教育理念とは?新しい時代にふさわしい学校の選び方について
スポンサーリンク

子供が成長する過程で悩みとなるのは、学校のことや、成績ではないでしょうか。

自分が行くときはもちろんですが、子がすぐに辞めたいと言わないだろうか、などなど例をあげればキリがないです。

今回は、そんな多くの悩みの中から教育理念と、新しい時代にむけて、学校の選び方をどうすればいいのかってことについてご紹介します。

今すぐ占いをするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある。」

「心が辛い

「この先の人生どうなるの?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

学校につきものの「選び方」の悩み

小学校低学年から高学年、そして中学生へってなるけれど、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないと思います。

どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。

そもそも子どもにやる気を起こさせるには?

知っておきたいのは、「放任」するんじゃなくって、大切にすべきは、子供の幸せな学びだって思うんですよね。

いつしか終わりがない小学校を卒業したら中学校。そして高校、大学、就職……の流れですが、どんな人生を歩んで欲しいのか、幸せになるためには、どういったところを選べばいいのかってことが大切です。

新しい視点での学校の選び方

建学の精神と教育理念で選ぶ

教育理念とは、教育が到達すべき究極の理想的な姿です。

そこに向かって進むべき方向を示すものが教育目的で、さらにそれを具体的に示したものが教育目標。

私は、関西にある同志社大学卒なんですが、我が子にも同志社中学からって考えてます。

それはなぜかっていうと、私は同志社の教育理念に共感していて、同志社が大好きだからです。

同志社の建学精神はキリスト教精神に基づく「良心教育」である新島襄は建学にあたり「良心を手腕に運用する人物」の育成を掲げた。知識教育に偏ることのないよう、キリスト教に基づく「徳育」を並行して進めることで、「良心の全身に充満」した人々を輩出したいと願ったのである[15]。同志社大学では、「一国の良心」ともいうべき人物を養成するために始まった同志社の教育をいまに受け継ぎ、実現するためにも、「キリスト教主義」・「自由主義」・「国際主義」を同志社大学における教育理念と定めて、これらの理念に基づく教育活動を実践している。

創立者の新島氏が、もともとアメリカに密入国して、外側から日本を見てた結果、「日本の教育は智育に力を入れる半面、「心育」、今の言葉では「こころの教育」が疎かにされている」と気づいたからこそ、偏差値よりの教育をしないでいるところ。

また、国際主義、自由主義という学校の理念により、才気がすぐれ、独立心が旺盛で、常軌では律しがたいことも温かい目で見てくれる学校です。

同志社では一方的に指導するというスタンスではなく、生徒の可能性を信じて、個性を大切にしてくれます。

偏差値も高く、全国的に有名でありながら、今の時代だからこそ大切な教育理念を掲げているところが素晴らしいと思っています。

学校を選ぶってなると、まずは偏差値や近場の学校ってなりがちなんですが、建学の精神や、理念も是非チェックしてみましょう。

卒業生にどんな人がいるのかもチェックしてみると「こんな人物像のように我が子を伸ばしていけるかも」ってきっと役に立つはずです。

ユニークな教育方針にこそ鍵があるかも

公立と比較すると、私立は、それぞれにユニークな教育方針を掲げている事が多いです。

特に、教育方針やカリキュラムに最新のものが反映されていることが多い。

そうした教育方針と子育てファミリーのニーズが合致すると、そこが幸せな学びの場となるでしょう。

私立の場合、公立小学校では不可能な文化・芸術・スポーツなどのリベラルアーツ=教養を得られる機会を多く設けている私立小学校も多いです。

教員の質や充実した施設もまた、私立小学校でなければ享受できないメリットがあります。

既存の学校であまり良いと思えるところがないなら、帰国生を受け入れているところなども視野に入れてみてもいいでしょう。

自分で決めたという事実が大事

親が通うわけでもないのに、親先行型の判断や、自分の価値観を無理矢理押し付けると、後々、子どもは自分の判断や考えというものを持てず、他者に決断を依存するようになります。

いずれにしても、学校選択は、現状の子どもの成績がどのようであっても、「ここの学校に行きたい!」と強く希望を持つことがまず重要で、そうすることで、現状の学力との差異を埋める努力ができます。

まずは、偏差値ありきではなくて、「行きたいところに合わせていける」ようになることが大事です。

世の中には、本当にたくさんの素晴らしい学校はあります。

だから、「ここに行きたい」そして入れるための、努力をしていける、それがベストだと思います。

私の場合も、さりげなく自分が良いと思った学校の映像などを見せて、子供の「行きたい」気持ちを一番大事にしています。

家庭と教育方針が一致していること

学校を選ぶ中で大切な事の一つで、教育理念の確認を述べました。

でも、それが家庭の全方針と一致していること大事って思います。

または、共感できることと、信頼できること。

では、なぜ大切なのかと言うと、たとえば子供が間違っている行動をしている時に親が注意したとします。

今までは素直に親の言う事を聞いていた子供が、こういうようになります。

「学校ではみんなそういった行動をしている」だとか、「先生がこういっていた」と。

家庭と教育方針が一致していなかったり、通っている生徒のレベルに差異があれば、こういったことが起こりやすく、それは親子の仲が悪くなってしまう原因にも繋がります。

また父親と母親で違えば、それもまた災いの種になります。

ですから、自分たちの家庭と教育方針が一致しているのはもちろん、偏差値だけではないレベルも一致していることが望ましいのです。

大事なのは新時代から輝いていける可能性があるかどうか

学校の選び方って言ってもこれ以外にたくさんあります。

  • 通学時間
  • 入試問題をワクワクしながらとけるか
  • 共学か別学か
  • 偏差値

ですが…大事なのって新時代においての子供の可能性です。

可能性を見据えた上で、ここに行けば、自分を伸ばしていけるという確信です。

だから教育理念が必要になります。

で、始まりはそこから。

偏差値はこれからの努力で大きく変動する可能性があること。

だから、現時点での偏差値での可能性を限定しないこと、地域だけで限定してしまわないことっていうのは非常に大切です。

そして、少子化が進み、教育メソッドの進化も著しい現在では、学校ごとに生徒のニーズにあった学びの場が工夫されてきています♡

今は、住む場所を知事で選ぶように

自分たちに、どんな施設が必要か、学校選びの場面で何を基準に考えればよいのかも目まぐるしく変わっていくはずです。

まとめ

これまでの義務教育は、多くの場合、定められた学校に送り込まれた生徒に教壇から教師の声が降り注ぐ、というのが普通でした。

自分たちに、何が必要なのか?

偏差値が全てではないです。

学校選びの場面で何を基準に考えればよいのかっていうのは時代ごとに目まぐるしく変わっていくはずです。

今すぐ占いをするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある。」

「心が辛い

「この先の人生どうなるの?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

スポンサーリンク
おすすめの記事