積極性がないって指摘される…積極性がなくても気にしなくていい理由
スポンサーリンク

あなたは職場で「積極性がない」って指摘されていませんか?

職場だけじゃなくて、学校生活や、何かのコミュニティの場で、「積極性」が問われることって結構ありますよね。

私は、今まで積極性がないって昔からいわれてきていて、積極性はほぼゼロです(笑)

積極性がないってことは別に気にすることではないんです。

そこで、積極性がなくてもいい理由についてここではご紹介したいと思います。

悩みを吐き出したい、相談したいなら…うららか相談室

URARAKA(ウララカ)】は、臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンライン相談・カウンセリングが受けられるサービスです。

1. 自分の好きな場所・タイミングでカウンセリングが受けられる
メッセージ形式、ビデオ・電話形式、対面形式でのカウンセリングが可能。話しやすいスタイルを選んでカウンセリングをお受けいただけます。

2. わかりやすい料金設定で気軽に専門家に相談できる
メッセージ、ビデオ/電話相談は一律料金。また、メッセージ形式にはお試しプランをご用意。自分に合う専門家がわからない、いきなり本格的なカウンセリングには抵抗がある方にも、お試ししてから本格的なカウンセリングに移行していただけます。
3. 自分にあったカウンセラーを見つけられる
臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士などの専門的な知識を持ったカウンセラーの中から、自分に合った専門家を選べます。オンラインでカウンセリングが出来ますので、どこかに出向く必要がなく、とても手軽です。
プロのカウンセリングを受けたい人におすすめです。

積極性はあったほうがいいの?

基本的に、社会ではその人の気質や性質抜きで、「積極的に何かをするほうがいい」って求められてきています。

私達は、積極性を求められるがあまり、積極性を持っている人間が強いって思っています。

この記事を見ているあなたも積極性はないタイプだと思いますが、私も、本当に積極性がない方です。

たとえば、自ら率先してやるタイプでもなければ、皆が普通にやるような、友達を遊びに誘ったり、話しかけたり、自分から連絡したり…なんてこともほとんどないですね。

向こうからなければ、ずっとこちらもしないまま。

過去を思い返しても、誰かに告白したこととか、積極的に何か仕掛けたことって、一度もありません(笑)

で、仲良くなる人っていうのは、私に積極的に話しかけてくれた人とか、来てくれた人だけ。

考えてみれば、仕事でも積極的にリーダーになったことって皆無だし、何かに立候補したこともないです。

でも、私を知らない人は、積極的に誘う側なんじゃないかって勘違いしてたりします。

積極性がある人は、そういう人のことを理解してなくて、いつまでも待ったり、疑問に思う傾向にあると思います。

でも、積極性がない人は、変わらない。

そういうタイプの人間も普通にいるってことで、安心していただけるんじゃないかって思います。

積極性がないという人の心理

積極性がないと言う人の心理の大体が下手に動かないほうがいい、って感じています。

また、積極的ではない人って「相手に気を使う」あまり「積極性」がなくなっていることも多いです。

逆をいうと「その人の判断におまかせ」状態でいいってことだったり、「相手の意向を汲み取って」という所をもっと深堀りすると、「相手に迷惑をかけたくない」という思い、傷つきたくない、なんて思いが強い。

でも、仕事の場合は、「自分から質問してこない」ということは、やる気がないって思われます。

恋愛の場合も、相手に誤解されたりしますよね。

でも、それって相手側の気持ちで、積極性とやる気って、リンクしてないんですよね。

積極的に動くことっていうのは積極的ではない人からすると、理にかなっていないだけ。

要するに、積極性うんぬんはその人のエゴなんです。

積極性がなくても気にしなくていい理由

積極性がないのは、ダメなこと?って悩んでいませんか。

積極性がないことを指摘されて、無理に積極的にいこうとして、しんどかったり。

失敗して、自分が分からなくなる人もいるかもしれません。

このままだと社会でも生きていけなくて、恋もできないの?って悩んでいませんか?

