ダブル不倫はやめていいの?ダブル不倫をやめてよかったと思うために
スポンサーリンク

既婚者同士のダブル不倫を終わらせようかどうか迷っている…と悩んでいませんか?

W不倫をされている方はたくさんいると思いますが、楽しい反面、いくつもの悩みを抱えている人も少なくないと思います。

以前に「不倫はお休みしてもいいんだ」という風にお伝えしましたが、私はいつやめてしまってもいいとも思っています。

●ダブル不倫をやめるとどんなメリットがあるのか。
●やめる時に少しだけ気を付けること。

「ダブル不倫、やめた方がいいだろうな」と思いながらいる人は是非参考にしてみてくださいね。

恋の悩みは、オンラインカウンセリングサービス 「恋ラボ」で相談!

恋ラボは株式会社エキサイトが運営する、大人気の2018年に運営を開始した恋愛専門の電話・メール相談サービスです。

恋ラボの公式ホームページでは悩みから先生を絞り込めたり、人気のカウンセラーをランキングで紹介しているので、あなたにぴったりのカウンセラーを簡単に探すことができます!

初めて恋ラボに登録する人には、1,000円分のコインがプレゼントされるキャンペーンを実施中。

LINEアカウントをお持ちの方は、LINEアカウントで登録すると簡単にログインできます。

 

\初回1000円分無料/

ダブル不倫をやめたくなる時、やめていい理由

お互いパートナーがいるのに他に好きな人が出来て恋愛をしてしまうことをダブル不倫と言います。

ダブル不倫をしていて辛いと感じる理由は様々。

二人でいるのが楽しいどころか辛くなり、好きでも「もう終わりにしたい…」って思う人がいて当然です。

私は、不倫だからこそ、いつスタートしてもいいし、別に休んでも、やめてもいいって思っているんですね。

そこでやめたくなるときと、やめてもいいっていう理由をここではご紹介します。

不倫関係が始まるのは思いがけないことから。

不倫を始めようと思ってスタートさせる人は居ないと思います。

ダブル不倫って、気がついたら相手のことを好きになっていて、既婚者なのに、制御不能になっちゃって、恋愛関係になってしまうもの。

不倫関係の始まりがそもそもなんとなくで始まったのなら、休んだっていい。

それと同様に、なんとなくで終わりにしてもいいと思うんです(笑)

普通の恋人ならありえないけど、不倫だからこそ、始まりも終わりも、曖昧でいい。

なんとなく始まり、なんとなく終わりでも十分楽しめるんではないかなと思うのですが、いかがでしょうか?

相手には家族がいるから別にいいんじゃない?

ダブル不倫をしていて、ふと「もう終わりにしようかな」、って頭をよぎるひとは多いのではないでしょうか。

その理由は「自分が去ったとしても、相手には家族がいるから」だと思います。

ダブル不倫をしている人は、いつも心のどこかで、それを知っています。

私は、「自分がいなくなっても、側にいる人がいるんだから、落ち込まないだろう」、「私なんていなくても、回っていくだろう」、「ショックなんて受けないだろう」って思っています。

