自己犠牲をやめたい…犠牲にならない生き方とは?自分を擦り減らす人へ
Processed with VSCO with a5 preset
スポンサーリンク

「どうして自己犠牲をしてまで、不快な相手に合わせているんだろう?」
「悪いのは相手なのに、なぜびくびくしているんだろう?」

「よからぬことにパワーを使って、自分が犠牲になっていない?」

こんな悩みを抱え居ているなら、あなたは少し自分を蔑ろにしすぎているのかもしれません。

自己犠牲とは一見美しく見える行為ですが、心も体も、自分自身が少しづつ壊れていく怖さも秘めています。

人間関係・恋愛、全てにおいて、自己犠牲をしていると、心がすり減る一方です。

自己犠牲とはなにか?どんな原因で自分はそうなっているの?克服する方法はあるのか?を参考にしてみてください。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

待機中の先生が見つからない場合は…

自己犠牲とは?自分を大事にできない人へ

自己犠牲とは、何かの目的がある、なしに関わらず、自分自身の時間・労力・生命などを他者に捧げることを意味します。

『自己犠牲』は聖書の世界や、仏教の世界観として生まれた言葉。

現在一般的に日常会話でこの言葉が使われる場合は、自分を過度にないがしろにして、無理をしてまで、他者に献身的に尽くしすぎてしまう特徴を持った人をいいます。

最後には、相手に幻滅をしたり、力尽きたり、(体調不良、無気力、軽い鬱病)を発症し、再起不能になってしまう人もいます。

自己犠牲をしてしまう原因

自己犠牲をしてしまう原因にはいくつかの原因があります。

原因は一つではなく、複雑に絡んでいることもあります。

前世からのカルマである

スピリチュアル的には、自己犠牲をしてしまう精神は、前世からのカルマを抜け出せていないからだといえるでしょう。

誰しもが、前世でなしとげられなかったことを成し遂げる目的を持って、生まれてきたと言われています。

要するに、何度も前世で成し遂げることができなかったことが、その自己犠牲をしすぎる精神を、切り捨てる強さを持つこと。

それが現在でも続いているので、根深い精神の悩みとも言えるでしょう。

自分を犠牲にしないと、褒めてもらえなかったのでそうしてしまう

あなたの親はどんな人でしたか?

厳しく威圧的で、兄弟姉妹を比較したり、あるいは何かができたときにしか褒めてくれない、結果重視の人ではありませんでしたか。

幼い頃から自分を犠牲にするのが当たり前になっているかもしれません。

親から認められたいために、知らず知らずのうちに、子供らしい自己の欲求を犠牲にしてきたのでしょう。

そういう人は、気づかない内に、自分の気持ちを後回しにしている、という傾向も見られます。

もちろん、それがプラスに働いてきた面もあります。

ですから、自分がどうして自己犠牲的な考え方をしてしまうのか、理由が良く分からないという場合は、幼少期を振り返ってみると良いでしょう。

基本的には、自己犠牲をする人は、自分自身を「いけにえ」として差し出しています。

どうしても、見捨てられなかったり、気持ちはないのに、そこで避けてしまうと、自分が気持ち悪くなってしまう。

賞味期限が切れているものを置いておいてしまう、もったいないから、可哀想だから、と温めておいてしまいます。

行き着く先は、自分自身が、身も心も削り、ボロボロになってしまうのです。

争うことが怖いから

自己犠牲精神が強い人は、基本的に「怖がり」です。

自分の気持ちを後回しにする人は、自分が激しく罵られたり、ケンカになったり、口論になったり、期待に答えず、断ることで、相手に批判されることを極端に恐れている人が多いです。

それなら自分の気持ちはぐっとこらえて、耐えてしまうことが多いのです。

その気持ちをぐっと飲み込んで、つい相手の言うことを聞いてしまうのです。

自分というものの価値を低く考えている

自己犠牲精神が強い人は、総合的には、自分はどうでもいいちっぽけな人間なので、自分の意見や気持ちには価値がないと考えています。

自分の能力には価値がなく、自分の才能にも、自分の考えにも価値がないものだと。

ろくな人間ではないので、だから相手のやりたいことを優先にするのが、当たり前のことなんだ。こういう考えをしています。

主に幼少期の、親からの押さえつけが原因で、自分を表現するほど自信がありません。

「自己肯定感の低さの現れ」なのです。

自己犠牲を克復する方法はあるの?

