカウンセリングをする学問です。

実は、歴史から言うと、心理学は新しくて、案外短いんです。

「哲学」から分化したのはアリストテレスの時代だと言われていますが、「患者を治す」ということを目的としたのは、最近の話で、19世紀~20世紀のフロイト、ユングくらいからになります。

心理学の歴史は、約百数十年ということになります。

占いと心理学…悩みをどちらで解決すればいい?

悩みがある場合、占いと心理学を使ったカウンセリングで言っていることがなんか違う、って思いませんか。

そんなとき、どちらをどう活用すればいいのでしょうか。

占いを楽しんだり、活用するとき

占いでは、「自分はこうしたのに上手くいかない。どうしたらいいだろうか?」といったように、具体的な解決策を求める人がきます。

相談内容は、恋愛(不倫や複雑愛)や仕事、人間関係のトラブル、金銭問題といった非常に現実的な質問が多いです。

なんでも質問できる身近なアドバイザーとして捉えてもらっても良いのではないでしょうか。

占いを活用したい時には、占い師を頼ることになります。

ただ、占い師は特に資格がいらないので、その人を信じてもいいかどうかは、自身の直感を頼りにして判断するしかありません。

占い師の実力は、玉石混交過ぎる…のが、占いです。

いい加減な占い師なら、頼る意味がありません。

当たり前だけど、良い占い師に巡り会えるまで、ある程度相談を繰り返すことも時には必要です。

口コミは参考になりますが、よく当たる占い師だからといって、ポジティブなことを言ってくれるとは限りません。

違う部分があったとしても、話す度に癒やされてエネルギーが高まるような感じがしたら、その人は本物です。

相性もあるので、周囲の評価だけにとらわれないようにしてください。

心理学を取り入れたいとき

心理学を活用したい時には、本当のところを科学的に知りたいときに活用しましょう。

なぜなら、心理カウンセラーとして本格的に活動するには公認心理師という国家資格が必要なので、ここが占いとは大きく違うところです。

中にはカウンセラーでもそれほど実力のない人がいるのは占い師と同じ。

ですが、きちんと勉強した上で情報を発信しているのであれば、充分価値があると言えます。

心理学で得られる情報は、基本的に多くの人に当てはまり、学んだことは活用できるのも心理学の特徴です。

現状を乗り越えるための、具体的なテクニックを教えてくれるのも心理学の特徴です。

学問だからといって、すべて正しいというわけではないのですが、占いと比べると理屈や根拠が明確である分、確信を持ちながら役立てていくことができるでしょう。

「現代社会」の中では「占い」が「公的な場面」に登場することはほぼありません。

その反対に、「心理学」は人生における現実的な参考書といったところでしょうか。

場合によって使い分けることが幸せになるためのコツ

占いと心理学は、いずれも「心」を取り扱うもので、人々を幸せにするために誕生したもの。

答えの出し方やアドバイスの仕方が違うということが特徴と言えるでしょう。

どちらが良くて悪いということもありません。

大事なのは、自分の心で決めることです。

そして大切なのは、どちらも悪用厳禁、幸せになることです♡

占いと心理学のどちらを活用する方が、周りも自分も、幸せになっていけるのか、ということです。

占いの方が気軽に頼れて楽しめる人は占いを、心理学の方が安心して信頼できるならば心理学を利用すればいいでしょう。

トークCARE

運営会社名 LINE株式会社
代表者名 出澤 剛
本社の住所 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー23階
設立 2000年9月4日
電話番号 不明
営業時間 24時間(年中無休)

トークCARE(トークケア)を簡単に言うとLINEで気軽にできる、心理学的カウンセリングサービスです。

トークCAREはトークアプリのLINEが新しく始めたサービス。

友達に恋愛相談しても、具体的なアドバイスをもらえたことってないな…」なんて思ったことはないですか?

そんなとき、トークCAREなら専門家からLINEで直接、役立つアドバイスをもらえるんです。

  1. 【LINE】LINE上で完結する手軽さ
  2. 【相談】チャット相談&電話相談の2種類が可能
  3. 【ランキング】ユーザーから支持されてる専門家が上位表示されている

専門家検索&相談まで全てLINE上で完結可能となっています。

リアルに専門家に相談しに行こうとしたら、どうしても時間や場所を気にする必要があります。

そうした事をまったく気にせずに気軽に相談できることが特徴と言えるでしょう。

LINEトーク占い

おすすめなのが、大手のあのLINEのサービスであるLINEトーク占いです。

最近では、LINEには多くのサービスがありますが、LINEトーク占いは、恋愛やダイエットに関する相談、人生相談なども、気軽にチャット相談ができるようになっています。

24時間365日、LINEのチャットや電話機能を使って相談をすることが出来るサービスなので、とても便利です。

15000人の占い師が在籍していますので、自分にあう占い師が見つかるはず。

どうしてもしんどい方には、メッセージ相談もあります。

悩んでいるけれど、カウンセリングほど、じっくりと相談するのは敷居が高いと感じる方に特におすすめです。

この先が不安、とりあえず相性を見てもらいたいなど、恋愛の相談にも適していて、カウンセリングに近い占いサービスが体験できます。

まとめ

占いと心理学を合わせれば、何かに迷って躓いたとき、何が起こっていてどうしたらいいかわからない時、状況をきちんと把握できるようになります。

どちらを選ぶかはあなた次第。

正解や不正解というものではなく、目的だったり役割が、違うっていうことです。

悩んでいる方へ次の行動へのヒントを与えてくれることでしょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事