スポンサーリンク

今多いのが「孤独を感じている」人の問題です。

  • 自分は誰にも理解されていない、一人ぼっちだ。
  • 誰にも理解をしてもらえていない
  • 誰かと関わっていても、孤独を感じる

このようなことで悩んでいませんか?

実はここ最近で孤独感というのは健康リスクとしてはとても大きくてタバコと同じぐらいだとされています。

毎日、孤独感を感じ涙が止まりませんという方もいれば、実は相談できる人そのものがいないという方も、この記事では孤独感をどうすればいいのか?ということについてご紹介します。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
初回10分無料なので、お金をかけず、気軽に相談ができるのがおすすめなポイントです。こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?

大切な人は数人、もしくは一人いればそれで良い

基本的に本質的に人はみな孤独といえば孤独なんですね。

やれ孤独を解消するために何をすればいいのかということに焦点が向けられがちなのがいま現代で、友達を増やしたいとか人脈を増やしたいという場合はいわゆるコミュニケーションスキルやテクニックを学ぶ、スキルの問題だと捉えられることが多いです。

ただ、結論として、孤独感を埋めるのには素の自分を丸ごと愛してくれる理解者が一人、もしくは数名いてくれればそれでいいんです。

実際に私は、孤独感が本来は強い人間でした。

ただ、自分を理解してくれる人に囲まれているので、孤独感を感じることはほぼありません。

今が辛くても、自分に家族ができたり、年齢をある程度重ねてがらりと環境が変われば、孤独感がさらりと消えていく、そういうケースも多いと思います。

シカゴ大学の論文より導かれた結論・多くの人間と交流をして孤独感が満たされることはない

ところが、友達がいるのに孤独を感じる、多くの人と関わっていても、孤独感を感じるとなると話が変わってきます。

実は孤独感は大勢と絡むことによって、むしろ「誰といても自分は孤独だ」と増長することもあるので、無意味な交流を避けるべきだという意見もあります。

シカゴ大学の2010年の論文で分かっていることですが、1970年から1999年に行われた孤独感に関する様々な論文で結論が出ています。

シカゴの論文でも、孤独を感じる人は友達が多かろうが少なかろうが孤独を感じるということです。

孤独感の原因というのはこのように、人数の問題でもなければ、普段の生活で誰とも関わりがないことだけが原因ではなく、むしろ囲まれていても感じ続けるものです。

要するに、人数の問題ではなく「周りに誰かいたとしても自分の本質的な部分を理解してもらえていない」という場合に、孤独感を感じるのです。

孤独=悪ではないということ

ただし、これだけは頭に入れておいてください。孤独が悪だと決めつけるのは良くないということ。

今の日本社会では孤独な人間は人生が充実していないと考えられがちです。

孤独感や寂しさを感じられる人、そして孤独の中でも生きられる人は、実は芸術や文芸の分野ではより深みがでる作品を作り上げることができます。

レディガガは「わたしはアーティストなのだから、孤独であるべきなのよ」とも語ったという。「わたしたちは寂しさや孤独のなかでのた打ち回りながら、頭のなかで首をもたげる数百もの、数万もの疑問の答の手がかりを探そうとしているの」。

さらにレディー・ガガはこう続けたという。「そう、わたしは孤独よ。でも、わたしは自分の孤独に嫁いでいるの。孤独なしにはわたしは死んでしまうし、生き返ることもできやしないわ」引用元:ロッキング・オン

こちらはレディガガのインタビューからの抜粋になりますが、ものを生み出す職業に付く人、クリエイティブな仕事に就いている人はそもそも孤独であるべきだという考え方もあります。

実はあえて孤高で有り続けることで、最高のアート・クリエイティブなものを生み出すことができるという考え方もあります。

孤独=良くないこと と捉えられがちですが、実はプラスの側面もあるということ。これを理解しておくと孤独もそう悪くないものです。

独創的なアイディアが生まれる

孤独感を抱くとき、心にぽっかりと穴が開いたような感覚になりますが、100%ネガティブなものというわけではありません。最近の研究結果でも、孤独感にもメリットがあることが分かっているのです。

Steiner, I. D.(1966)では、集団で考える場合と、個人で考える場合を比較し、「アイデアの総数」と「どれだけ独創的なアイデア」が出せるかを調査しました。その結果がこちらのグラフですが、「個人条件」の方が圧倒的にグラフが伸びていることが分かります。

要は、自分にとって良くない環境の集団でいるよりも、個人でいるほうが独創的なアイデアが浮かぶということも証明されているのです。

孤独についての視点を変えることも大切

発想の転換をはかり、むしろ孤独も楽しめる余裕を持つことが孤独感をなくすために必要です。

孤独は瞑想にふけり賢者になれる時間だと考えてみませんか?

最低限の大切な人さえいれば、友人・知人との煩わしいトラブルに巻き込まれることもなければ、自分以外のことで悩むこともない。

更に、“孤独”とは他人に迷惑をかけず自立できているという証拠で、強い意志の力がなければ出来ません。

何の実力も伴わず、誰からも嫌がられ相手にされない孤独はなってはいけませんが、人間はそもそも一人で生まれ、一人で死んでいくというのが自然な姿です。

ただ、どうしても孤独感が辛い…というのであれば、無理をしないで専門家に相談をしてみることがおすすめです。

気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。

まとめ

孤独感が強いと悩む現代の方は多いと思います。

かつて私もそんな気持ちを抱えたことが有りました。誰にも相談できず孤独だと思ってしまうと思います。

でも、本当にありのままの素の自分を理解してくれる人が、数人、もしくは一人でもいれば、孤独感はなくなります。

孤独感がなく、充実しているのが一番ですが、孤独だからといって無理に誰かと無駄な時間を過ごす必要性はありません。

また、孤独はよくないものだという考えから発想を転換してみるのもおすすめです。

どうしても辛いのであれば、専門家に相談をしてみてくださいね。

手軽にチャット相談をするならトークCARE

サービス名 トークCARE
相談形式 電話相談・チャット相談
運営会社 LINE株式会社
運営開始 2018年
料金 電話相談 130円~/1分チャット相談 100円~/1分月額・年会費無料
初回特典 初回トーク相談10分無料

トークCAREは、2018年6月に始まった、LINEトークでそれぞれの分野の専門家に直接悩みを相談できるサービスです。

365日、24時間いつでも相談が可能な画期的なシステムで、LINEのトーク機能やLINE電話を使って専門家に「友達感覚」で相談できるのがポイントで、さらにとても使いやすく親しみやすいサービスです!

メディアで有名な専門家に初回10分無料で相談をすることが出来ます。

これまではクリニック、そして心療内科でカウンセリングを受けるということが一般的で初回から料金がかかってしまうのが当たり前でした。

しかし、初回10分無料、交通費もいらず、自宅からスマホで専門家にカウンセリングを受けることができるようになったのです。

カウンセラーへのチャット相談なら、別途、通話料はかかりません。1分100円(税別)~ あなたに合ったカウンセラーを選ぶことが出来て、信頼の運用体制となっています。そして、名前も知られずに相談ができます。

実績豊富なプロ、全員、厳しい審査を通過した経験・実績豊富なカウンセラーですので、専門知識で回答をしてもらえるのも大きなメリットですよね。

スポンサーリンク
おすすめの記事