結論から言うと、積極性がなくても気にしなくて問題有りません。

私がそうだったからです。

積極性は役割の問題

積極性がなくて悩んでいる…っていう人もいるかも知れませんが、気にしなくていい理由として、「大人しい人がいてもいい」からです。

誰しもが積極的に働きかける必要ないし、リーダーになる必要もないです。

世の中が積極的な人ばかりだったら大変なことになる。

貴方のようなおとなしい人もいてバランスがとれています。

だから、積極性がない、リーダーになりたくないというのであれば、他の人の責任で、あなたはその下で働くことを意識すればいいんです。

そういった役割の人も、社会的に重要だと思います。

自分の方向性があればいい

積極性がないっていうけれど、自分の方向性があればいいと思います。

積極性がない人って、「自分のポジション」を取ることに興味がないんですよね。

でも、必要だと思うのは、自分の意思を持つことと、方向性だってことです。

たとえば、自分が実現したいこと、あの大学に行きたいとか、弁護士になりたいとか、世界のいろんな国をさすらいたいとか……より具体的で、自分がやりたい道に進めること。

たとえば、私は積極性はないけれど、自分の意志ははっきり持っているタイプなので、それは、自信になり、勢いになり、細かいことなんて気にならなくなります。

本当に仲良くしたいのか?って事

私は、よく「その人と仲良くなりたいなら積極的に行くべし!」みたいなことを言われてきましたが、でも、仲良くなりたいなら…ってのが前提だとしたら。

別に仲良くなれないならそれでいいや、って思えたりしませんか?

私は、特に誰とも仲良くなりたくないし、仲良くなれないならそれでいい。

自分から話しかけるほど興味がないなら、それでいいんじゃない?ってことなんです。

無理しなくても、そうしたくないってことなら、心の声に正直になればいいだけだから。

恋愛でも、仕事でも基本的には問題ない

消極的であればあるほど、恋の成就は難しくなるもの。って思い込んでいませんか?

でも、かと言って、積極的であればあるほど恋愛って、いいわけでもないです。

私は、消極的な人とは、何をやっても形に出来ないし、話が進むのがいちいち遅いので、心を向き合わせて付き合っていくのは難しい。

でも、相手がある程度積極的なら、受け身なタイプの人でも、これも問題ないです。

世の中はバランスで成り立っているので、積極性が必要、とか心ない言葉を言われても聞き流しておいて自分ができる範囲のことを頑張りましょう。

まとめ

積極性がない、ってマイナスにばかり言われるけれど、そういう人もいて、世の中はバランスで成り立っています。

その人を「がっかりさせたくない」、「悲しませたくない」「怒らせたくない」といったような心理も働いていると思うし、本人としては前向きな考えからくる行動です。

だから、無理に積極性を出していかなくても仕事も恋も全部手に入れることもできますよ。

是非参考にしてみてください。

悩みを吐き出したい、相談したいなら…うららか相談室

URARAKA(ウララカ)】は、臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンライン相談・カウンセリングが受けられるサービスです。

1. 自分の好きな場所・タイミングでカウンセリングが受けられる
メッセージ形式、ビデオ・電話形式、対面形式でのカウンセリングが可能。話しやすいスタイルを選んでカウンセリングをお受けいただけます。

2. わかりやすい料金設定で気軽に専門家に相談できる
メッセージ、ビデオ/電話相談は一律料金。また、メッセージ形式にはお試しプランをご用意。自分に合う専門家がわからない、いきなり本格的なカウンセリングには抵抗がある方にも、お試ししてから本格的なカウンセリングに移行していただけます。
3. 自分にあったカウンセラーを見つけられる
臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士などの専門的な知識を持ったカウンセラーの中から、自分に合った専門家を選べます。オンラインでカウンセリングが出来ますので、どこかに出向く必要がなく、とても手軽です。
プロのカウンセリングを受けたい人におすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事