天才が教える天才になるための方法とは?天才は最初から天才?
スポンサーリンク

天才になりたい、天才になってみたい、天才とは?なんてキーワードで検索される方はとても多いです。

あまり世に出す意味はないかもしれないけど、「天才になりたかった」みたいな人が多いので書いてみたいと思います。

カウンセリングをしてみたいなら…うららか相談室
URARAKA(ウララカ)】は、臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンライン相談・カウンセリングが受けられるサービスです。

1. 自分の好きな場所・タイミングでカウンセリングが受けられる
メッセージ形式、ビデオ・電話形式、対面形式でのカウンセリングが可能。話しやすいスタイルを選んでカウンセリングをお受けいただけます。

2. わかりやすい料金設定で気軽に専門家に相談できる
メッセージ、ビデオ/電話相談は一律料金。また、メッセージ形式にはお試しプランをご用意。自分に合う専門家がわからない、いきなり本格的なカウンセリングには抵抗がある方にも、お試ししてから本格的なカウンセリングに移行していただけます。

3. 自分にあったカウンセラーを見つけられる
臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士などの専門的な知識を持ったカウンセラーの中から、自分に合った専門家を選べます。

オンラインでカウンセリングが出来ますので、どこかに出向く必要がなく、とても手軽です。
プロのカウンセリングを受けたい人におすすめです。

天才になる方法、天才って何?

天才とはどういうものなのでしょうか?

私は、自分のことを紛れもない天才だと思っています❤

まぁ関わる人にはほぼすべての人に、「天才ですね」、「羨ましい才能」、「才能の塊」、「憧れです」、「とにかくすごい人」と必ず言われます。

詳しくはいいませんが才能の塊と言われるのは、幼い頃からずっとです。

天才とは
  • 努力では手に入れることができない、天性の才能を持った人のことを「天才」
  • アインシュタインいわく、天才が生まれつきの才能なのであれば、凡人に比べて脳の機能をフルで使用できている
  • 先天的に平均よりも高度に知的な能力を持っている人は「ギフテッド」

天才をまとめてみるとこのような感じですよね。

生まれつき才能を持った人のこと努力では手に入れることができない、天性の才能を持った人のことを「天才」と呼びます。

アインシュタインいわく、天才が生まれつきの才能なのであれば、凡人に比べて脳の機能を使えている可能性が考えられると言われています。

ということは、凡人がどう頑張っても追いつけない領域に天才がいることになります。

先天的に平均よりも高度に知的な能力を持っている人は「ギフテッド」とも呼ばれ、子供時代からその天才ぶりを発揮します。

ある分野で飛びぬけた能力があること

天才が活躍する分野は限られていません。

スポーツでその才能を発揮する人がいれば、株式トレーディングで天才的な能力を発揮する人もいます。そして別に著名になっているわけではありません。

文学の才能や、あるいは芸術の才能など、その分野で飛びぬけた才能を発揮できる人を「天才」と呼ぶのです。

ある分野で天才と呼ばれる人の多くは、「あきれるほどにストイックになれる天才」であり後天的な天才である場合も結構多いです。

私は、ストイックな部分もありますが、大部分はストイックではありません「努力の天才」は追求形かもしれませんが、これって秀才型に近いです。

能力的な天才とは

もちろん世の中には、本物の天才がいます。

6桁の数字の立方根を暗算で解いたり、わずか四歳で聖書を全て暗記したり、小学生でなんの努力もせず、新しいアプリを開発したりと、天才たちのそういうエピソードには枚挙にいとまがありません。

株で、数億を稼いじゃった人も、運ではなく、その筋の天才でしょう。

実際、みんなが憧れるような「なんかやってみたら、ものすごいことになった」的な、こうした天才は「能力的天才」であり、ほとんど生まれつきです。

トレーニングを積んだからといってなれるものではありません。

凡人が天才になることはできるの?

