大切な人の死を乗り越えられない…喪失感や痛みをなんとかするには?
スポンサーリンク

大切な人を失うことは、「人生最大のストレス」だといわれています。

悲しみが続くだけでなく、遺族の体や心に様々な症状が出てくることもあります。

死別の悲しみにどう向き合えばいいのか…?

悩んでいませんか?

そこで、大切な人の死を乗り越えられない、喪失感をどうすればいいのかということについてご紹介します。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある…。」

「心が辛い…」

「この先の人生どうなるの…?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

家族や友人など、大切な人が突然いなくなる

家族や友人など、大切な人が事故や病気など、突然いなくなるというのは辛いものです。

さっきまで元気だった姿をみているだけに、信じられないという思いになりますよね。

つながりが強く、身近な人が亡くなると、強い悲しみを抱きます。大切な人を亡くしたときに生じる苦痛のことを「悲嘆(グリーフ)」と言います。悲嘆は、自然な感情の変化で誰にでも起こるといわれています。

配偶者である場合もあれば、親の場合もあり人それぞれだと思いますが、私はたとえば、有名人の死でも同じように強い悲しい思いで辛くなることも十分あると思います。

小さい頃からよく見ていた有名人が亡くなったと聞いたら非常に辛くなってしまうこともありますし、馴染みのある人がいなくなると、心に穴が空いたような気持ちになることは当たり前だと思います。

そこで、どのように乗り越えていくのかということについてご紹介します。

悲嘆からの経過、悲しみのコントロールを

大切な人が亡くなれば、数週から数カ月にわたり、焦燥感や罪悪感、故人への執着など、自分ではコントロールできない嵐のような感情が起るといわれています。

この時期に、不眠や食欲不振、疲労感などの症状も出るといわれています。

数カ月から数年で、悲しみを伴いながらも、故人との楽しかった思い出を思い出すことができるようになると思っています。

たとえ悲しみが強い状態に陥ったとしても、多くの人はつらい時期を乗り越えて行くことができるといわれています。

大切なのがこの時期の「悲しみのコントロール」です。

精神科などのクリニックのケアやがおすすめ

こういった大切な人の死を乗り越えるための相談についてですが、診療科でいえば、精神科の遺族ケアなどで相談をする必要があります。

悲しみが強すぎていつも通りに生活を送ることができない状態が続く場合は、心身ともに不調をきたすことも。

たとえば、男性の方が女性よりも相談をすることが苦手だと言われていて、アルコール依存症になってしまう人もいます。

そこで、「専門家に相談してみる」ことが大切なのですが、どうしてもクリニックなどの外来に訪れることが難しい場合には、チャットでのカウンセリングなどの相談がおすすめです。

受診時には「この悲しみが永遠に続くのではないか、自分はどうなってしまうのか」と不安を抱えています。

ただ、一般的な悲嘆の経過として、悲しみをケアしてもらってください。

遺された人が、『あきらめる』ということも必要

生きている側から見ると、いきなり大切な人が死んでしまうとなると、悲しくつらいかもしれませんが、実は、スピリチュアル的にはそのまま現世で悲しみや苦しみを抱えて生きることのほうが大変です。

良い意味で、遺された人が、あきらめるということも必要だと思います。

つまり、最初のショックから立ち直って、亡くなった人の浄化を願ってあげることです。

『もう何を言っても届かない』と泣きたい気持ちは痛いほど分かります。

ただ、その人がたとえどんな年齢であっても、宿命として定まっていた『寿命』ということなのです。

若くして亡くなった人が身近にいたり、「まだまだ生きられたのかもしれない…」って何かを恨む人も多いと思います。

ただ、死に方がどうであれ、その人の生きてきた人生の輝きが失われるわけではありません。

その輝きを胸に、ちょうど今が元の場所に帰るときがきたということと考えてみることが自分の心を救う方法だと思います。

亡くなった人とも情報宇宙で繋がっている

そもそも、生きているってなんでしょうか…?

亡くなった人とは情報宇宙で繋がっていて、いつでもアクセスできるという考え方があります。

たとえば、亡くなってしまうと、その後会うことはできませんし、もう話すことはできません。

ただ、自分たちの中にはその人の思い出は生き続けています。

つまり、貴方の脳内の情報が残っているので、物理状態のその人の体は死んでいるけど、コンピュータのデータ、情報宇宙として生きていると言える…そしてアクセスできる…という考え方もあります。

このため、あなたが生きている限り、決して永遠の別れではありません。

個人全ての記憶によって死んだ人のことを思い出すのはもちろん、こういった状態で「縁」で繋がっているから情報状態としての「その人」はいなくなりません。

その人の思い出にアクセスすることで、いつでも情報宇宙でつながることができると考えることが大切で、生きている者とコミュニケーションを取るのと同じ状態にすることができるのではないか…って思います。

まとめ

大切な人の死というのは誰しもを悲しませるものです。

家族や友人はもちろんですが、有名人や、小さい頃の馴染みの人がなくなるだけでも胸が痛みますよね。

この時代、多くの悲しいニュースで溢れています。

元気そうにしていても、本人にはとてもつらいことで、実はつらい思いをしていませんか?

また、同居する家族や、身近な友人が見て「元気なさそうだな、食事してなさそうだな」と感じることがあれば声をかけて専門家に相談をすすめてみてください。

また、考え方次第で、あなたの心のなかにはその人は生きています。スピリチュアル的な考え方にはなりますが、悲しみをコントロールして進んでいってください。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある…。」

「心が辛い…」

「この先の人生どうなるの…?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

スポンサーリンク
おすすめの記事