恋愛においての需要と供給!ミスマッチしていたら成功しない訳
スポンサーリンク

恋愛って需要と供給なんでしょうか?

恋愛とビジネスってマーケティングが時に必要です。

どちらも、需要と供給の大切さは一緒です。

そこで、なぜ需要と供給がマッチしないと成功しないのか、その理由をご紹介したいと思います。

恋の悩みは、オンラインカウンセリングサービス 「恋ラボ」で相談!

恋ラボは株式会社エキサイトが運営する、エキサイトの恋ラボはexcite(エキサイト)が2018年に運営を開始した恋愛専門の電話・メール相談サービスです。

恋ラボの公式ホームページでは悩みから先生を絞り込めたり、人気のカウンセラーをランキングで紹介しているので、あなたにぴったりのカウンセラーを簡単に探すことができます!

初めて恋ラボに登録する人には、1,000円分のコインがプレゼントされるキャンペーンを実施中。

LINEアカウントをお持ちの方は、LINEアカウントで登録すると簡単にログインできます。

 

\初回1000円分無料/

恋愛は需要と供給がマッチしていることが必要?

恋愛は、基本的に需要と供給がマッチしていないと、うまくいかないものです。

付き合えるか否かは、あなたと相手の魅力の釣り合いで決まるります。

それからの関係性も需要と供給がマッチしていないと「ちょっと違っていた…」って悲しいことになります。

魅力が釣り合わないと理想の相手は来てくれない

あなたはどれくらいのレベルの異性と付き合えますか?

恋愛、結婚についても、市場原理が深く関係しています。

人物の「見た目」を含む、年齢や、知性、経済力や家柄など…ステータスが全て「90点」だったとして、「50点」のポイントを持つ人が恋人に選ぶ妥当な相手といえるでしょうか?

