スポンサーリンク

「思考停止」とは、自分の頭を使って考えることをやめてしまっている状態のことを指します。

最近では、日本人のほとんどの人がこちらの「思考停止状態」だといわれています。

実際に、周りに思考停止の人がいて、イライラしていませんか?

上司や、家族や、周りの人、思考停止状態の人間によって、被害を被っていませんか?

そこで、思考停止という状態の人の特徴や、その思考停止の人への対処法などをご紹介します。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
初回10分無料なので、お金をかけず、気軽に相談ができるのがおすすめなポイントです。こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?

思考停止とは?自分の頭で考えない状態

思考停止とは、脳の機能はあるけど使ってない。つまり自分の頭を使って自発的に考えることを止めている状態になります。

思考停止という言葉は、基本的にネガティブな意味を含んでいます。 悪い結果を招く原因になっているからです。

次のような人は「思考停止」に陥っているかもしれません。これらは思考停止状態だと言われています。

思考停止状態とは
  • 情報に対して自分の頭で考えない
  • 何かを信じて疑わない
  • 自分の中で、なぜだろう?どうしてだろう?どうすればもっと良くなるだろう?という問いかけをしない
  • 他人の言うこと、ネットに書かれていることをなんの疑問も持たず鵜呑みにする
  • ルールを遵守することだけを考え、疑問を持たない(ルール違反をする人間をただ敵視する)
  • 大衆の意見にその都度流される

思考停止は、基本的に自分で考えることをしない人たちです。

「諦め」や「決めつけ」が言葉に現れており、大衆に合わせて生きる人です。

誰かがこういっているから、誰かにこうしなさいといわれているから、こう決まっているから、というワードをよく使う人は、まさにこちらの思考停止に陥っている可能性が高いので気をつけないといけません。

その時点で、考えることを放棄してしまっている状態だからです。そこに明確な根拠がなければ、ただの思い込みですし、いいように踊らされているだけかもしれません。

思考停止ということは掴めるはずの幸せを逃すことになります。誰もがたどり着いている場所にしかたどり着けず、自分だけの景色を見ることはできません。

例えば、平和や正義、子供の未来のため、弱い人のため、といった言葉は、反論が難しく思考停止に陥りやすいワードの一つです。

思考停止でいることの問題点は?

思考停止でいることは楽かもしれません。周りに流されて生きていればそれでいいだけですから。

ただ、思考停止はいまや問題となっていて、「思考停止という病」という書籍まで発売されるほどです。

そこで、思考停止でいることの問題点をご紹介します。

惰性の毎日になる

思考停止に陥っている人は、言うまでもなく、惰性の毎日になります。

日常に流されて惰性感覚で生活をしている状態になり、活性化した毎日を送ることができません。

ひたすら現状維持の毎日で、刺激もなければ、行動が変わらないので、いわば新しい幸せを掴み取ることはできません。

例えば、いつも通いなれた道を通っていれば新しいお店に出会うことはありません。思考停止せず、自分で通いなれた道でない道を通ってみて、考えて発掘できる人が、意外な発見ができるものです。

思考停止は、楽かもしれません。ただ、日常にドラマティックなことが起きにくく、ドラマティックな変化や良い変化が起きづらいのが思考停止の人の人生です。

考えないので情報を鵜呑みにし真実を見極められない

フェイク情報や、フェイク動画、またなんの信憑性もない噂なども、「思考停止」の人は何の疑問も持たずに、鵜呑みにします。

大量にある情報の中で、多くの人が賛同をしていて、話題になっていれば、それが正しいのだと思い込み、何も疑問を持たずに、拡散し、真実を覆い隠してしまいます。

ときには、自分が関わった人でさえも、大多数の人が「○○はこういう人間だ」とフェイクで流してしまうと、何の疑問も持たずに、そうだと思いこむことも。

自分の頭で考えることができないので、容易にSNSで噂の拡散に便乗し、悪意で人を傷つけてしまいます。

小さな悪意で、その人の心を壊してしまうこともあるので、思考停止の人が集まれば厄介な存在になります。

問題を解決することができない

誰もが思考停止をしていれば、問題を解決する人間がいなくなります。

思考停止の人は、問題を解決することができません。

問題を解決するためには、そこで立ち止まり、考える必要があるからです。

なぜそうなっているのか?物事の背後や、本当の正体について考えて、自分で策を導き出す必要があるからです。

大多数の人が、思考停止であれば、多くの問題が解決しなくなってしまいます。

思考停止が問題になるのは、今までのやり方ではうまくいかなくなった時です。

たとえば、今の日本の状態を見ていても、何か新しいやり方を考えなければいけないのに、思考停止に陥っていて何も考えられない(=何の変化も起こさない)人が多いので、何も動かないというのが問題なわけです。

人生の問題、自分自身に起きている問題を解決できないので、人生は停滞したままになります。

思考停止を改善するには?

思考停止の改善のために必要なことは、当たり前ですが自分の頭で考える意識を持つことです。

一人ひとりが「諦め」や「決めつけ」をしないこと。

そして「これは本当にこれでいいのか?」「なぜこのルールを守る必要があるんだ?」「あの人は多くの人から嫌われているけれど、本当に悪い人なのか?」「そもそも、あの人は先生だけれど、本当に素晴らしい人なのか?」

好奇心を持ってあらゆることを考えてみること。自分で調べて考えてみること。誰かがいっているからそれに賛同するのではなく、あらゆる可能性を探ってみることです。

それは本当だろうか?
違った見方はできないのだろうか?
別のやり方はないだろうか?

粘り強くそう問い続けることです。

まとめ

思考停止に陥っている人が周りにいると組織は腐敗していきます。

ネット社会の現在、思考停止に陥っている人によって、あらぬ疑いをかけられ、真実が埋もれて、心が殺されてしまう人も出てくるでしょう。

多くの思考停止の人間によって嘘が拡散され、人の人生を破滅させることもできる世の中です。

情報は疑ってかかり、自分の目で確かめること。それが何よりも大切です。

粘り強く自分の頭で考えて人生を送りませんか?

それが惰性の毎日から抜け出す方法なのです。

手軽にチャット相談をするならトークCARE

サービス名 トークCARE
相談形式 電話相談・チャット相談
運営会社 LINE株式会社
運営開始 2018年
料金 電話相談 130円~/1分チャット相談 100円~/1分月額・年会費無料
初回特典 初回トーク相談10分無料

トークCAREは、2018年6月に始まった、LINEトークでそれぞれの分野の専門家に直接悩みを相談できるサービスです。

365日、24時間いつでも相談が可能な画期的なシステムで、LINEのトーク機能やLINE電話を使って専門家に「友達感覚」で相談できるのがポイントで、さらにとても使いやすく親しみやすいサービスです!

メディアで有名な専門家に初回10分無料で相談をすることが出来ます。

カウンセラーへのチャット相談なら、別途、通話料はかかりません。1分100円(税別)~ あなたに合ったカウンセラーを選ぶことが出来て、信頼の運用体制となっています。そして、名前も知られずに相談ができます。

実績豊富なプロ、全員、厳しい審査を通過した経験・実績豊富なカウンセラーですので、是非利用してみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事