スポンサーリンク

世の中にはジェラシーの塊のような人と、反対に全く嫉妬をしないタイプの人がいます。

両方両極端ですが、嫉妬をすぐにしてしまい、メラメラと嫉妬の渦に巻き込まれがちな人にとっては「嫉妬をしない人」については、別の次元の人みたいで、謎に思ってしまいますよね。

また、彼氏や彼女が「全く嫉妬をしてくれない」「ヤキモチを焼いてくれない」と悩んでいませんか?

そんな方に、嫉妬しない人の心理を解説していきたいと思います。

この記事がヒントになれば幸いです。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
こういった大手のサービスを利用してみませんか?

そもそも嫉妬しやすい人はどんな人なのかしっておこう

嫉妬を全くしない人の心理をしるためには、まずはそもそも嫉妬しやすい人がどんな人なのかということを知っておく必要がありますよね。

以下の人が嫉妬しやすい人の特徴だと言えます。

  • 一番でないと気がすまない、プライドが高い人
  • 自分に自信がない人
  • 思い込みから不安を抱えやすい人
  • 独占欲が強い人

嫉妬しやすい人の特徴として、まずは「独占欲」が強い人があります。

そして自分に自信がなく、不安になってしまいやすい人。

恋愛経験が少なくて、自分にそこまで自信を持つことが出来ない人などが挙げられます。

自分が絶対に他の男性、女性よりも優れていて、選んでもらえるという自信があれば、嫉妬をしないはず。

嫉妬をする人は要するに、潜在意識でどこか自信に欠けている人なんです。

嫉妬と独占欲について

恋愛における嫉妬の中でもっとも大きな感情が、この独占欲だと言われています。

「相手の愛情をすべて独占したい」という独占欲です。

自分の独占状態を脅かす存在が出てくると不安になり、その存在を排除したいと思うようになります。これが独占欲なんです。

そのときに感じる「悔しさ」は嫉妬感情のひとつです。

たとえば、元彼女、元カレなどは、復縁がなかったとしても、「彼から愛された」「彼女から愛された」という同じ状況の親密さという側面で自分のほうが劣っているという劣等感を抱くからです。

特に負けず嫌いな人は、この感情が強い傾向にありますので、その場にいなくてもメラメラと嫉妬の感情が湧き上がってきます。

嫉妬しない人の特徴①割り切れる人

さて、嫉妬しない人の特徴として、嫉妬を良くする人の「真逆」であることは理解できますよね。

さらに、嫉妬しない人の特徴として、それは「割り切れる」いう特徴があります。

ずばり嫉妬しない人は「割り切りができる人」であり、頭で考えて割り切ってドライに考えることができる人。

自分に自信があるというのはもちろんですが、「他に誰かがいたところで、嫉妬しても意味がない」だとか、「自分も同じように楽しめばいい」と人もいますし、割り切りで大人な恋愛を楽しむことを知っている賢いタイプだからでしょう。

賢く合理的なタイプなら、嫉妬心も薄いです。

嫉妬はただ自分の心がモヤモヤするだけで、メリットなどありませんから。

賢い人は、頭で合理的に考えて自分の中で処理できてしまうので、無駄に嫉妬しない事が多いです。

嫉妬しない人の特徴②相手の気持ちを縛らない人

嫉妬しない人は、「嫉妬をしても相手の気持ちは変えられないし…」と割り切っている割り切り型が多いと述べましたが、さらには性格的にはさばさばタイプが多いです。

どんなに嫉妬しても、相手の気持ちが変わってしまうときは簡単に変わることを知っているので、それを縛り付けることをしない人。

嫉妬をしてしまう人は、相手の気持ちをどうにかしようと縛ってしまい、どうにもならない思いを抱えて、嫉妬します。

嫉妬をしない人になるためには、どんなに嫉妬をしても相手の気持ちを変えることはできないと知っていますので、縛ることを止めると解決しますよ。

相手は、あなたの所有物ではありません。

その人は、その人です。

嫉妬をしない人は、相手の行動を縛ることも考えを否定することもできず、受け入れることしか出来ないことを分かっているのです。

嫉妬しない人の特徴③アイデンティティーが確立されていて、競争心がない

嫉妬をしない人というのは、自分の意見をしっかり述べることが出来て、自信を持っている人。

元々の劣等感が少ないので、人と他人を比べることがあまり有りませんし、特に恋愛経験が豊富で、多くの経験を積んでいるので、多くの部分で「すでに自分が勝っているだろう」と根底の自信が打ち砕かれることが有りません。

