メンタルを強くするサプリは?メンタルケアにおすすめサプリと特徴
スポンサーリンク

生きていればいろいろありますよね。

そんな時一人で悩むことが辛い、そもそも論として、メンタルを強くしたい、ストレスに負けないメンタルになりたい…。

気持ちや心を安定させたい、そう思うことはありませんか?

仕事の事、育児の事、人間関係、恋愛の事、よきせぬトラブル…たくさんあるけれど、心を安定させたり、不安感に襲われないようにしたいものですよね。

そこで、メンタルを強くするサプリはあるんでしょうか?ということについてご紹介します。

悩みを吐き出したい、相談したいなら…うららか相談室

URARAKA(ウララカ)】は、臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンライン相談・カウンセリングが受けられるサービスです。

1. 自分の好きな場所・タイミングでカウンセリングが受けられる
メッセージ形式、ビデオ・電話形式、対面形式でのカウンセリングが可能。話しやすいスタイルを選んでカウンセリングをお受けいただけます。

2. わかりやすい料金設定で気軽に専門家に相談できる
メッセージ、ビデオ/電話相談は一律料金。また、メッセージ形式にはお試しプランをご用意。自分に合う専門家がわからない、いきなり本格的なカウンセリングには抵抗がある方にも、お試ししてから本格的なカウンセリングに移行していただけます。
3. 自分にあったカウンセラーを見つけられる
臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士などの専門的な知識を持ったカウンセラーの中から、自分に合った専門家を選べます。オンラインでカウンセリングが出来ますので、どこかに出向く必要がなく、とても手軽です。
プロのカウンセリングを受けたい人におすすめです。

メンタルを安定させたい…そんな悩み

基本的に、食べ物は食べたほうがいいのですが、ときには、薬の力も必要だと私は思います。

鬱の人が使ったりとかメンヘラを治すというのではありません。

メンタルを安定させたい、緊張したり、不安になりやすい人が、できるだけ心身のバランスを崩したくない、そのためにおすすめです。

同じ環境や、同じ目に遭った場合でも、あるいは同じショック体験をしたとしても、精神的に心を病んでしまう人と、そうでない人がいます。

これは、物の感じ方・捉え方が違うからです。

薬やカウンセリングというのも有効な方法であることは間違いないわけですが、果たして本当にそれだけで解決するのか?といったらそうではないのです。

・魚の成分が自殺を減らし、うつ病の治療に有効
(米国精神医学雑誌:米国最大の精神医学会誌)
・ハーブは、重症うつ病の患者に対しても抗うつ薬(SSRI)と同等の効果
(コクランレビュー:世界で最も信頼性あるデータベース)
・ビタミンB6は、PMS(生理前の心身不調)に女性ホルモンよりも効果が高く副作用が少ない
(英国政府の委託研究)
・更年期の不調には、発癌性のある女性ホルモンではなくハーブが推奨
(米国精神医学会、WHI(ウーマンズ ヘルス イニシアチブ)
・メタボリックうつ病(糖尿病や高血圧、高コレステロール、喫煙歴のある)は、
通常のうつ病に比べて治療反応が悪い(350名参加の大規模比較臨床試験結果)
・葉酸で、抗うつ薬の効果が1.5倍にあがる(米国精神医学会)
・アミノ酸(トリプトファン)を加えると、抗うつ薬の効果が高まる(英国モーズレー・ガイドライン)
参考ギリークラブ

声高に“メンタルタフネス”を叫んでいても、改善しないことがほとんどです。

改善するために、色んな方法を取り入れてみることがおすすめです。

メンタルケアの一つの方法として、ぜひとも自分の心と身体のサポートとして使ってみてください。

水溶性キトサン

水溶性キトサンは、気分の不調に効果が期待できると言われています。

水溶性キトサンについて書かれた文献や論文はたくさんありますが、その効能の幅の広さに驚かされます。

情緒不安定、キレる、不眠、うつといった症状に期待できて、エビやカニの殻などに含まれるキチンという天然の成分から精製されたものです。

十数年前から日本で研究が進み、現在は健康食品として広く流通しています。

身体の中から有害物質を吸着・排出する「デトックス(体内浄化)作用」と、腸内から副交感神経へと働きかけて交感神経と副交感神経のメンタルバランスを整える「ストレスケア作用」の2つの機能性があります。

  • 情緒の安定をもたらす
  • 睡眠を適切に調節する
  • 食欲を適切に調節する
  • 気力を出す
  • アルコールを飲みたくなくなる
  • 衝動をコントロールする(衝動性を少なくする)

次のような方に有効であるといわれています。

睡眠障害がある人。安定剤、抗不安薬、睡眠薬をやめたいと思ってもやめられない人。

長期にわたって薬を服用していて、なお不安定、気分の沈み、小さいことへの不安や、ショックが残り立ち直りにくい人。医療現場でも使用されているそうです。

フィッシュオイル

フィッシュオイルは正式に医学的にも効能が認められているなど、体にもいいし、もちろん脳にもいいです。

(International Society for Nutritional Psychiatry Research :ISNPR)が提案するガイドラインで、オメガ3脂肪酸の摂取が、うつ病の補助療法として推奨されることになりました。

