人間は強者よりも弱者を応援する?アンダードック効果を使用した対処法は?
selective focus of theater director and actress with screenplay on stage
スポンサーリンク

アンダードッグ効果(underdog effect)とは、事前の予測で劣勢だったり不利だったりという情報が流れることで、同情によって応援や支援が増加する効果のこと。

「アンダードッグ(underdog)」とは「負け犬、弱者」のことで、「負け犬効果」「判官びいき効果」とも言われています。

こちらのアンダードッグ効果を使えば、恋愛はもちろん、犯罪や、ビジネスにも応用できると言われていますが、果たしてそうでしょうか?

そして、身近な自分の行動にも使ってみることがおすすめで、楽になれるのではないかと思うのです。

こちらについて見ていきたいと思います。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

待機中の先生が見つからない場合は…

アンダードッグ効果で弱者の応援をしてしまう心理とは

たとえば、アンダードッグ効果とは…。

あなたは、ワールドカップの試合で、カメルーン対ブラジルの戦い、どちらが勝つと思いますか?

圧倒的にブラジルが勝つと予想する反対に、「カメルーンを応援する」という方が多いのではないでしょうか。

なぜなら、いつも優勝するブラジルのような強者ぞろいのチームよりも、ブラジルほど強くなくても、サッカーで最強国と戦う権利を得ることが出来た、「努力を続けてきた、魅力的な貧しい国」を応援したくなるから。

同情や応援を獲得するには、もちろん、当初は優勢だった他候補に負けず劣らず、努力や魅力、実力を兼ね備えている必要があるのですが、勝敗予測で「不利」とされていたとしても、同情や共感から多く応援を獲得することができるんです。

そして、逆転勝利に至るという例すらあります。

人は、本能で最後は必ず弱者を応援します。

まるで、ハンディを負っている、予算の少ない弱小チームであったとしても…。

あるいは、毎回僅差の2位で無念の涙を飲んでいる、いつも努力が報われないといったシチュエーション、こういった場面は、実はかえって同情や応援を集める心理的効果を持っています。

アンダードッグ効果に対して、多くの人に支持されているという情報によってさらに支持が増加する効果を「バンドワゴン効果」といいます。

弱い、または不利な人を応援したくなる心理、この心理を使うことで、たとえばビジネスで成功するとも言われていますが、その他のシーンでもこれって自分の中で取り入れるべきではないかと思うのです。

人付き合いや恋愛面においても、この心理を使ったら…?

あなたもそういった経験がないですか?

自分は正しいことを言っているのに、なぜか周りは自分に冷たい。

明らかに相手が悪いのに、相手に同情が集まってしまうケース。

そして、なぜか悪いことをしているけれど、犯人側に同情が集まっているニュースなども目にします。

そして、普通の正攻法の勝負や、言い争いなども、実力は同じか、相手が弱いのに、相手の方が応援してもらっていることがあります。

これはアンダードック効果で、相手は周りの同情と共感を自分よりも集めてしまったから。

別に応援などいらない、って思うかもしれません。ただ、こうなると、勝負で勝ったとしても後味が悪くなってしまうことになります。

大事な人に大事に思われたいなら、やっぱりこのことは頭に入れておく必要があります。

相手の心を鷲掴みにするには…?

人付き合いにおいては、自分の弱さをさらけ出したくないかもしれません。

たとえば、仲良くなりたい相手には、「自分のだめな一面」を見せるととても良いのです。

同情の心理が働くことによって、応援したいという気持ちにさせられ、「守ってあげたい」と感じさせることができるのです。

ただ、いつも弱いとそれは良くないので、時々見せる弱さが重要です。

女性の場合ももちろん、何かあったらこれは対処しきれないと頼ることだったり、時折ダメなところを話してみたり、反対に普段は、女性をグイグイとリードしていたとしても、たとえば失敗をしてしまった場合には、しょげてしまっていたり、反省の色を見せてみたり、そういったところを見せたほうがグッと来る人が大半です。

つまるところ、仲の良い人に対しては、反省や、ダメな一面を見せたほうが、相手の心は、鷲掴みにされ、ついには涙腺崩壊に至ります。

どんなときでも強気でいることが応援されるとは限らない

頑張ってもうまくいかない現実。

切なくて深い愛情。

そしてカタルシスと感動。

情感豊かな物語である「一生懸命さ」。

普段強気な人でも、時には、涙をすることや、ダメだったところ、弱いところを見ると、この人にもこういったところがあるんだ。と、人は応援したくなります。

こちらの原理を使うことで、たとえばクラウドファンディングが成功したりもします。

応援してあげないとこの人はだめだ、守ってあげなければ、という気持ちが湧き、大切な人が側にいるようになります。

成功している人、支持が多い人は、計算で、この手法を上手く取り入れています。

ただ、恋愛を含めた、人付き合いや、身近な人相手となると、計算というものでは辛くなります。

ただ、自然にいつも強がりではなく、本当の姿を見せて、弱さも見せること、これに尽きますよね。

計算せずに、悩みや辛いことを打ち明ける

意中の人と2人きりになれたときに悩みや辛いことを打ち明けたり、或いは自虐的に言うなど、「この子を幸せにしてあげたい」「守ってあげたい」と相手の人に思わせる…。

と、いうよりも、最初から悩みや辛いことは隠さずに時折、打ち明けることがおすすめです。

たとえば職場での上司との争いが起きたとして…。

女性の場合って最初から形勢不利なことが多いので、助けを求めたほうが周りの助けをスグに借りることが出来たりします。

男性の場合は、差し障りがない程度に心の中の弱い部分を見せることで、女性の母性本能をくすぐることができるのです。

男女ともに同じと思いますが…。

常に強気の人もいいかもしれないですが、別に一人でいい、ずっと強気、前向きモードでいられると、応援する意味もなくなっちゃうっていう感じですよね。

計算というか普段から素直に、時折弱さも見せるということで、本当に大事なのは、自分は無力だって言うことを悟ること。

自分の中に弱さを抱えているということを認めることです。

まとめ

アンダードック効果というのは、ビジネスや、恋愛面でこれを使うと応援したくなる心理をいいます。

なぜか相手に味方がついてしまい、自分には味方がいないと感じてしまうことはありませんか?

それは、アンダードック効果により、あなたが感情を周りに訴えなかったからです。

計算をしなくても、時折弱さを見せること、強い場面ばかりを見せずに、病や、悩みや、その都度辛い感情を吐き出すだけで良いのです。

つまりは、相手の感情に訴えること。

すると、相手に応援してあげたい、守ってあげたいという感情が芽生えるので、たとえば本当に大事な人からも応援してもらうことが出来ます。

まずは本当の自分の弱さも認めることです。

ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

待機中の先生が見つからない場合は…
スポンサーリンク
おすすめの記事