仕事へのこだわりはいらない!仕事への無駄なこだわりを捨てるべき理由
スポンサーリンク

書類を持って行くと、締切時間に一分でも遅れたら受け付けないという人。

然るべき手順を踏まないと認めないという人。

順調に話を進めてきたのに、「自分のマインドに反するから」と怒りだして止めてしまう人。

「やる気」というものを出さないと注意をしてくる人。

仕事で、あなたはこんな無駄なこだわりを持つ人に悩まされていませんか?

『かかわると面倒くさい人』など、さまざまな著書でも書かれていますが、こういった人に悩んでいる人に向けて、その対処法をご紹介します。

今すぐ占いをするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある。」

「心が辛い

「この先の人生どうなるの?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

無駄なこだわりは仕事にいらない!仕事へのこだわりは迷惑なだけ

現代人って、昔の人よりも「普通に効率よく稼ぎたい」「しがらみや、慣習、序列を気にしたくない」「柔軟に自分のペースで働きたい」…って考えている人がほとんどだと思います。

そんな人にとっての悩みが「こだわりが強い人」。

職場でも、無駄なこだわりを仕事に対して発揮している人がいます。

ちょっとしたこだわりで、それが大いに、役立っているなら良いかもしれません。

だけど、収益に結びつかない、無駄なこだわりは仕事には不要です。

それどころか、周りの迷惑になることがほとんどです。

無駄なこだわりが仕事に迷惑な理由、意味がない理由について考えていきましょう。

不要な部分に時間をかけることになる

仕事の無駄なこだわり、というのを定義するのは難しい。

ですが、簡単に言えば、不要な部分にこだわると時間がかかります。

たとえば、「データを一覧にして出してほしい」。

この場合、時間がかかるようなら何らかのツールからデータをダウンロードしたものを一覧にする程度でいいと思います。

大事なのは、そこから先ですし、データは過去のものです。

いくら眺めていてもなんにも始まらない。

要するに収益がこれから出ればそれでいいわけですからね。

私から言わせれば、分析はそこそこに、後は自分の才能、テクニックや作業が鍵だと思うんです。

大学入試と同じで、今までの入試結果や過去問を見ていても、所詮分析でしかない。

結局合格できるかはその後の勉強や本番にかかっているのと同じです。

そういう人は、データの内容にこだわり出すと、その他にもこだわります。

装飾やフォント、体裁や、提出、または細かな部分など…。

提出する場合も、受け取った場合も、無駄にこだわります。

だから、いつまでたってもデータが手元に来ない、作業に進まない…ってことになります。

自分にとっても相手にとっても貴重な時間を費やしていくだけになります。

良かれと思ってアドバイスすることは自分本位

多くの場面や仕事で無駄なこだわりを発揮するパターンもあれば、その人が「相手にとって良かれと思って」こだわる人もいます。

この場合、本人は無駄なこだわりと考えていないことが多いので厄介です。

なぜ迷惑なのかというと、職場にこういう人がいると、聞く側も、やり取りする側も、ちょっとした会話で気をつけなければいけない部分がでてきます。

仕事において無駄なこだわりとどちらか一方でも感じられてしまうと無駄なこだわりです。

双方に良い影響が生じるとは考えられません。

本質とは外れてしまうから

本質と外れているものは、全て無駄だって私は考えてます。

しかし、本質とは外れた仕事の無駄なこだわりがあると、スケジュールに支障が出ます。

仕事においても「時間」はとても大切です。

ほとんどの仕事において「制限時間」が設けられていることでしょう。

それでいて、本質とは違う部分に拘っていると、メインである「収益」を発生させることができません。

ビジネスは対価を得て初めて、それがビジネスになります。

ビジネスである以上、本質を捉えることが最も大事で、基本的にシンプルに何を求められて、何をすべきなのかを考えて進める必要があります。

仕事で無駄なこだわりを持つ人の特徴

柔軟性に欠ける

仕事に無駄なこだわりを抱いてしまう人は、柔軟性に欠けています。

手を抜く部分やとりあえずでいい部分などにも変なこだわりを持っています。