不安感を減らしてくれる効果も実はあることが分かっているのと、研究も豊富です。

魚でも取ることができますが、毎日摂取はできないので、サプリでとるとよいです。大体1日1g(1000mg)ぐらいとりましょう。

L-テアニン

メンタルが弱い人は、睡眠について問題を抱えていることも多いと思います。

私もそうですが、眠りが浅いので、長く寝ても眠いということに悩まされています。

だからこそ、癒やしを求める人におすすめなのが、L-テアニンで、目覚めた時の疲労感や眠気を軽減すること、すなわち「睡眠の質を高めること」が報告されています。

起床時の疲労感や眠気が軽減されて、毎日が楽になるはずです。

不眠が強いという場合には、有効成分のジフェンヒドラミン塩酸塩の含まれているものもおすすめです。

寝る前に飲むだけで、働き、寝つきが悪い、眠りが浅いといった、一時的な不眠症状が緩和されます。

私がいつも飲んでいるのはスヤットミンです。

飲むとぐっすりと眠れるので、しんどいことが少なくなって、朝の憂鬱感や、疲労感が楽になります。

ラフマ

ラフマとは、中国の西部から北西部にかけてある羅布高原に自生する多年草で、ハーブの一種として知られています。

ハーブは、精神を癒す効能があるということで知られていますが、中でもこちらのラフマは、古くから精神を癒すハーブとして知られています。

精神を癒す、すなわち精神安定効果以外にも、免疫力の向上、血圧を低下させる効果が期待でき、中国では医療用薬剤としても認められているほどで、GABAと組み合わせた商品が開発されています。

バランスサプリとして、産地・栽培方法・非遺伝子組換えなどにおいて、安全性が高く、有効成分の濃度が高い素材が厳選されているものを選んでみてください。

ハーブは心が落ち着くことも多いと思いますが、リラックス作用や沈静化作用が期待できるなと感じてます。

トウキ(当帰)

当帰は女性特有の精神症状や、イライラなどをおさえてくれると言われています。

含まれているものに「命の母」などのサプリメントが挙げられます。

こちらは、エストロゲン作用を持たないにもかかわらず、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの生成を安定化させます。

月経周期の正常化や月経不順や生理痛などの女性の症状に働きかけてくれて、ストレス緩和や、気分障害などで苦しんでいる方も症状を少しずつ和らげてくれます。

たとえば、 更年期障害や子宮内膜症の症状の緩和にも使われます。

私も、飲むようにしていますが、事前に飲んでおくことで、身体の症状などが少し緩和される感じがして、楽になります。

特に女性ホルモンや自律神経のアンバランスによって起こる諸症状を改善してくれるので、女性の方におすすめです。

セントジョーンズワート

これもハーブですが、セントジョーンズワートは色々な研究で落ち込みやメンタルの落ち込みに効くという論文が出ています。

脳内のセロトニンの量を増やしてくれて軽度の鬱とかには効果が期待できます。

気分が落ち込みやすいとか落ち込んだ時、ストレスが溜まりそうな時に対策として早めに飲んだりします。

私の場合は、気分が悪いなと思ったときに、リラックスしたいときに飲んだりします。

カフェイン

「カフェイン」というと、ネガティブなイメージが先行するのですが、実はメンタルに働きかけてくれる良い面もあります。

カフェインの覚醒・興奮作用は、「自律神経の働きを高める」「集中力を高める」「体内の老廃物を排出する」などの効果があり、リラックスしたい時間におすすめです。

カフェインサプリメントは、飲み物とは違い、一袋あたりカフェイン10000mg配合など、多くの成分が含まれていて、さらに植物由来素材にこだわっていることが多いですので、集中したいときや、なにか作業をしたいときに、集中できる効果があります。

私はいつもお仕事の合間にカフェインを摂取するようにしていると没頭して辛くならずにできます。

過剰摂取しなければ、普段通り何か作業をしたいというときにおすすめです。

ストレス、悩み、不安、恐怖、それらを抱えすぎて追い込まれる前に…

抗不安薬は精神を安定させてくれるメリットがある反面、やはり薬なので副作用が伴ったりします。

でも、サプリメントなら過剰摂取しすぎない限り、そういったこともほとんど心配ありません。

今は、いろんな悩みを抱えていても、それを抱え続けてしまい追い込まれてしまうと思います。

カウンセリングで誰かに話を聞いてもらうことも大切かもしれないけれど…。

悩みもないけれど日常的に、心身ともに不安な人も多いのではないかと思います。

私もそうなんですが、もっと日常的なセルフコントロールをして、日々のストレスにアプローチしたり、メンタルを強く、安定させていくことで、とても楽になりますよ。

まとめ

最近なんだか、ちょっとしたことでイライラしたり、やたら不安になったりする、自分でも嫌になると思っていませんか?

メンタルが不調が限界まで来ると身体にも支障が出てくる恐れがあります。

メンタル不調の予防や改善には、睡眠も大切。

自分のために時間とお金を使うことも大切です。

そんなときはイライラや不安を感じたら、放置せずにきちんとケアしてみてください。

カウンセリングで少しずつメンタルを強くしたり、食事にも気をつけることが大事ですが、それと同時に、ときにはサプリメントに頼ってみて、心身の負荷を減らすことを考えるようにしてください。

悩みを吐き出したい、相談したいなら…うららか相談室

URARAKA(ウララカ)】は、臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンライン相談・カウンセリングが受けられるサービスです。

1. 自分の好きな場所・タイミングでカウンセリングが受けられる
メッセージ形式、ビデオ・電話形式、対面形式でのカウンセリングが可能。話しやすいスタイルを選んでカウンセリングをお受けいただけます。

2. わかりやすい料金設定で気軽に専門家に相談できる
メッセージ、ビデオ/電話相談は一律料金。また、メッセージ形式にはお試しプランをご用意。自分に合う専門家がわからない、いきなり本格的なカウンセリングには抵抗がある方にも、お試ししてから本格的なカウンセリングに移行していただけます。
3. 自分にあったカウンセラーを見つけられる
臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士などの専門的な知識を持ったカウンセラーの中から、自分に合った専門家を選べます。オンラインでカウンセリングが出来ますので、どこかに出向く必要がなく、とても手軽です。
プロのカウンセリングを受けたい人におすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事