占いとカウンセリングの違いとは?悩んだ時はどちらがベスト?
スポンサーリンク

占いとカウンセリングの違いってどういった点…?と悩んでいませんか?

今はオンラインカウンセリングなどもたくさん出てきていて、気軽にカウンセリングが受けられる時代。

一方で、スマホからの電話占いという形でも占いで相談ができます。

そこで、占いとカウンセリングにはどのような違いがあるのでしょうか。

具体的に見ていきたいと思います。是非参考にしてみてください。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1000名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある…。」

「心が辛い…」

「この先の人生どうなるの…?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

占いとカウンセリングのイメージの違い

さて、結論から書きます。「占い」と「カウンセリング」は違うものです。

占いというと、日本では「当たる」「当たらない」を占ってもらったり、未来を占ってもらうイメージが強いです。

一方で、カウンセリングと言うと、本格的な相談のイメージがありますよね。

一方で、利用するにはハードルの高さがあるイメージです。

なので比較するとこんな感じですよね。

  • 占い…気軽で未来を鑑定してもらうこともできる・当たる・当たらないがある
  • カウンセリング…少し重い、本格的な相談

 

イメージ的にもこのように違いがありますよね。本当に内容も異なるものです。

占いとカウンセリングの違いとは

占いというのは、あるロジックがあり、そのロジックに照らし合わせて特定の事象を占断していきます。

占星術や四柱推命など、とある統計学を使い、そしてその人の生年月日などのデータから、その人を鑑定することです。それが占いです。

基本的には、それらの統計学を用いて、答えを提示するのが占いです。そして、占いの結果を提示して、そこで占いは終了です。

占いは、当たることもあれば、当たらなかった、ということもあるわけです。

では、カウンセリングとは何かというと、相談です。相談者の悩みや話などに相談にのってくれる人がカウンセラーです。

相談しにやってくる人のことを、クライエント(client)と呼ぶのが一般的です。カウンセラーのお仕事は「傾聴」と「共感」。

つまりこれらの違いがあります。

占いとカウンセリングの違い
  • カウンセリングは心理学的な理論がベース
  • 占いは経験や統計に基づいた理論がベース

カウンセリングは占いではないの?ということですが、カウンセリングというのは基本的にはこちらのクライアントの話を聞いて傾聴し、そして相談そのものを聴く行為を指します。

従って、占いとは全く別物になってくることが分かりますよね。

占いとカウンセリングのそれぞれの日本での市場規模

カウンセリングは、基本的には敷居が高く、料金が高い、そして精神的なうつや病気の方が治療を受けるものだと考えられている点があります。

なので、アメリカとは違い、カウンセリングは日本ではなかなか根付いていないのが実態なんです。

カウンセリングの市場規模はアメリカの100分の1といわれているぐらい日本では根付いていないのです。

一方で、それに比べて占いははるかに大きな市場規模で、右肩上がりといわれています。

日本人は、カウンセリングには抵抗がありますが、占いは気軽に受けるという傾向があります。

カウンセラーは心理学を扱うだけではない

カウンセラーって心理学を扱う人のこと?と思う人も多いですが、実は臨床心理士以外でもカウンセラーを名乗ることはできます。

最近では、美容の相談、恋愛の相談、ダイエットのアドバイスや身体の相談に乗る、多くのアドバイザーが存在しています。

一方で、占い師の場合は、フォーチューンカウンセラーと呼ばれることもあります。

占い師の場合は、生と死、そして妊娠や、ギャンブルなどに関しては相談に乗ってもらえないという点がデメリットですが、カウンセリングであれば、占いで否とされているようなディープな相談も可能です。

占いとカウンセリングのどちらを利用すればいいのか

そこで、悩みがあるけれど、占いとカウンセリングのどちらを利用すればいいの…?と悩んでいる方もいると思います。

それに日本は占いが古くから根付いているという事とカウンセリングより占いの方が敷居が低いです。

従って、悩みを解決したいのであれば、一番いいのが占いとカウンセリングを組み合わせ利用することです。
私も、現に悩んでいたときには、占いはもちろんですが、心療内科のカウンセリングも同時に利用をしていました。
なぜ、組み合わせて利用をすることが望ましいのでしょうか。

電話占いもカウンセリングもどちらのサービスも両方メリットがある

今は占いに関しては、電話占いという形で、サービスが出てきています。

電話占いなら、自宅から、直接プロの鑑定士に、電話をすることができて、相手の気持ちをじっくり聞いて解決に導くスタイルになります。一方で、カウンセリングサービスについても、オンラインカウンセリングというサービスが出てきています。

どちらも料金はそう変わらず、両方自宅から相談できるのがポイントです。

そして、占いなら、占い師からアドバイスを直接もらうことができたり、タイミングや、具体的な方法について、知ることもできるんです。

一方で、カウンセリングの場合は、やはり心の状態を良い方向に持っていくプロです。

クライアントのために、憂鬱な気分を吹き飛ばすアロマオイルをアドバイスしてくれたり、さらには、具体的な法的なアドバイスだったり、その他の現実的なアドバイスや紹介をもらうこともできます。

カウンセリングと同時にセラピストをされている方なら、心の状態を改善するためのテクニックを用いてくれるので、心身の状態を改善することができます。

まず心理士やカウンセラーの仕事は、いろいろな原因から、心の問題や悩みを抱えている人に、臨床心理学に基づいた心理学的なアプローチをし、その人の心の問題解決の援助をする心の専門家ですので、心の状態を良い方向に持っていきたい場合には、うってつけです。

このため、どちらも組み合わせて時と場合によって使い分けることがおすすめです!

まとめ

占いとカウンセリングには違いがあることがわかりますよね。

占いについては統計学を用いた気軽な相談であり、日本では非常にメジャーです。

カウンセリングに関しては、敷居が高いイメージはあるものの、どんどん利用しやすいサービスの仕組みができてきており、オンラインカウンセリングなども利用されています。

従って、心の状態を良い方向に持っていくためには両方利用しやすい環境ですし、両方別の種類の相談サービスですので、上手く組み合わせて取り入れるのがベストかなと思います。

是非参考にしてみてください。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1000名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある…。」

「心が辛い…」

「この先の人生どうなるの…?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

スポンサーリンク
おすすめの記事