不倫相手は、既婚者・独身どちらがいい?違いやメリット・デメリット
スポンサーリンク

最近は、「恋愛は自由」という風潮が強くなっていますよね。

結婚後に旦那以外の男性と恋愛をする女性が増えました。

不倫は褒められないこと、って言われていますが、それでも甘い蜜を吸いたい女性は後を絶ちませんし、それは男性も同じことです。

では、ここでは、相手について考えてみましょう。

結婚後の不倫の相手は、独身と既婚の人、どちらの方が楽しく付き合えるのでしょうか。

私も経験があるので、不倫する人の相手の属性で悩むその気持ちはわかります!

それぞれのメリットとデメリットを見比べながら、悩んでいる人は、答えを出していきましょう。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

待機中の先生が見つからない場合は…

既婚者と不倫をするということ

相手が既婚者の場合、当たり前ですが、家庭を持っています。

いわゆる、「ダブル不倫」の関係性です。

ダブル不倫をしている、止められないという方は意外と多いのではないでしょうか。

こういった人たちの特徴は、お互いに配偶者や子供がいるので、基本的に家庭を壊したくないという思いのうえで不倫をしています。

既婚者と不倫するメリット

同じ既婚者なので、結婚生活のリズムを理解してもらえる

既婚の相手は家庭を持っています。

このため、リズムを理解していて、迷惑がかかるようなことはしないというルールの上で恋愛できます。

既婚者なので変な事はしないだろうという安心感

男性でも女性でも既婚者だったら、変なことはしないだろうという安心感があります。

無茶な要求をしてこない、離婚を求めてこない、などといった安心感があります。

子供がいる大変さをわかってくれる信頼感

相手が既婚者で家族がいれば、その大変さを分かち合うことができますよね。

家庭の話でも共感し合えたり、悩みや苦しみなんかも、ちょっとした家庭のネタなんかも、「あるある」って分かりあえることは間違いありません。

既婚者と不倫するデメリット

割り切らなければいけないというスタンス

自分としては遊びのつもりだった既婚者恋愛。

だけど、本気になってしまうことだって、もちろん起こり得ます。

そんなときも、気持ちが、暴走しないようにして、やんわりといい関係を続けなきゃいけない…!という苦労もあります。

どれだけ、一番仲が良かったり、スキンシップもあったりしたとしても、「恋愛ごっこ」をしているような状態になります。

そうなると、一体自分はどんな立ち位置なんだろうと悩むこともあるでしょう。

もう一歩先へ進むために、話をしてみるのもいいかもしれません。

制限がある

相手の男性が妻に財布を握られているケースもあれば、逆のパターンもありますよね。

子供が居たり、配偶者が居たりすると、会う時間にも制限が出てきます。

それを楽しめるならいいですが、段々とこれじゃ物足りない、もっとこういうデートがしたいのに…という鬱憤が溜まってくるかもしれません。

けして結ばれない

相手が既婚者で、ダブル不倫だと、相手がいる以上、けして結ばれることはありません。

どれだけ好きだと言い合っていてもそれがむなしくなることもありますよね。

ダブル不倫関係っていうのは、結局は結ばれない運命の二人だということ。

それは覆せない事実で、離婚をすることを選んだとしても、結局誰かを傷つけてしまったりと、辛いこともあります。

独身の相手と不倫するということ

自分は結婚していて、配偶者や子供がいても、相手がフリーだという状態。

この場合も、既婚者が相手の不倫とは違う、メリットやデメリットがあります。

独身者と不倫するメリット

時間の融通が利くので会いやすい

独身者が不倫相手だったとしたら、時間の融通が利くので会いやすいというメリットがあります。

お金をかけたデートや食事ができ、独身の時のような付き合いが出来るのが最大のメリットだといえます。

気持ちを独り占めできる可能性が高く、恋愛を楽しめる

独身の人と付き合うメリットは気持ちを独り占めできるのが最大のメリット。

恋愛の醍醐味はやはり二人だけの世界ですよね。