マニュアル通りでなければいけないと考えてしまう、もっと効率的な方法を提示された際にも受け入れられないなど、臨機応変さや柔軟な思考や対応が取れない人です。

本質・要求を理解していない

何か依頼されて作業なり仕事をする場合もそうだけど、その場合は、相手の意図や要求を汲み取らなければいけないです。

また、なにかで収益を発生させようと思ったら、その本質を掴むことが最重要課題です。

適切に汲み取り、迅速に対応することが多くの場合で求められていることであり、信頼や評価につながる部分。

無駄なこだわりを仕事で持ってしまう人は、簡単に言えば空回りしている人でもあります。

仕事の無駄なこだわりはほとんどの場合で無駄でしかないってこと

仕事にこだわりを持つことや、その「オリジナリティ」が全て無駄とは言えません。

だけど、個人的な仕事のこだわりと感じられるものは多くの場合で無駄でしかないです。

いくらこだわりがあったとしても、求められていることに適応しなければ、全て無駄です。

本当に曲げられないこだわりや、こだわる部分がよい影響を及ぼすものであるのであれば貫いてもいいでしょう。

だけど、曲げられないその人の個人のこだわりは周囲の迷惑です。

ではどのように考えればいいのでしょうか。

シンプルに目的に到達するべき

基本的には、人類の数だけ、それぞれのやり方があります。

遊びも、仕事も、百万通りの方法があります。

だから、自分の本心だとか、こだわりなんて、無駄と考えなければやっていけないことばかりです。

多くの場合で、仕事のこだわりとは「余計な邪念」です。

要は、ビジネスである以上、シンプルに目的に到達するべきなんです。

まずは、それを認識しましょう。

分かってもらえないからといって、感情をぶつけない

自分が大切にしていることが分かってもらえないと、つい感情が高まってしまいます。

何としてでも分からせようと、「力」で押さえつけようとしていませんか?

自分にとって本当は大切なこだわりであったとしても受け入れてもらえないことがほとんどです。

十人十色、さまざまな考え方や、やり方があり、ワンパターンになると、成功するものも成功しなくなる。

考えを理解されないからといって、感情をぶつけてはいけません。

一番いいのはこだわりを持たない最短ルートで行くこと

私は基本的に、仕事へのこだわりとかって一切ありません(笑)

よくブログの仕事について教えて下さいだとか、講師をしてください、とか頼まれるけれど、私のやり方はただシンプルにやってるだけで、こだわりなんてありません。

考えているのは、稼ぐことができる、最短ルートだけです。

無駄なこだわりは、人を不幸にします。

こだわらないことで、柔軟に取り組みを行うことができるので、融通がききます。

こだわらない人のパフォーマンスや過去の成果を見ても、それは歴然としています。

大事なのは、こだわりを持つのではなくって、いかに「自由な状況で、自分が臨機応変に判断できるかどうか」です。

良いものを仕上げるってことは、規則やこだわりをよりどころとして生まれるのではありません。

自分の頭で考えて、臨機応変に、無駄なこだわりを徹底して省き、柔軟に対応するということです。

なぜなら、「自分の信念」や「コンプライアンス」は、いざという時の言い訳にもなります。

結局こだわりを持つ人は、周囲を説得するだけの論理能力にも自信がないため、形式や手順、己のこだわりにしがみつくことになります。

何かを考えるときには、本来の目的である「本質」と、その途中で起こる「どーでもいいこと」を切り分けるように意識しなければなりません。

これからの時代、持つべきものはこだわりではなくって、「シンプルさと柔軟さ」だって思います。

まとめ

こだわりが強くて悩んでいたり、まわりが無駄なこだわりをしてイライラしてしませんか。

基本的には、そういったどうでもいいことにこだわるタイプの人は、完全に違う部分にこだわってしまって完全に本質からずれています。

現代社会は変化のスピードが早く、答えのない問題が多く出てきます。

そんな時代に、どうでもいいことは、ますます無駄な象徴です。

どうでもいい仕事や自分の中でのこだわり、人々にとってどうでもいいことを客観的に見て消し去ることを、まずはしてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事