ここまでで自己犠牲をしてしまう原因が分かりましたか。

そこで自己犠牲を克服する方法をご紹介します。

我慢しすぎないようにしましょう

  • 期待されているから、時間を削って作業してしまう
  • 本当は自分の服も買いたい、家庭のために頑張らなくちゃ
  • 今日は疲れたし家でゆっくり休みたいけど、彼や友達が会おうって言うから…

どうでしょうか、あなたはこんな風に、常に本当の気持ちを我慢してはいませんか?

これは一見して、相手に合わせてあげる優しさや、一生懸命な気持ちにも、何ら間違いはありません。

しかしこれらの我慢が、積み重ねが、いつも行われているというのが、あなたの気持ちや体、何より人生そのものを辛くしていくのです。

今の自分は、どの程度我慢しているのか。ずっと我慢してしまっているのか。どこまでが本気の気持ちなのか。それをじっくり確かめてみてください。

自分が大切だということを忘れない

相手に合わせる行動というのは、元々は人への優しさや、控えめな性格からの譲歩から来ています。

でもこれが続くと、相手に対しても疑問を持つようになり、それが自分の心を蝕んでくるのです。

無理をして、子供のために命を捧げたとして、自分が子供なら嬉しいでしょうか。

相手に無理をして合わせたとして、相手のためになるでしょうか。

そうではないと思います。

ですから、どんな時も、自分はとても大切な存在なんだ、という考えを持つようにしてください。自分を大切にしなければ、人も大切にできません。

怖がりになりすぎない

もしあなたが今まで我慢していた、自分の本心や要求を口にしたことが原因で、相手が気分を害したり、あなたを攻撃してきたりしたとしても、それは普通によくあることです。

特に、このタイプの人は攻撃に弱いです。

ちょっとくらい誰かに嫌われたといても、それは大した問題ではないのです。

あなたは繊細で、誰のことも傷つけないように、気をつけてきた結果、自分を傷つけています。

怖がりすぎず、些細なことだと考えられるような「一般的な普通の強さ」を覚えるようにしてください。

罪悪感をなくす

自己犠牲精神の持ち主の人には、罪悪感が潜在意識にあると言われています。

私は誰かのために何かをしないと申し訳ない、意識していなくても、実は困っている人を見たら、自己犠牲的にハードワークをしてしまいます。

でも、いつまで経っても罪悪感がなくなるわけではないので、そのうち力尽きる…そんなパターンに陥ります。

このパターンの場合は、罪悪感を癒すようにしていきましょう。

カウンセリングや、相談などで、これからの人生を『自分のために生きる』とコミットメントすることが大切です。

まとめ

自分を犠牲にしてまで、他人に尽くす人はとても優しい人だと言われると思います。

ただ、自己犠牲をしている人は、自分が自己犠牲をしていることに気づかず日々を過ごしています。

自分さえ頑張れば、自分さえ認めてもらえれば、合わせておけば、誰かに悪く言われたくないから、今まで理不尽なことに耐え、大変なことを1人で無言で引き受けています。

しかし、ずっと我慢し続けることができる人は、残念ながらいないので、体や心を蝕んでいきます。

あなたの中の何かがすり減り、そして次第になくなってしまいます。

衝突するのは怖いかもしれません。

誰かに頼るのは勇気がいるかもしれません。

だけど、そこから開放されなければ、自分自身が壊れてしまう日がきっときてしまいます。

ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

待機中の先生が見つからない場合は…
スポンサーリンク
おすすめの記事