先天的に秀でた特殊な能力を持った天才である場合、凡人が真似をしても、追いつくのは困難です。

私は経験がありますが、凡人にいくらやり方や発想を教えても、理解が出来ないのがまず一番。

次に、嫉妬が入り、天才を批判することで、精神安定を図る人がいます。

ですが、凡人は天才になることができないのでしょうか。

天才とは発想力である

天才と凡人の違いはその絶対的な能力の違いに現れます。

仮に、先天的に優れた能力がなかったとしても、それが大好きで凡人が真似をして、思考もやり方も真似したとします。

ただ、ガラスの仮面の姫川亜弓、が北島マヤに追いつけなかったかのように、天才と凡人では、ひらめきと発想力がまず違うのです。

凡人が、努力や、試行錯誤、なにかから考えやっとの思いで生み出したものの。

その先の先を天才は走っており、さらにそれは単なる思いつきや、発想、楽しいから、と遊び感覚なんですよね。

そして結果にも当たり前のように、歴然とした差が現れます。

この時点で、膨大な差があることはおわかりでしょうか。

感覚的か論理的か

天才が感覚的に能力を開花させるのに対して、秀才は論理的に能力を身に付けていきます。

思考をしながら、目標を定めて確実な努力をしたり、脳の中を洗い出して、作業に当たります。

なので、かかる時間が全然違います。

天才は時間をかけずに、感覚で成功します。

この点で、違いがあるので、凡人が成功することは不可能です。

例えば、同じものを作るのに、凡人がチームを作り、100時間かかるものを天才は一人で20分で作り上げてしまいます。

天才の定義と天才になるには

私が考える天才の定義や、天才になるには?っていうことをご紹介したいと思います。

まず、天才は誰にも見えない風景が見えています。

そしてこの「見えている」ということこそが、天才の最大の強みです。

そして、見えているから、説明不要で、感覚でわかっています。

天才の場合、努力しなくても、たとえば「稼ぐ方法」であれば、自分の才能を使い、身震いするほどの素晴らしい風景を目の当たりにしています。

それが天才の正体です。

なので、その天才が見えている景色まで行くにはどうすればいいのか?ということから考えていきましょう。

既存の仕組みや、順位、肩書、カテゴリー、にとらわれない

天才とは創造性です。

しいていうならば自分の世界があるので、既存の仕組み、世界、カテゴリーにとらわれないし、他人をそんなに意識しない。

いわば脳みそが宇宙なんです。

カテゴリーや、領域、今までの固定概念を捨てられる人間や、非常識な人ほど天才ですね。

それらを意識せずに、脱ぎ捨てることが出来ているのか。はたまた意識しても、最後まで縛られているのか。

その一皮むけた時に、すばらしい「創造性」「好奇心」「集中力」が芽生え、天才になれるのかもしれません。

孤高であり、一人で大勢の分の頭脳をフル回転

天才とは孤高の存在です。

天才とは理解されにくい。

まぁたとえば松本人志氏は、「一人で六十人分ぐらいの頭脳があるし、やっている」と山崎邦正など、みんなから評価されていますが、天才って一人で頭脳がたくさんある感じなんですよね。

小室哲哉氏もそうではないでしょうか。

でも、それは理解されません。

まぁ思考のレベルが違います。

私もそうですが、大体の場合に、私は次元が低いと感じてしまって、ほとんどの会話が時間の無駄と感じてしまいます。

凡人の中にいると凡人で終わってしまう。

だから、別の領域の世界に行って頭脳を一人で何十人分も回すことが大事です。

天才の視点は、他の人とぜんぜん違うので、自分がその領域に生きたければ、同じ目線の人と群れていても仕方がないんです。

素直に天才のマインドをインストールする

天才って天才ならではのマインドを持っています。

誰に言われても変わらない、突飛なマインドを持っていますが、まぁ愚かな人間は、これに嫉妬をして、批判をします。

ただ、天才になるには、天才のマインドを真似ることやインストールすること、素直に教わることです。

関わりがなければ、自分の憧れの天才の本を買って、マインドを知ることです。

天才は小学生かもしれません。

自分よりもずっと年下かもしれません。

でも敬意を払って、天才が天才であるがゆえの思考システムを学ぶことです。

もともとの素質が天性の天才であったりすると追従は不可能ですがマインドを少し掴み取ることが出来ます。

ブレインダンプ

天才になる方法として、ブレインダンプがあります。

その方法は、自分の苦手分野や得意分野をピックアップして紙に描きます。

自分で「天才だ」と言って納得させたり、周りにお世辞を言われて、のぼせ上がるのではなく、極めて冷静に脳を掘り下げるものです。

自分の頭を棚卸する意味合いで、自分の強み、弱みが可視化していき、克服するべき部分、伸ばす部分、切り捨てる部分などが見えてきます。

大事な部分をとにかく書ききり、天才になるための指針などを作り、行動が可視化できると人は行動しやくなります。

まとめ

天才とは生まれつき特定の分野でずば抜けた能力を持つ人のことです。

凡人とは別次元の人間と思われがちですが、努力次第では秀才になることも可能です。

天才というのは、見ている景色が違います。

天才になりたいと思うなら、ぜひ参考にしてみてください。

カウンセリングをしてみたいなら…うららか相談室
URARAKA(ウララカ)】は、臨床心理士や社会福祉士などの専門家に気軽にオンライン相談・カウンセリングが受けられるサービスです。

1. 自分の好きな場所・タイミングでカウンセリングが受けられる
メッセージ形式、ビデオ・電話形式、対面形式でのカウンセリングが可能。話しやすいスタイルを選んでカウンセリングをお受けいただけます。

2. わかりやすい料金設定で気軽に専門家に相談できる
メッセージ、ビデオ/電話相談は一律料金。また、メッセージ形式にはお試しプランをご用意。自分に合う専門家がわからない、いきなり本格的なカウンセリングには抵抗がある方にも、お試ししてから本格的なカウンセリングに移行していただけます。

3. 自分にあったカウンセラーを見つけられる
臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士などの専門的な知識を持ったカウンセラーの中から、自分に合った専門家を選べます。

オンラインでカウンセリングが出来ますので、どこかに出向く必要がなく、とても手軽です。
プロのカウンセリングを受けたい人におすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事