あとの付き合いが続くかどうかは、普通の人間関係と同じ「相性」だけど、点数で釣り合っている相手しか来てもらえない点では、ビジネスとそう変わりはないですよね。

釣り合いが取れない恋愛は最初から難しいです。

恋愛でも、価値が高い人がサービスされる側にある

恋愛って、相手の思いと一致してはじめて成就します。

あなたと同レベルの人と付き合うときは、気にしなくても良いでしょう。

ですが、格上の人が相手の場合や、「惚れた側」だった場合は、相手のために、恋愛サービスをしなければならないのです。

惚れた方の負けといいますが、実はそれは本当の話だと私は思います。

  • どれだけ自分を磨くか
  • どれだけ気の利いた手伝いをするか
  • どれだけ相手に尽くすことができるか

なぜなら、恋愛も国も同じで、社会にとって必要なモノは価値が高い(欲しい人が多い)ですし、逆に必要ないモノは価値が低い(誰も欲しくない)ですよね。

恋愛でも同様のことが言えて、市場で価値が高いと判断されるような人は、サービスをされまくります。

このため、勝ちを得なければ、心を射止めることができないのです。

持っているものは、何もしなくても与えられて、富が最大化するという理論です。

神の見えざる手=レッセ・フィールともいい、アダム・スミスが提唱しています。

自分が求めている相手(需要)にマッチしていないと続かない

恋愛における需要と供給、それは、「それを欲しい人」と「それをあげられる人」です。

例えば結婚して専業主婦になりたいと思っている女性がいます(それを欲しい人)。

一方で、彼女には結婚後、専業主婦になって欲しいと思っている男性がいます(それをあげられる人)。

この2人が出会い、恋愛に発展すれば需要と供給が合っているということになります。

ここでポイントなのが、お互いに無理をしていない、ということです。

私の場合でもそうで、恋愛で明確に求めているタイプがあります。

今恋人(不倫相手)に求めているものは、「癒やし」と「安心感」です♡

私は、自己肯定感が低いので、私のことを、見返りなく好き好き、と言ってくれることが何よりも大事。

大丈夫だよ、と寄り添ってくれるだけでいい。

また、私は否定されるのがとにかく嫌いなので、自分が相手をコントロールができる方がいいって思っています。

たとえば、私がこういう人を求めているのにもかかわらず、相手は「何でもぶつけ合える刺激的な関係」だったり、「相手をコントロールしたい人」だったとしたら…。

そんなのは需要と供給にマッチしていないっていえますよね。

何年かしてムリをしていることに気づいたり、ストレスへと発展し、最悪な状況にまでなることもあります。

求めるタイプに合っていないとやっぱりうまくいかないんじゃないかって思います。

需要と供給が合えばうまくいく?恋愛においてバランスをとる方法

恋愛において、この需要と供給のバランスをとる方法についてご紹介します。

自分の本当の需要に目を向けよう

自分のメンタルに自信がないので、優しく、包容力のある人がいいって思っている。

自分は、もっともっと知的な人と語り合いたいと思っている。

自分が相手に欲しい物を考えてみましょう。

もしかしたら、その人はそれを供給できる人じゃないかもしれないです。

すると、好みのタイプじゃなくても、自分の求めるものを、どれだけ供給してくれるのか?ってことで相手を選ぶことができるようになります。

自分の望みである、本当の需要に目を向けることで、バランスが取れて恋愛が上手くいくのです。

恋人の、スペックだけではなく、心の面で、何を満たしたいのかということに気づいてください。

すると、もしかしたらあなたの需要を供給してくれる相手かもしれません。

自分の好みのタイプではなく、自分がどんな人が合うのかを知ること、本当の望みを知ることが、幸せへの近道なのです。

相手の求めるものをどれだけ供給できるのか?一人では補えないことも

相手に、自分なりの愛を送っていたとしても、それが伝わらないことが結構あります。

「私のこと愛してる?(もっと私のことを愛して欲しい!)」、「勿論愛しているよ。(俺の愛が分からないのか??)」こんな関係が続けば上手く行く筈がありません。

彼には自分の愛が何故彼女に伝わらないのかが分かりません。

しかし、彼女は明らかに愛情不足状態に陥っています。

大体の原因を探ると、これは親からの愛情不足です。

恋愛はお互い違う環境で育ったもの同士が、同じ匂いや自分にないものを感じて惹かれるものだけど、この場合、彼女には彼の愛だけでは不足です。

こんな感じで、場合によっては、愛情の不足部分を誰か一人で補おうとしても無理があります。

このため、同等、又はそれ以上の愛を送ってくれる人を探すことも大事です。

少しずつでもそうしていくしかないのです。

相手の需要を知ること

自分のことばかりではなく、相手が何を求めているのか?って言うことを知るべきです。

相手が何を求めているのか?

鎧を脱ぎたいのか、また、ただ楽しくやりたいのか、それとも、誰にも話せないようなことを二人で分かち合いたいのか、パターンがあります。

その需要にピタリと当てはまった場合には、かけがえのない人になれるといえます。

自分が、相手の求めているものを察知して、差し出せることが恋愛でうまくいくための秘訣だと思います。

まとめ

恋愛には、需要と供給があって、それらがマッチしていないとけしてうまくいくことはありません。

相手が望んでいるものは、なんなんだろう?っていうことは、自分の中にそれがあるのか?って言うことを考えてみると、上手くいくはずです。

恋愛も同様に、需要と供給について、探ってみることがとても大切です♡

恋の悩みは、オンラインカウンセリングサービス 「恋ラボ」で相談!

恋ラボは株式会社エキサイトが運営する、エキサイトの恋ラボはexcite(エキサイト)が2018年に運営を開始した恋愛専門の電話・メール相談サービスです。

恋ラボの公式ホームページでは悩みから先生を絞り込めたり、人気のカウンセラーをランキングで紹介しているので、あなたにぴったりのカウンセラーを簡単に探すことができます!

初めて恋ラボに登録する人には、1,000円分のコインがプレゼントされるキャンペーンを実施中。

LINEアカウントをお持ちの方は、LINEアカウントで登録すると簡単にログインできます。

 

\初回1000円分無料/

スポンサーリンク
おすすめの記事