スポンサーリンク

現代に多い「嫌がらせ」。

ネットの誹謗中傷を含め、現代では大なり小なり嫌がらせに悩むことがあると思います。

たとえば、ご近所トラブルや全く犯人に心当たりのない嫌がらせ・いたずらなどの被害を受けた場合、警察に相談しようと思う方も多いです。

ただ、しかし警察は必ずしも動いてくれるとは限りません。むしろ犯罪絡みではない限り、動いてくれない場合の方が多いのです。

ではそんな場合、どうすれば警察が動いてくれるのでしょうか。あるいはどのように解決していけばいいのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
初回10分無料なので、お金をかけず、気軽に相談ができるのがおすすめなポイントです。こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?

犯罪に至らない嫌がらせ行為が増えている

目に見える嫌がらせ、犯罪行為に該当する場合には、警察や訴訟などがおすすめです。

ただ、今の時代に多いのが「犯罪に至らない嫌がらせ行為」です。

こういった嫌がらせは、比較的軽微で刑法等に定められた犯罪にあたらない場合が多いと思われます。

嫌がらせは人目を忍んで行われることが多いため、犯人の特定と証拠集めが難しいです。

犯人もわからず証拠もないという案件を解決するには、限られた警察の人員ではほぼ無理です。そのため警察は、被害届の受理自体を避ける傾向にあります。

また証拠がなくては被害が本当にあったことなのか警察も判断できませんし、警察の助けを借りることはほぼできません。

警察を動かすためには

警察を動かすためには、これらのことが必要です。

警察を動かすためには
  • 被害内容の証明
  • 犯人の特定
  • 有罪を証明できる証拠

警察を動かすために必要なのが、有罪を証明できる証拠です。誰が・いつ、刑法に触れるどのような行為を行ったのかを証明するのです。

しかしたとえ犯人を刑事罰に問えたとしても、嫌がらせが解決できるかどうかは別の問題ですし、凶悪犯罪を優先する警察に訴えても取り合ってもらえるとは限りません。

損害賠償請求訴訟・行為の禁止を求める手続きを求めるしかない

嫌がらせ行為が繰り返し行われ、程度がひどい場合には、裁判所の手続きとしては、ストレートに、具体的な嫌がらせ行為をするなと裁判所から禁止を命じる判決を求める民事訴訟があります。

ただ、コチラの場合にも、嫌がらせ行為を示す客観的な書面、物などの証拠が必要になります。

そして、そのような嫌がらせ行為に対してもっとも一般的な対応は、嫌がらせ行為をしている者に対して配達証明付きの内容証明郵便で、そのような行為を止めるように求める警告書を発することです。

ただし、こちらは、本人が自分で出すこともできますが、弁護士名の警告書を受け取らない限り、通常の人は改めないことが多いでしょう。

したがって、弁護士に相談することも検討する必要があります。当たり前ですが、弁護士は費用がかかってくるので、そもそもお金がなければ、依頼をすることができません。

嫌がらせが怖い、不安…そんなときに嫌がらせの被害を相談するには?

すぐ、嫌がらせと言うと、警察に相談したら?という風に言う人もいます。

でも、嫌がらせ・いたずら被害は、警察に訴えるばかりが解決法ではないです。

相談に乗ってアドバイスをしてくれるケースはあります。

警察相談専用電話♯9110では、受け付けていますが、なかなか動いてもらうのは難しいです。

そして、嫌がらせで心底参ってしまうことってありますよね。

そんな時、話を聞いてもらい、楽になりたいはずです。

そこで、嫌がらせ被害の相談先・解決策をご紹介します。

誰でも専門家に相談できる「トークCARE」などで相談をする

おすすめなのが、トークCAREというLINEの提供しているチャット・電話相談サービスです。

LINEは、女性が抱える悩みを専門家にチャットで相談できるサービス「トークCARE」を開始しました。24時間365日相談をすることが出来て、LINEのチャットや電話機能を使って相談をすることが出来ます。

有名なカウンセラーに、24時間嫌がらせに関する相談も可能ですし、電話・チャット相談で初回10分から無料相談が可能です。とても心強いですよね。

嫌がらせといっても、大きな嫌がらせから、小さな嫌がらせで、犯罪などに該当しないけれど、心を傷つけられたというケースもあると思います。

そんなときに、何よりも、頼る人や、相談する人がいないときに、メンタルのケアをしてもらうことができるのもメリットです。

犯人と物理的に接触を断つ

こちらは、ある意味最も完璧な解決法です。
強制的に終わらせるため、終わりにできる方法を提示したり、あるいはその場所から離れる、引っ越しや転職をしたり、ネットなら、そのネットでの活動を止めることです。
しかし被害者にとってはすっきりしない結果となります。
解決にはなりますが、相手の思うつぼになり、悔しい思いをすることも。この手段しかなくなる前に嫌がらせを上手く解決することが望ましいですね。

自分で直談判する

法的手段を取らず、相手と直接交渉する方法です。弁護士に間に立ってもらう方法もありますが、歩み寄って解決する方法があります。

ただ、話の通じる相手ではないケースもありますし、嫌がらせに疲れ果てていて、話すこともできない、また相手の素性がわからないので怖いという場合は直談判は危険ですよね。

ストーカー行為等もこれに該当しますので、直談判は危険なケースも。

第三者に相談することで、思わぬ解決の糸口が見つかるかもしれませんから、そんな時は、一人で悩まずに、まずは誰かに相談してみましょう。

トークCAREで初回10分無料相談をする!

まとめ

嫌がらせについても、さまざまなタイプの嫌がらせがあります。

目に見える嫌がらせから、犯罪に該当しない嫌がらせもあり、ただ、周りからみて大したことではなくても、心を傷つけられた、というケースもあると思います。

必ずしも、警察や弁護士が動いてくれるようなケースばかりではありません。用意周到な嫌がらせのケースだったり、陰湿なネットの嫌がらせもありますよね。

そんなときに辛いなら、第三者に相談をするようにしましょう。

物理的に接触をたったとしても、まだ怖いという場合や、その他不安ごとがある場合も同様に、相談先があれば頼りになるはずです。

手軽にチャット相談をするならトークCARE

サービス名 トークCARE
相談形式 電話相談・チャット相談
運営会社 LINE株式会社
運営開始 2018年
料金 電話相談 130円~/1分チャット相談 100円~/1分月額・年会費無料
初回特典 初回トーク相談10分無料

トークCAREは、2018年6月に始まった、LINEトークでそれぞれの分野の専門家に直接悩みを相談できるサービスです。

365日、24時間いつでも相談が可能な画期的なシステムで、LINEのトーク機能やLINE電話を使って専門家に「友達感覚」で相談できるのがポイントで、さらにとても使いやすく親しみやすいサービスです!

メディアで有名な専門家に初回10分無料で相談をすることが出来ます。1分100円(税別)~ あなたに合ったカウンセラーを選ぶことが出来て、信頼の運用体制となっています。

匿名で自宅から気軽にカウンセラーに相談できるので、職場いじめなどの悩みにも、利用できるのが強みです。

スポンサーリンク
おすすめの記事