Team.
スポンサーリンク

会社や地域コミュニティなどで、「無言の圧力」を感じていませんか。

空気を読む、周りに合わせる、周囲と同調をする、これらが同調圧力、同調行動と呼ばれています。

これらの同調行動はプラスにもマイナスにも働きます。

同調行動では有効に働いたり、メリットももちろんありますが、注意点やデメリットもあるわけです。

そこで、同調行動の特徴と、その怖さや注意点について解説したいと思います。

同調行動とは周りに合わせて自分の意見や行動を変えていくこと

私達は、周りに合わせて、自分の意見や行動を変えていくことが多いです。

空気を読む、周りに合わせる、同調をする…というのはこれら全て「同調行動」といいます。

同調行動とは
  • 無意識に周囲の人間と同じ行動を取る
  • 同調行動自体は人間の本能的な性質である
  • 特に自分一人だと心細いから周囲の反応を見て同じ行動を取ることで安心感を得る心理
  • 集団の中で自分一人だけが異を唱えると批判される不安があり、より一層同調する傾向にある
  • 自分で考えるのが面倒な時、気づいたら周りに同調する人も

このように、無意識に、周囲の人間と同じ行動をとったりする、本能的な性質であり、それ自体は悪いことでは有りません。

特に自分一人で心細いため、批判されないように同調をしたり、自分で考えることが面倒なので、考えることをせずに周りに同調する人も増えています。

特に日本ではこの同調をする気質が強いと言えるでしょう。

日本の同調圧力の正体と怖さとは

会社や地域コミュニティなどで、「無言の圧力」を感じたことのある人も多いと思いますが、これらは「同調圧力」と呼んでおり、同調行動とはまた異なるものです。

同調圧力とは「少数意見の人を多数意見の人に暗黙的に従わせること」ですので、職場や、仲間内、またグループ内では、無言のプレッシャーを感じることがあります。

無意識的に感じるプレッシャーなので、同調圧力を感じるコミュニティにいると大きなストレスになり、社会問題化されています。

日本では同調圧力を感じる機会が多く、日本人の特徴とも言われているんです。

同調圧力があれば、ストレスが溜まってしまうのはもちろんですが、それが間違っていようと、大多数の意見がまかり通ってしまう恐ろしさがあります。

集団の力は恐ろしいと感じたことは誰しもがあると思います。

まかり間違うと、集団の個人へのいじめに発展してしまいますし、貴重な正しい意見が押しつぶされてしまいます。

正しい意見や、正義さえ、通らなくなってしまい、大勢の意見の前で潰されてしまうことになります。

同調圧力によって、時には素晴らしい意見や人材を殺してしまうことになります。

同調圧力の克服法とは

同調行動は心理的にあるものですが、これらの同調圧力は、社会問題化されていて、強いストレスを感じる方もいます。

これらの同調圧力について、克服する方法についてご紹介したいと思います。

同調圧力を克服する方法とは
  • 同調圧力を感じる環境に近づかない
  • ストレスを溜め込まない
  • 安易に同調して後悔することがないように自分の頭で考える

同調をすることで、メリットもありますが、デメリットとなることもあります。

ある程度自分も納得した上での、同調行動であれば良いのですが、のちにマイナスの影響が出てくることがあります。また、自分の意見が通らず、同調圧力を感じるのであれば、そういった環境には近づかないようにしましょう。

例えば、同調した相手に問題があり、ストレスを感じる場合もありますので、ストレスを溜め込まない、安易に同調をして後悔しないように、毎回自分の頭で考えることが大切です。

周囲に流されない、主体性を失わないこと

同調圧力の最大の克服法は、「周囲に流されないように自分で状況を判断し、行動する」です。

すぐれた人物は、協調はするが主体性を失わず、むやみに同調したりしません。これは昔から、「論語」でもいわれていることです。

つまらない人物はたやすく同調するが、自主性を欠いています。周りに流されず、頭で考えることなく、同調していませんか。

「空気を読んで」他の人に合わせるのではなく、まずは自分で状況判断をしてみて、自分の意見を失わないこと。そのような環境なら離れることです。

常に冷静に判断をすること。

同調とは周囲の意見や反応に合わせて自分の行動や意見を変えることですので、みんなと一緒だから安心という考えを止めましょう。

「よくわからないけど、みんなが・・・」という人は結構多いですが、何も考えることなく、テレビや雑誌から垂れ流される情報をただ受動的に摂取し、拡散をしたり、同調することは避けておきましょう。

考えないほうが人間は楽かもしれません。ただ、それでもそれに慣れてしまうと、何も自分の頭で考えることが出来ない人間になってしまいます。

まとめ

同調行動や同調圧力についてみていきました。

同調行動、同調圧力については心理的にあるもので、日本人に多い気質ではあるものの、同調圧力を感じるシーンで、ストレスを抱えてしまったりすることも。

少数意見が封殺されてしまい、意見が通らないなど、危険なこともあります。

また、何も自分の頭で考えず、流されてしまっていたりして、毎日イライラを抱えていませんか。

そんな時は、その環境から離れたり、自分の主体性を持つことが大切です。

今、現在、同調圧力に悩んでいる方は第三者に相談をしてみるのも一つの方法です。

あなたは、今現在、空気ばかり呼んでいませんか?

はっきりと自分の頭で考えて主体性のある行動をしていますか?

今一度同調行動をしすぎていないか見直してみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事