相手が独身なら、相手の気持ちをすべて独り占めできるので、本来の恋愛関係を200%楽しめるといえます。

慰謝料を払う心配がない

たとえば、男性の場合、相手の女性が既婚者で、相手の旦那にバレたりしたら、慰謝料を支払うことになります。

その点、相手が独身ならその心配はありません。

この差は大きいといえますね。

慰謝料請求される視点から考えたら相手は独身者を選んだ方が気楽だといえます。

独身者と不倫するデメリット

相手に恋人が出来たら、結婚したら…身を引かなければならない

独身の相手は、いつまでも独り者というわけではありませんよね。

相手が魅力的な人なら、恋人や配偶者が見つかる可能性は高いです。

恋人ができたり、相手の結婚が決まれば、身を引く覚悟が必要となります。

私も経験がありますが…これって頭で分かっていたとしても、実際にその時が来ると、「自分だけのものじゃなくなった」ってかなりショックを受けます。

割り切り感がないのでハマりやすく、家庭崩壊のリスクが高まる

相手が独身の場合は、恋愛を本気で楽しめる関係なので、独身の頃のようなドキドキ、ワクワク感を感じることができるのがメリットです。

だけど、その分ハマり過ぎてしまい、家庭のことが疎かになる、相手の嫉妬心が強くなり家族との生活を脅かされるなんてリスクもあります。

既婚者、独身者、相手は結局どちらがいいの?

不倫をするなら、「相手も既婚がいい」、「相手は独身の方がいい」って意見があると思います。

どちらを選べば、幸せになるのでしょうか?

結論から言うと好きだと思う気持ちにブレーキはいらないのでどっちでもいいのです。

相手が既婚者だと、やはり旦那・妻の存在もあるので、面倒です。

それと比較すると、独身相手だと、好きと思う気持ちにも行動にも制限がいらないので、楽かもしれません。

でもね…恋愛はそんな打算でするものじゃないです。

ダメだって頭で思えば思うほど燃え上がるし、相手が既婚者なら、絶対安心なんて保証はありません。

「別れるから結婚して」といってくる可能性もあります。

そう考えると、結局は不倫相手の「人間性」で決まるということです。

相手のことを大切に思っているなら、相手の迷惑になるようなことをするはずがないですからね。

そう考えると、独身だろうが、既婚だろうが、素晴らしい恋愛をすればいいってだけ。

相手の属性は結局どちらでもいいんだって私は思います♡

不倫相手との関係で悩んだらプロに相談しよう

不倫相手が既婚の場合、独身の場合、それぞれのメリットやデメリットなどを説明しました。

ここまで読んでも「不倫相手との関係をどうしたらいいのか」が分からない人もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが電話占いです。

電話占いは不倫の相談件数が最も多いので、親身になって的確なアドバイスをくれます。

電話占いで最も多く寄せられている相談が不倫

電話占いで最も多く寄せられている相談が不倫になります。

そのため、占い師の先生は不倫の相談に長けていると言えるでしょう。

不倫と言ってもさまざまな状況が考えられます。

完全に略奪したいと考えている人もいれば、不倫をやめたほうがいいのではと悩んでいる方もいます。

占い師の先生なら色んな相談を受けているので、あなたを否定せずに相談者に寄り添ってくれます。

きっと、不倫のお悩みもスッキリ解消できるでしょう。

まとめ

不倫問題はデリケートなので、周りの友達や家族に相談できない人も多いのではないでしょうか。

特に「相手が既婚者」だとか、「相手が独身者」で状況は変わってきます。

誰にも相談できないことがストレスになって、ひとりで抱え込んでいませんか?

相手が既婚者でも、独身でも、悩みは生まれてきます

そんなときは、不倫を否定せず受け入れてくれる占い師やカウンセラーに、これからどうすればいいのかを一緒に真剣に考えてもらい、アドバイスをもらいましょう。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

待機中の先生が見つからない場合は…
スポンサーリンク
おすすめの記事