独身の恋人同士と、ダブル不倫の場合は、相手に家族がいるという点で大きな違いがあります。

普通の恋人同士なら、そんな簡単に私も諦めてしまったりしない、ずっと繋がっていたいタイプです。

だけど、ダブル不倫の相手って…いわば、「無理をしてまで続ける必要性がない」、「世の中的に、いなくてもいい存在(むしろ居ない方がいい)」なのです。

だから、無理をしてそうなら、お互いともが、終わりにしやすいっていうのもありますよね。

ダブル不倫をやめてよかったと思えず後悔してしまうポイント

ダブル不倫をやめたいと感じた時、または「もういいか」と思ったときはやめ時だと思います。

では、ダブル不倫をやめる場合、後悔してしまいそうなポイントをここではご紹介したいと思います。

もう二度と会えない、声を聞けないこと

W不倫を辞めて良かったと思えず、後悔しやすいポイントは、「もう会えない喪失感」に包まれることです。

ダブル不倫が終わる時は、不倫相手のことを心から嫌いになったわけではないというケースが大半です。

なので、しばらくすると、「もう会えない」「声も聞けない」と現実を感じ、消失感が大きくなります。

もちろん、家族は残ってはいます。

ですが、不倫をすると決めたくらい好きな人を、生涯失うんですから、暫くの間、喪失感を感じる可能性が高いです。

刺激やときめきを失う

ダブル不倫をやめると、刺激やときめきを失う辛さを感じやすいです。

結婚生活は安定を求めるがため、平凡な暮らしをしている人は少なくないでしょう。

不倫恋愛の刺激やときめきには、麻薬のような効果があるといわれているので、「もう一度だけ感じたい」という欲望が湧いてきてしまいます。

家庭からの逃げ場所がない

ダブル不倫をやめたときには、家庭からの逃げ場所がなくなることが後悔しやすいポイントです。

W不倫をしていた時には、それが逃げ場所だったことに気づかないパターンが多いです。

家で上手くいかないことがあっても、ダブル不倫相手との時間で癒され、また楽しい気持ちにさせてもらえていた…。

不倫関係が全くなくなれば、家庭内が不調に陥った時に、あなたは自分の感情をコントロール出来なくなってしまうこともあります。

自分の中に溜め込んだり、大きな夫婦喧嘩に発展させてしまうことになります。

その状況しか知らなければ辛くないですが、一度でも逃げ場所を持つと、逃げ場所が欲しくてたまらなくなります。

ダブル不倫をやめてよかったと感じやすいこと

いつかは終わりが来るから良かった

どっちにしても不倫に良い未来はほとんど無いっていえます。

不倫関係って、いわばお互いが、諦めている関係性だからです。

なぜかっていうと、もともと、この世界に「いる」のに、「ずっと(今後も)、未来も側にはいない」って関係だから。

たとえば、不倫相手が、遠くに住んでるのであれば、偶然会うことも無い。

なんか、半分、「この世にいない人」ともいえるんですよね。

とにかく、どっちにしろ、ずっと一緒にいれないっていうのは、現実です。

そう考えると、虚しさに襲われ、「ここでやめてよかった」のだと晴れやかな気持ちになれると思います。

不安や辛さなど、マイナスな感情を感じなくてよくなる

ダブル不倫をやめて気づくことができるのは、不安や辛さなど、マイナスな感情を感じなくてよくなり楽になることです。

「恋人は素敵な時間と嬉しい言葉を沢山くれたけど、いつも悲しかった」こんな感想を抱く人は少なくありません。

W不倫をしている間は楽しかったり、ドキドキしたり、恋愛の楽しさのようなものを感じるでしょう。

ですが、一般的な恋愛とは違い、ダブル不倫関係は、「一緒に居ても寂しい、虚しい」、「どこか辛い」って気持ちがセットで訪れます。

たとえば、鬱病持ちの不倫はとても多いと言われていて、依存心が強い人の場合は、余計にメンタルが悪化します。

ほんの軽い気持ちでダブル不倫を始めたけど本気になってしまい、その反面で、嫉妬心や、さまざまな感情が渦めき、疲れてしまうこともあるでしょう。

不倫をやめたとき、「不穏な気持ち」から、解放されたと感じやすいです。

常にバレた時のリスクを考えずに済む

ダブル不倫がバレた時のリスクを考えなくてよくなるのは、精神的負担がかなり軽減されます。

ざっと考えただけでも、結構なリスクがあるといえます。

・多くの人を傷つける
・配偶者との離婚
・子どもに会えなくなる可能性
・周りからの信頼を失う

このようなダブル不倫がバレた際の大きな代償がすべて無くなるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

携帯を気にしなくてよくなった

LINE、携帯電話のメール、電話のやり取り。

携帯電話や連絡を気にする毎日だったと思いっます。

終わったばかりの頃は寂しい気持ちがたくさんの人も、携帯を気にする事もなく気持ちに余裕が出るようになったという方は多いです。

携帯をそこらに放置してられるのは不倫が終わって良かったと感じる要素の一つ。

携帯の扱いはバロメーターですね。

一人の時間を充実できる

ダブル不倫をやめてよかったという経験者の中には、一人の時間が充実したことを理由に挙げている人もいます。

相手のことを気にせず、自分のやりたいことに全力投球できるようになります。

好きなことに集中し、なにか別のことをスタートすることもできます。

ダブル不倫を終わらせると時間にも余裕ができて、自分ひとりの時間を楽しめるようになるのです。

まとめ

ダブル不倫は自分がしたくてしているはずなのに、不安や辛い気持ちになってしまうもの。

不倫相手と別れた後は喪失感に駆られるかもしれませんが、『ダブル不倫をやめてよかった』と感じる人は少なくありません。

もしもやめたいと思っている方は、それでもいいと思います。

ダブル不倫をやめてよかったと思える終わり方をしてくださいね。

恋の悩みは、オンラインカウンセリングサービス 「恋ラボ」で相談!

恋ラボは株式会社エキサイトが運営する、大人気の2018年に運営を開始した恋愛専門の電話・メール相談サービスです。

恋ラボの公式ホームページでは悩みから先生を絞り込めたり、人気のカウンセラーをランキングで紹介しているので、あなたにぴったりのカウンセラーを簡単に探すことができます!

初めて恋ラボに登録する人には、1,000円分のコインがプレゼントされるキャンペーンを実施中。

LINEアカウントをお持ちの方は、LINEアカウントで登録すると簡単にログインできます。

 

\初回1000円分無料/

スポンサーリンク
おすすめの記事