スポンサーリンク

自分自身でメンヘラの自覚があるという人、あるいは周りにメンヘラがいて相談をされて困っている…という方はいませんか?

今や現代社会で一定数いるメンヘラの存在ですが、メンヘラの自覚がある人はもちろんですが「周りにメンヘラだと思われている」方もいるでしょう。一般的に「メンヘラ=愛情に飢えている人」と定義しています。

メンヘラの女性がたとえば付き合っている交際相手に何度も相談をすると、「重い女」「めんどくさい女」「わがままな女」だと思われてしまいますよね。

その他にも、メンヘラとは、精神が不安定な女子、自信がない女子、ストレスにさらされている弱い人を言いますが、メンヘラだと言われたくないために、誰にも相談できずにいる人も多いと思います。

そこで、メンヘラの相談先や、相談相手がいない人に対処法についてご紹介していきたいと思います。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?

メンヘラが相談をするのも相談されるのも難しいその理由

結論から言うと、メンヘラの方が、一般の人に相談をすることはもちろんですが、一般人がメンヘラの方をいつまでも相手にしたり、相談相手になることは難しいです。

それには以下の理由があります。

メンヘラが身近な人に相談できず孤立しがちな理由

  • ディープな悩みすぎて理解されづらい
  • 初対面から悩みを伝えるので、引かれてしまう
  • レスが来るまで追撃してしまうことが多くエスカレートする
  • ヒステリックになってしまう
  • 死にたいなど繰り返す事が多い
  • 肯定的ではないとより一層落ち込む
  • 深夜に落ち込みがちになるなど、時間帯問わず不安になってしまう(相手がペースに合わせることが出来ない)
  • 相手が自分の希望に沿わない、また欲求に従わない場合は自傷行為に及ぶことも

自分自身がメンヘラの方は心当たりがあるかもしれません。

メンヘラの方は、生活の細々とした悩み、つい抱いてしまう偏った考え、過去にあったつらい経験…といった非常に重大なトラウマを抱えていて、メンタルヘルスの問題に苦しんでいる方が多いです。

一般人が理解し難い、細かいことで悩み始めて、眠れなくなることも。

非常にディープで繊細な心の痛みを抱えてしまう。

これらを理解して、時間帯問わず支えることができる人は稀です。

従って、メンヘラの人に、24時間身近に相談できる相手がいるなんてことは、残念ながら極めて稀だといわれています。

メンヘラの多くは「孤立」という問題を抱えています。

メンヘラの多くの方は、誰かに話を聞いてもらう。相談する。そういったことが中々難しい境遇に立たされがちです。

相談をする際にも、相手が見つからなかったりするのはもちろんですが、相手も相談されて困ってしまう方も多いです。このため、常日頃から孤独を抱えがちなのです。

現代のカウンセリングサービスはメンヘラにとってどう?

現在のカウンセリングサービスは高額で、心療内科に通わないと受けることができません。

相談場所があったとしても、日中のみなど、時間が決められているので、仕事があればその時間に合わせることが出来ないなど、使えない人が多くなっています。

NPOが運営している無料の相談窓口などもありますが、なかなか対応してもらえないというのが現在の現状です。

医療機関でのカウンセリングですら、予約をしていたとしても、2週間以上待つことが多い。

現代のカウンセリングサービスは重度のメンヘラの方には適していないと言えるでしょう。

そこで、課題に焦点を当てたサービスを利用するのがおすすめです。

そうすることで、個人間で相談できない悩みを24時間対応をしてもらうことが出来ますし、メンヘラの方も、心の拠り所にすることが出来ます。

本当に辛い状態になれば心療内科に行くのがいい。ただ、ハードルがめちゃくちゃ高い。

本来であれば、その人が本当に辛い状態になる前に心療内科などに行くのが一番いいです。

ただ、そこに行くまでのハードルがめちゃくちゃ高いというか、自分自身も病んでることを受け入れられない人が多いといえるでしょう。

でも、そこまで考え込まないとカウンセリングに行きにくいのが現在の世の中。これがメンタルを病んでいる人にとってはとてもネックです。

そこで、もっとライトな形での受け皿を利用するべきなんです。

>>トークCAREで初回10分無料相談をする!

心療内科やカウンセリングに行く上でネックに感じる部分

カウンセリング系のサービスは少なくはありませんが、常に飽和状態。

対応のスタッフもボランティアでやっている方も多く、まだまだ需要に対して供給が追いついていない状態です。

それだけ自身の悩みを抱えている人が多いということです。

また、有料サービスなどもありますが値段が高いケースが多く、長時間話すと1万円を有に超え、安くても5~6千円はかかってしまいます。

メンヘラの方が相談をしようと思っても、利用できるハードルが高いです。

いろんなタイプのメンヘラがいると思います。なにかに依存したり、かまって欲しいって気持ちが強いタイプなど…。

心療内科でのカウンセリングについては基本的に細かい人間関係の相談や、恋愛相談を請け負っていません。

つまり、タイプ別に先生がいてくれるわけではないので、満足できないことが多いのです。

トークCAREで初回10分無料相談をする!

メンヘラ相談をするならおすすめしたいサービスは?

ここでは本気でメンヘラの方が相談をするならおすすめしたいサービスをご紹介したいと思います。

私は、相談をするなら、その道のプロ、その道の専門家に相談をすることがベストだと思います。

それはなぜなら、メンヘラの相談を一般人が相談にのることは難しいからです。心療内科もお金がかかりますし、気軽に相談できる民間のサービスのほうが割安です。

そこで、メンヘラの方が心を病んでいる時に最適な相談サービスをご紹介したいと思います。

トークCARE

サービス名 トークCARE
相談形式 電話相談・チャット相談
運営会社 LINE株式会社
運営開始 2018年
料金 電話相談 130円~/1分チャット相談 100円~/1分月額・年会費無料
初回特典 初回トーク相談10分無料

トークCAREは、2018年6月に始まった、LINEトークでそれぞれの分野の専門家に直接悩みを相談できるサービスです。

365日、24時間いつでも相談が可能な画期的なシステムで、「トーク占い」で培われた知見・ノウハウを活かして、「こころの悩みをLINEで相談する」サービスとして開始しました。

まだまだ新しいサービスなんですが、LINEのトーク機能やLINE電話を使って専門家に「友達感覚」で相談できるのがポイントで、さらにとても使いやすく親しみやすいサービスです!

LINEトークCAREとは?お悩み相談サービスの特徴とおすすめの理由は?
LINEトークCAREとは?お悩み相談サービスの特徴とおすすめの理由は?
2019.12.10
女性の悩みに特化した専門家と「LINE」のトーク上で直接相談することができるサービス「トークCARE」をご存知でしょうか。 実は、お悩み相談サービスとして、画期的なサービスである「トークCARE」ですが、子育て、妊活、セクハラ、男女関係など「こころの悩み」に特化したカテゴリーも追加されていて、専門家...

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

メンヘラの相談場所というのはなかなかありません。

メンヘラは、うざがられてしまったり、相手にメンヘラ扱いされてしまい、ブロックされてしまったり…とより一層傷つくことになります。

時間を問わず不安になってしまうという方は、24時間365日相談に乗ってもらえるサービスを利用しましょう。

トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。

業界でも最安値級で、1分100円~チャット相談できるのも魅力です。

こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?
スポンサーリンク
おすすめの記事