スポンサーリンク

引きこもりになるとどうしても友人と疎遠になってしまう人が多いと思います。

また、そもそも友人がいないから引きこもってしまうという人もいます。

今は、休日引きこもりという人も多いですよね。友達がいなくて、休日は引きこもらざるを得ない…という人はいませんか?

そこで今回は引きこもりと友人の関係、現代の友達の作り方などをご紹介したいと思います。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
初回10分無料なので、お金をかけず、気軽に相談ができるのがおすすめなポイントです。こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?

引きこもりに友達がいない理由とは?

引きこもりに友達がいない理由ってなんなのでしょうか。

大体の人が、引きこもり始めたのは、大人になってから。

なので、それまでの友達はいるはずですよね。

ところが友達そのものが全くいないという引きこもりの人もいます。

そんな引きこもりに友達がいない理由にはどんなものがあるのかというと、以下の理由があります。

引きこもりに友達がいない理由
  • 精神疾患があるから
  • 自宅にいて仕事すらできる時代だから
  • 学校のいじめによる不登校によって引きこもりになったから

引きこもりの人に友達がいない理由は、「精神疾患」です。

引きこもりの方は総合失調症やうつを患っている人が、多いです。

私も、うつ状態の時は、友人と会う気持ちになれませんでした。そうなると、周りと波長が合わなくなり、話題も合わなくなります。そして、どんどん友達を失ってしまうことにもなります。

また、学校でのいじめなどから、不登校→引きこもりのパターンになる人が多いです。

引きこもりにも友人が必須か

引きこもりには友人は必須なのでしょうか。

引きこもりは、友達はいらないと言う人は多いです。

ただ、本当のところをいうと、一人もいなくなってしまうのは寂しい、理解者を求めているという人がほとんどではないかなと思います。

引きこもりに友人が必要な理由は以下になります。

  • 思考が固まってしまう
  • 精神的ストレスがたまる
  • コミュニケーションができなくなる

引きこもりでいると、ずっと誰とも話し相手がいないので、思考が凝り固まり、いざ誰かとコミュニケーションをしようと思ったときにも、コミュニケーションができなくなることが多いです。

そして、精神的ストレスがたまり、余計にうつ症状が悪化することも。

そこまで仲良くない人と付き合いで遊ぶのって苦痛でしかない、と考える人は多いですが、このような状態になると、やはりそこからアルバイトをしようにも、社会復帰できなくなってしまいます。

引きこもりの人が友達を作る方法

そこで引きこもりの人が友達を作る方法にどのような方法があるのでしょうか。

今の時代は、本当に仲良くしたい人達だけと仲良くすることはいくらでも実は可能です。

そして、ひきこもりの方でも、自宅にいながら、仕事を始めたり、それをしながらコミュニケーションすることも全然今の時代は可能です。

やる事がなかったらネットビジネスをする

現在、元引きこもりをしていた人が、自分で情報発信したり、人を雇って経営もしていますという人はとても多いです。

ネットビジネスのいい所は、直接人に会わずとも始められる事です。

家でコソコソ作業して、マイペースながらも、徐々に自信をつけていきお金も稼いで行けます。

つまり引きこもりながらもお金を稼ぐこともできますし、それのつながりの人脈や友達作りもできるわけです。

最初からうまくはいかなくても、勉強するだけでも自分の世界は広がります。

ブログなどを書いて、収益化を目指して見るだけでも、その内容を見て、共感しあえた人と、仲良くなって友達ができるかもしれません。

ネットビジネスは、ひきこもりであることがハンデにならず、むしろ時間があるので、それだけ有利になるケースも多いのです。

そして、友達はもちろん、多くのつながりを増やせるチャンスの一つです。

SNSを活用して知り合いを増やす

SNSでの出会いというと怪しい、イメージがありますが、友達作りにも有効です。

趣味のグループや特定のサイトをチェックして、まずはインターネット上のやり取りをすることで、コミュニケーションが学べるでしょう

その中で気が合う仲間ができれば、オフ会からリアルな友達関係へと発展させることができるかもしれません。

本名でやりとりしあえるものから、匿名性の高いものまでありますが、ここでは自分に合うものを選ぶこと。無理しすぎないことが、コツです。

友達作りの方法を専門家に相談しつつ動いていく

友達作りをしたいけれど、そもそも、ひきこもりをする人はコミュニケーションが苦手だとか、性格の悩みを抱えている人も多いでしょう。

おすすめなのが、トークCAREというLINEの提供しているチャット・電話相談サービスです。

こちらのサービスは、24時間365日相談をすることが出来て、LINEのチャットや電話機能を使って相談をすることが出来ます。

有名なカウンセラーに、24時間悩みに関する相談も可能ですし、電話・チャット相談で初回10分から無料相談が可能です。

カテゴリーも多くあり、こちらで、コミュニケーションや、友達作りについても、専門のカウンセラーに相談が可能です。

今後のことについて相談をしながら、乗り越えていくことができて、辛い心の悩みを楽にすることができます。

まとめ

引きこもりといえど、幸せになりたいという気持ちを持っているのは当たり前だと思います。

友人も、気を使い合う関係性なら辛いかもしれませんが、気の合う、自分を理解してくれる数人はいた方が精神的に健康になることができます。

ですから今回紹介したような方法で、ネットビジネスをしたりネットでの交流をしながら、少しずつ関係を作っていてはいかがでしょうか。

きっと引きこもりのストレスが発散できると思います。

また、うつ症状や、精神疾患があるなど、コミュニケーションの悩みがある方は、カウンセリングで相談をしながら、友達作りをするのもおすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事