愛情がないからではなく、アイデンティティーがしっかり確立されているからと思っておくと良いでしょう。

嫉妬しない人は、自分の優れた部分を自分でわかっているからこそ、無駄に競争心がありません。

だからこそ、ちょっとした相手では、自分が負けることはないと踏んでいるので、嫉妬感情が沸き起こりにくいのです。

他に目移りをしたところで、結局戻ってくるというそこはかとない自信

嫉妬をしない人は、相手がたとえ目移りしたって結局戻ってくるという自信を持っているからです。

そして、彼・彼女を信頼してるからというのも理由の一つです。

他に目移りをしたところで、戻ってくるという自信があるのと、そういった浮気ができないタイプだと見抜いているからこそ、嫉妬をしないのです。

嫉妬しない人の特徴④今の恋人だけじゃないと考えている

恋人と付き合っていると、「この人しかいない!」と思ってしまいます。

好きな証拠ですし、相手のことを大切にできる素晴らしい気持ちです。

嫉妬をしない人は、この点でも割り切りをしていて、別れたら次の恋愛にいけばいいし…と考える方が多いです。

残酷なようですが、愛していないわけではなくても、非常に現実的な人が多いです。

ですので、「恋人は今の人だけじゃない」と思っていたりします。

嫉妬をしない人は、「私だって次の人いるもんね~」くらいの余裕があるので、嫉妬感情が沸き起こりにくいのです。

番外編:嫉妬をしない彼・彼女に嫉妬をしてもらうには?

ヤキモチを全く焼いてくれない彼、彼女がいるので、「少しは嫉妬してもらいたい!」と悩んでいませんか?

ただ、これは危険な考え方です。

たとえば、女性の場合だと、「彼氏が、他の女性を好きになってしまったらどうしよう」「他の女性が、彼氏を口説いてきたらどうしよう」といった、「取られてしまうかも思考」が女性の中に根強くあるためです。

嫉妬をしない女性は、この「取られてしまう思考」がないと考えられます。

言い換えれば、彼女はあなたに絶対的な信頼を寄せていると考えておいて良いでしょう。

良好な関係に安心しているため、「大丈夫」と100%の信頼を寄せているのです。

無理に嫉妬させよう、ヤキモチを焼かせようとするなんて、ナンセンス。

男女とも、嫉妬しない人というのは、実はなかなか珍しいものですので、誠心誠意の真心を返すように努め続ければ、最高のカップルとなれることでしょう。

まとめ

今回は嫉妬をしない人についてまとめてみました。

嫉妬をしない人には、このような特徴があります。

嫉妬しない人の特徴まとめ

  • 自分に自信がある
  • 物事を割り切れる人
  • 嫉妬をしても意味がないと合理的に処理できる賢い人
  • 他にも恋人ができる人
  • 相手の気持ちを縛ることをしない人・所有物ではないと考えることができる人

相手が嫉妬をしてくれない…だとか、嫉妬深いということで悩んでいませんか?

結論を言うと、結局、嫉妬なんてものは損するだけで、嫉妬から束縛、そして喧嘩して、相手の気持ちが無くなり、余計に自信がなくなって、更に嫉妬をするという悪循環になってしまいます。

他人は自分ではありません。

他人を変える事はできません。恋人同士だからといって、思い通りにならなくて当然です。だから、嫉妬はしないのが良いかもしれませんね。

嫉妬をしない人というのは割り切れる人なんです。そんな相手でラッキーだったと考えてみてはいかがでしょうか?

ただ、どうしても相手が嫉妬をしてくれない、思いに差があると感じている、自分ばかりが束縛をしてしまう…と悩んでいる人は、トークCAREなど、スマホから手軽に相談できる専門家に相談をしてみてくださいね。

相談をするならトークCAREがおすすめ

LINEは6月11日、女性が抱える悩みを専門家にチャットで相談できるサービス「トークCARE」を開始しました。24時間365日相談をすることが出来て、LINEのチャットや電話機能を使って相談をすることが出来ます。

誰にも相談できず、法テラスなどのサービスは敷居が高いと感じる人はこういったサービスがおすすめです。

そんな時、気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いです。

トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。

こういった大手のサービスを利用してみませんか?
スポンサーリンク
おすすめの記事