ディスカッションが苦手…HSPでディスカッションが苦手な人が克服するには?
スポンサーリンク

ディスカッションが苦手…っていう人はいませんか?

リーダーとまではいかなくても、積極的に話し合いに参加し、自分の考えや意見をバンバン言える人もいます。

その人たちとは反対に、話し合いになると自分からは意見をあんまり発することができない人もいます。

私はディスカッションが苦手で、誰かとの議論、討論やグループワークも全部苦手。

私は口調や雰囲気で、討論や話し合いが好きなように見られるけれど、実際はその反対で、意見を言い合うみたいなことがそもそも好きじゃないです。

討論番組もテレビ番組では見ないです。

コロナウイルスの影響で、グループディスカッションがZoomを通して行われることもあれば、ディスカッションが求められるシーンってあると思います。

HSPの人は、特にこれが苦手で困っていませんか。

そこで、話すことが苦手な人が、議論をしなければならないシーンの克服方法についてご紹介します。

今すぐチャット相談をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

西洋占星術や、星座占いはもちろん、霊感、タロット占いであの人との相性や、恋の悩みを解決することができます。

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

待機中の先生が見つからない場合は…

ディスカッションへの苦手意識を変えたい…なぜ苦手なの?

ディスカッションへの苦手意識を抱えていませんか。

結論から言うと、これHSP気質っていうのが大きいです。

  • 「早く話し合いの時間終わってほしい。」
  • 「私以外みんな話し合いに参加している。」
  • 「みんなの話にうまく乗っかることができない。」
  • 「自分ってやはり人と関わることが苦手なのかな。」

でも、ディスカッションが求められることって結構多いです。

小中学校のちょっとしたグループワークであったり、4人以上の友達同士の会話に対し苦手意識を持っているけれど、そういうシーンが有ることも多いです。

そもそもディスカッションとは

そもそもディスカッションとはどういったものなのでしょうか?

そもそもディスカッションとは
共通の目標達成のために、他者と意見(自分が考えていること)を交換すること
ディスカッションとは共通の目的達成のために、他者と意見交換をすることになります。
必要な条件
①相手の話を聞く姿勢(自分の意見が絶対とならない)
②相手の話を理解する力
③自分の考えを持つこと
④自分の考えを人に伝える力

これらの役割が必要になります。

そして、役割を誰かが担うことになるわけです。

HSPの人がディスカッションが苦手な理由

HSPが気質にある人の場合って、まず人と意見交換することが苦手です。

これはなぜかというと、HSPの約70%が内向型だと言われています。

このようなタイプの人は、他の人からの威圧に弱く、大勢の場で積極的に発言することを好みません。

  • 人付き合いが苦手
  • 大勢で過ごすよりも一人でいる方が好き
  • 繊細
  • 自分を攻撃されているように感じる
  • 何事も深く考える

そして、就職活動などの面接の初段階で行われるグループディスカッションはスクリーニングが多く、「合うか、合わないか」などは判断されず、いきなり役割を振り分けられることになります。

例えもし、普段はリーダーをやらないようなタイプの人が、グループディスカッションでリーダーを担わされることになります。

HSPの人は、人前で話すことや大人数の場での発言が苦手ということが多いのですが、そんな方にとって自分の得意でない役割を押し付けられる「グループワーク」は非常に辛い時間になるわけです。

ディスカッションの苦手意識を克服するには?

私も、グループワーク(ディスカッション)は苦手だし、誰かと討論とか意見交換するのも苦手です。

議論や意見交換って自分が攻撃されるような気持ちになるし、その場から早く立ち去ることだけ考えていますね。

でも、ディスカッションを実施するところは未だに結構多いです。

  • 学校の授業
  • 就活・面接時
  • 仕事での研修時

避けては通れないグループワーク。だったら、合理的に対策をして挑みたいですよね。

気質は変えられないんだから、そのための対処法を知っておくことで、乗り越えやすくなると思います。

ディスカッション苦手な方は書記を

人にはそれぞれ役割があります。

クリエイティブなアイデアを出すアイデアマンや、発表をするプレゼンター、話しやすい雰囲気づくりをするムードメーカーなど様々な重要な役割があると思います。

ディスカッションにもいろんな役割があります。

【書記】の場合には、出された意見をまとめる役割で、必要なスキルは文章力や要点をまとめる編集能力がスキルとして必要になります。

もしも、ディスカッションで発言をすることが苦手だったり、皆の間に入っていくのが嫌いだという方は、ノートにまとめる書記を請け負うと良いでしょう。

みんなが言っている意見を書いてまとめるということは、必然的に自分の意見を述べる機会が減ります。

しかし、その分、書記の人は書記としての能力が求められるのですが、私は字が丁寧でよくまとまっているということで、その点で評価してもらえたりしました。

自分たちで話し合って役割を決めるパターンでしたら、自分の得意な役割に立候補するのもありです。

毎回同じ手は使えませんが、大体ディスカッションが行われるのって、一度きりなので、誰も能力を知らないわけです。

なので、最初に名乗り出てしまえば、得意分野でこなせるというわけです。

なるべく最初のうちに発言する

発言するなら早い方が良いのではないかと考えます。

最初は緊張するかもしれません。

でも、後になればなるほど、どんどん発言しづらくなってしまいます。

一番最初に発言してしまう場合、注目が集まります。

大体二番目の人の発言の場合は、それが的外れであっても、話し合いは始まったばかりなので勝手に軌道修正されていくはずです。

私のおすすめとしては二番目です(笑)

発言しました感がありますし、参加している感満載で進めていくことができます。

最後まで発言できないと、どんどんハードルが上がっていくどころか積極性がないとみなされてしまうので注意が必要です。

親しい人にディスカッションが苦手だと伝えておく

HSS・HSPの人が「人見知り」「大勢が苦手」って感じるのは、そういう「人の気持ちにも敏感」ということからくるのかもしれません。

ですが、私も含めて、見た感じでは、話すの得意そうだとか、苦手なように見えないってことも結構あるんです。

だから、そういう人って「言わないと気づいてもらえない」ことがほとんど。

なので、親しい人にディスカッションや意見を交わすことそのものが苦手だって伝えておくと良いでしょう。

そうすると、そういったグループでの雑談だったり、ワークみたいなのに誘われなくなるので、とても楽になります。

ガンガン皆と話したい人じゃなきゃだめ?そういう性格じゃない。ってことを知ってもらっていることが大事です。

普通の個別面接のみのところを選ぶ

私の場合は、ディスカッションが嫌いなので、そういったところを選ばず、個人面談のところしか受けなかったです。

全ての場面でこれが求められるわけではないので自ら選ぶことが大事です。

HSPでディスカッションが苦手な人も、個人面談なら、自分の良さを発揮できるんではないでしょうか。

自分さえシミュレーションしておけば、何社か受けたらいやでも慣れていくと思います。

まとめ

グループワーク、ディスカッションが苦手、嫌い、という人は多いんじゃないでしょうか?対処法としては、まず、自分はどのタイプなのか知ることが大事です。

苦手を克服というか、気質は変わらないので、自分の得意な分野でやってみることと、視点を変えて自分を活かせるところでやっていくことが大事。

今の悩みを解決する一歩になると思います。

今すぐチャット相談をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

西洋占星術や、星座占いはもちろん、霊感、タロット占いであの人との相性や、恋の悩みを解決することができます。

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

待機中の先生が見つからない場合は…
スポンサーリンク
おすすめの記事