LINEオープンチャットで叩かれた時の対策は?怖い思いをしないための方法。
スポンサーリンク

LINEオープンチャットを使っている人は結構多いのではないでしょうか?

LINEにある「オープンチャット」はLINEの友だちになっていなくても、トークをしたり、情報をキャッチできるコミュニティのようなサービスです。

ツイッターは大勢にツイートすることで、全く関係ない人にも声が届くのですが、こちらのオープンチャットは、自分の興味関心事や日常生活に密着した話題について、特定の団体でコミュニケーションを楽しめます。

そんなLINEオープンチャットで叩かれてしまって悩んだり、また荒らし扱いされたり…って悩みも有るようです。

そこで、LINEオープンチャットで叩かれた場合の対処法についてここではご紹介します。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
初回10分無料なので、お金をかけず、気軽に相談ができるのがおすすめなポイントです。
こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?

LINEオープンチャットとは?

LINE(ライン)には、匿名で気軽に会話できる「オープンチャット」機能があります。

LINEアプリ内に組み込まれた機能なので、わざわざ専用アプリのインストールをする必要はありません。

通常の友だちとのトークとは切り離して使えるため、メインアカウントの存在がバレることなく使えるのが特徴です。

「チャット」といっても、LINEのトーク機能をベースにしているので、通常のグループトークとほぼ同様の操作で、特別なことをする必要がありません。

ですが、オープンチャットは基本的に匿名なので、誹謗中傷やいじめのような叩かれ方をすることもあったり、トラブルも結構ある様子です。

それではなぜ揉め事やトラブルが起きるのか…っていうことについてご紹介したいと思います。

匿名だから荒れる

基本的には匿名での会話で、お互いニックネームを使用します。

ただ、匿名ということで、相手の素性が全く分からないのが難点です。

掲示板やコミュニティなどにやってくる「荒らし」や、「特定の誰かを叩く行為」。

それも普通にやれてしまうわけです。

  • 主張に対し批判を行う
  • 無視する
  • BANする/BAN要求をする
  • 荒らしをするなと説得する

実際に、オープンチャットのみならず不特定多数の人と会話ができるというSNSなどのサービスでは、匿名ということを利用して他人に嫌な思いをさせるという人もたくさんいます。

上記のように、実は5ちゃんねるやツイッターと同様の揉め事やトラブルがあります。

管理者がしっかりと管理しているとは限らない

雑談とか抽象的なグループは特にその傾向がありますが、管理者がしっかりと管理をしているとは限りません。

チャットでトークをする際には、管理者がしっかりしたグループが安心ですが、管理されていないとなると、理不尽な書き込みも、メンバー同士のトラブルも放置されていたりします。

議論好きが多い

LINEのオープンチャットは、そもそもチャットをする場所ですので、レスバトルが好きな人や、議論好きの人間も多いです。

それを楽しみに、オープンチャットに入り浸っている人もいます。

そういう人は、オープンチャットでも気に入らないことがあれば、意見をぶつけてきたりしますし、場合によっては、全力で嫌がらせをしてきたりもします。

LINEのオープンチャットで叩かれてしまったら?怖い思いをしないための対処法

人間関係のトラブルが発生することもあるLINEのオープンチャット。

基本的には、論争に至っては2chのレスバトルのLINE版です。

そして、グループの参加者同士がケンカをするのは、特に珍しいことではありません。

何もしていなくても、相手がケンカを売ってきて、トラブルに巻き込まれることもあり得ます。

そこで、怖い思いをした時、あるいは怖い思いをしたくないときはどのような対処をすればいいのでしょうか?

完全な荒らし対策はない

ネットの世界は、基本的に無法地帯なので、荒らしや誹謗中傷はなくなりません。

ネットリテラシーをきちんと教えてほしいですが、表向きは普通の生活をしてる(引きこもり程度も含んで)人まで、こういう場になれば、会話が成立しない暴れる人になったりします。

基本的には荒らしや、誹謗中傷を失くすことは不可能なので、怖い人は、「最初からやらない」選択肢をおすすめします。

チャットのせいでイライラしたりするのは損ですしね。

賢くやり返す

ちなみに、私も前にとあるLINEのオープンチャットに入室して、少しトークしていた事があるんですが、入ってすぐに鬱陶しい男に(おっさん)になぜか名指しでいきなり叩かれたことがあります(笑)

で、その時の対処法ですが、ま、このような流れでやり返しました。

  1. なぜかいきなり名指しで発言を叩かれる
  2. 私しばらく言い返し、「最低な人がいるので、抜けます」と即抜け
  3. すぐに別のアカウントで入室(その後の流れを把握するため)
  4. 「やりすぎじゃない?」って言ってくれる人がどのぐらいいるかどうかを確認
  5. そのおっさん(加害者)について、「おかしなところ」をその別アカウントイケメンキャラで長文(1200文字以上)で批判
  6. 全員で非難する流れに
  7. そのおっさん、居場所がなくなる&肩身が狭くなる
  8. 追い出し成功(復讐完了)

こんな感じで、サイコパスのわたしは、一旦そこから退出する、ってのはどこでもやるのですが、後で必ず復讐をします()

私を批判したら最後…絶対に別のアカウントで長文でそいつを追い詰めるため、アカウントを削除せざるを得ないのです(^o^)

オープンチャットでは、自分から個人情報を話すなどの余程のことが起こらない限りアカウントを特定されることがありません。

匿名でプロフィールをその都度変えることが出来るからです。

このため、余裕があればでいいですが、全くの別人になって腹が立つ奴は逆に追い払いましょう♡

退会してしまえばその人と会うことはない

先程も述べましたが、普通のライングループと違って個人のアカウントがバレるわけではありません。

このため、何かあっても退会しちゃえばその人と会うことは二度とないです。

基本的に、LINEのオープンチャットに24時間どっぷり入り浸っているような人は、社会でも話し相手がいないような寂しい人だと思っておきましょう。

だから基本的には生活が脅かされる訳では無いし、退出してしまえば安心です。

入る前にメッセージプレビューをチェックする

オープンチャットは誰かのファンや、政党に関するコミュニティだったとしても、中の人たちは頭が悪い人たちだったり、やってることはチンピラのバカ騒ぎと大差なかったりします。

独自の変なルールを作っているグループもあります。

そのルールに従わなければ、参加者から一斉に攻撃を受けるパターンもあります。

このため、入る前にグループの雰囲気などをプレビューで確認したから入室するようにしましょう。

テーマと外れた話が続いていたり内輪感が出ていたり「想像していたルームと違う……」ってことは結構あるので、きちんと確認しないと痛い目に遭います。

まとめ

LINEのオープンチャットでは、誰でも怖い思いをする可能性があります。

もし、叩かれたり、怖い思いをしたのであれば、すぐに退会や別アカウントを使って対策をしましょう。

また、なんとなく楽しそう、って感じで、オープンチャットに参加するのは危険です。

こういうトラブルもたくさんあるということを知っておいてくださいね。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
初回10分無料なので、お金をかけず、気軽に相談ができるのがおすすめなポイントです。
こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?
スポンサーリンク
おすすめの記事