スポンサーリンク

困った時は警察に相談をしよう、警察に届けを出すことが一番…そう考えていませんか?

警察に嫌がらせや、その他の相談をしたことがある方もいれば、何か悩みやトラブルで警察に相談を考えている人もいると思います。

ところが、残念ながら警察というのは、そう簡単に動いてくれないのが現実なんです。

警察が動いてくれない理由と、その対処法についてご紹介をしたいと思います。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
初回10分無料なので、お金をかけず、気軽に相談ができるのがおすすめなポイントです。こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?

警察に相談をすることはできる?

配偶者からのDV、嫌がらせや、その他ものが壊される、家の前にごみを放置される、悪いうわさや怪文書をまかれるなどの嫌がらせが起きた時、警察に協力を仰ごうと考えている方もいると思います。

警察の相談窓口というものはじつはあります。

相談・警察相談専用電話#9110

言葉通り、警察署や交番への「相談」です。

現在の被害状況とその他のわかっている情報を伝え、どうすればいいか、何らかの罪に問えるかなどを相談します。被害届を出すことを目的に行うことが多いですが、ただし、明らかに罪に問えるものではない場合や、被害届の受理は渋られがちです。

警察は結局の所捜査をしてくれるのか

警察は結局の所、きちんと捜査をしてくれるのでしょうか。

結論から言うと、警察が嫌がらせや悩み、何かについてのトラブルを相談したからといって積極的に捜査してくれるということは稀です。

良い警察官にあたれば、パトロール回数を増やすなど何らかの対策を立ててくれることもあります。

また、警察官の中には被害者のことを思って、少し相談に乗ってくれたり、世間話をする、励ましや慰め、今後のアドバイスをくれる人もいます。

私がとある件で過去に相談をしたときにも、とりあえず話を聞いてくれて、今多い案件ですと共感をしてくれたりはしました。

しかし、当たり前ですが、回数をかけて被害者のメンタルケアまで、してくれることはありません。

また警察内部では「相談した」という実績を作っておけば、交渉の際にそれを伝えてけん制することもできるのです。

警察への相談は誰でもできることはできます。

もし交番や警察署、100番通報などがためらわれるような相談であれば、警察相談専用電話の#9110にかけてみても良いでしょう。

ただ、事件性がないと警察に動いてもらうことは厳しいということを知っておく必要があります。

警察が相談に乗ってくれない・動かない理由とは?

警察が相談に乗ってくれない理由、動かない理由はいくつかあります。

私も、一度トラブルで警察に相談に行ったことも有りましたが、ものの見事に被害届を出しただけでその場で終了しました…。

具体的にはこのような理由があります。

警察が動かない理由
  • 被害届と実況見分は基本的にセットで行うため、被害届を受理したら実況見分はほぼ100%作成しそれで完了となる
  • 事件に優先順位をつけざるを得ない
  • 警察への相談件数は年間約150万件(データより)
  • 刑事・警察は公務員であり、公務員は公益をより大きく守る選択をする(刑期が重い順から)

基本的に警察は、悩みを解決する組織でもなければ、個人間のトラブルの対処をするための組織では有りません。

公益をより大きく守る選択をする組織です。

そして、これが警察官として科せられている義務であり、事件性が大きいか小さいかで判断をしているわけです。

全国28万人規模の大組織ですから、色々な人間がいます。

しかし、基本的に個人の問題の解決を図るための組織では有りませんし、民事不介入にならざるを得ないというのが現状です。

嫌がらせ・いたずら・その他DVなどの被害は、警察に訴えるばかりが解決法ではない

嫌がらせ・いたずらを含めた個人間トラブルは、証拠を集めづらく、解決が困難な案件の1つです。そのため警察が積極的に捜査することもあまり期待できませんし、時間もかかってしまいます。

よって警察の被害届などはあくまで解決のための手段の1つですが、残念ながらそれらを警察に言えば解決するだろう…と考えるのは間違いです。

辛いですが、重大な事件や被害があれば別ですが、警察が動くことが期待できない事案であれば、期待をせず、別のところに相談をするべきです。

現に、今の時代は、ネットのトラブルに関することや、個人間のトラブル、悩みなどの相談ができる相談窓口が増えてきつつあります。

頼りになる友人はもちろんですが、場合によってはカウンセラーや第三者機関で相談をして解決を図ることが望ましいです。

ただし、問題がこじれないように、相談相手は適切な相手を選ぶ必要があります。プロの専門家に相談をしたほうが秘密が守られますし、問題が広がらないような対処はしたほうがいいですね。

まとめ

警察は動いてくれないと言われていますが、まさにそのとおりで、警察の組織というものは事件性がなければ、動いてくれることはほぼありませんし、期待できないといって良いでしょう。

実際に私も相談をしてもそのまま被害届を受理されて終わりという形がほとんどでした。

ですので、メンタルケア、その他の悩みの解決、嫌がらせに関しては、警察だけを当てにするのではなく、専門家や、カウンセラーその他の第三者に相談をして、最終的に自己解決を図るべきです。

警察に相談をすればいいだろう…という考えでいるのではなく、期待できないということを頭に入れて動いていくことが大切です。

手軽にチャット相談をするならトークCARE

サービス名 トークCARE
相談形式 電話相談・チャット相談
運営会社 LINE株式会社
運営開始 2018年
料金 電話相談 130円~/1分チャット相談 100円~/1分月額・年会費無料
初回特典 初回トーク相談10分無料

トークCAREは、2018年6月に始まった、LINEトークでそれぞれの分野の専門家に直接悩みを相談できるサービスです。

365日、24時間いつでも相談が可能な画期的なシステムで、LINEのトーク機能やLINE電話を使って専門家に「友達感覚」で相談できるのがポイントで、さらにとても使いやすく親しみやすいサービスです!

メディアで有名な専門家に初回10分無料で相談をすることが出来ます。

これまではクリニック、そして心療内科でカウンセリングを受けるということが一般的で初回から料金がかかってしまうのが当たり前でした。

しかし、初回10分無料、交通費もいらず、自宅からスマホで専門家にカウンセリングを受けることができるようになったのです。

カウンセラーへのチャット相談なら、別途、通話料はかかりません。1分100円(税別)~ あなたに合ったカウンセラーを選ぶことが出来て、信頼の運用体制となっています。そして、名前も知られずに相談ができます。

実績豊富なプロ、全員、厳しい審査を通過した経験・実績豊富なカウンセラーですので、専門知識で回答をしてもらえるのも大きなメリットですよね。

LINEトークCAREとは?お悩み相談サービスの特徴とおすすめの理由は?
LINEトークCAREとは?お悩み相談サービスの特徴とおすすめの理由は?
2019.12.10
女性の悩みに特化した専門家と「LINE」のトーク上で直接相談することができるサービス「トークCARE」をご存知でしょうか。 実は、お悩み相談サービスとして、画期的なサービスである「トークCARE」ですが、子育て、妊活、セクハラ、男女関係など「こころの悩み」に特化したカテゴリーも追加されていて、専門家...

 

スポンサーリンク
おすすめの記事