Zoomが嫌い、疲れる理由…オンラインミーティングではなぜ疲れるのか?
スポンサーリンク

在宅勤務が定着する中で、ZoomやTeamsといったアプリケーションを使った会議や打ち合わせ、セミナー、そしてオンライン飲み会まで登場しています。

だけど、こんな声があるのも事実です。

「オンライン飲み会嫌い、うざい、メンドくさい!」

こうしたツールには時間の節約やフラットな会議ができる、そして用途も広範囲に使える、といったようにメリットはたくさんあります。

でも、私もそうだけど、良い面だけではなくデメリットも確実に存在するし「嫌い」だって人もいると思う。

そこで、ZOOMが苦手、嫌いという人についてその原因、対処法などについてご紹介します。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある。」

「心が辛い

「この先の人生どうなるの?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

ZOOMが苦手で疲れてしまう理由とは?

結論から言うと、ZOOMが苦手な人、嫌いだって人はそれでOKです。

代表的なビデオ通話サービスは以下のようなものがあります。

・ZOOM
・Skype
・LINE(のビデオ通話)

私はテレワーク歴が長いし、(基本的に外で働いていない笑)し、その間、仕事も含めて、何回もこういうZOOMやSkypeでのやりとりに誘われたりしました。

だけど、はっきりいって苦手です。

今も、必要だから、zoomダウンロードしたはいいもの「実は苦手」、「できたらやりたくない」っていう人もいるのではないでしょうか?

最初は便利で、楽だな、って思っていた人も、打ち合わせや、やり取りを通じて、徐々に疲れを感じるようになったりしていませんか?

新型コロナウイルスが蔓延する現在、オンライン・ミーティングは非常に便利ですが、弊害もあります。

それではZOOMが疲れてしまう原因や理由などを見ていきたいと思います。

Zoom疲れーZoom fatigueーは社会問題の一つ

最近、日本でも目にする言葉「Zoom疲れ」。

海外でも同様の考えを持つ人も多く、海外の記事では、 "Zoom fatigue" と言われています。

これは「Zoom」を使用してオンラインミーティングをすると非常に疲れる事を意味しています。

さて、なぜ人はオンラインミーティングをすると、通常の対面でのミーティングより疲れるのでしょうか?

その理由について、ナショナル・ジオグラフィックですら、記事を掲載しています。

ビデオ会議では、言葉に対して継続的に強い注意を向けることが要求される。
(「ズーム疲れ」は脳に大きな負担、なぜ? より)

オンラインの場合、画面は平面的だし、通信環境や機材によって画質や音質が左右されます。

その一つが、通話時の遅延によるストレスです。

ドイツの研究では、ビデオチャットや電話で話す時、たった1.2秒の遅延が、相手への負の感情につながってしまう可能性があると指摘しています。

人間の心理というのは不思議なもので、いくら講師の話の内容が良くても、話自体が楽しくても、相手の画面がチラついたり、音声が途切れ途切れになったりすると、極めて印象は悪くなってしまう。

人間の心理なので言ってもしょうがないことなのだが、そういうストレスが続くと聴いている方は疲れてしまうのです。

またビデオチャットは、対面よりも焦点を合わせる努力が必要なため、必然的に対面より緊張して臨まなければならないことも報告されています。

ビデオチャットでは、顔の表情、声の高さや話し方、身振り手振りなどの視覚的な情報を神経を集中させて集め、同時に処理するため、実は多くのエネルギーを消費しています。

人に見られている(監視される)ことが苦手

私も、会ったことのない人とオンラインでZOOMをすること全般に抵抗を感じるし、今はもう「怖い」って思ってます。

実際にZOOMは、カメラをオンにすることによる「人に見られている(監視されている)状態」がマイナスに働くことも指摘されています。

ビデオチャットに参加すると、参加者に、自分を見られるし、自分自身も画面に写る。

確かに、家族も恋人も友達も、きっとあなたのすべてを知っているわけではないでしょう。

ですが、別に相手が悪意を持っていなかったとしても、ZOOMって「監視されている状態」になり、録音もできれば、画面を別で共有したりすることもできます。

そう考えると、リアルでの何気ない会話とは違ったリスクがあります。

多くの情報を相手に与えてしまっていることについて、私は怖いと感じてます。

リアルタイムで自分自身の姿を見ることに疲れる

実際の会話や会議では参加者は自分の姿を見ることはないが、ビデオ会議ではモニターにウェブカムで撮影された自分自身がリアルタイムで映し出されます。

これはずっと鏡の前に座って会話や会議に参加するという異常な状況を作り出すことになる。

自分自身の反射を見るとより自分自身に対して批判的になります。

私は、写真写りや画面写りがめちゃくちゃ悪くて、画面に映る自分の姿が嫌すぎて、それもあってZoomを使ってお仕事することやら、映ることも、ずっと避けていました。

「オンライン上での見た目コンプレックス」っていうのも新たな問題として浮上してきていると言えるでしょう。

画面上でどんなふうに見えているかっていうのってリアルでどう見られているのかってのとはまた少し違います。

そういうところも意識できないと、ブランディングも下がるわけで、「画面内の自分が少しでも素敵に映るように、魅せ方を工夫をしなきゃいけない」ってのがあって、これが高い壁だと思います。

セッティングが面倒

本来居酒屋であれば、準備、片付けは全て店員さんがやりますし、ミーティングも会場に行けば別の人が用意をしてくれています。

しかし、ZOOMでの飲み会や、ミーティングの場合、そうはいきません。

準備から、片付けまで、全て基本的にカメラに映るあなた自身が自分で行わないといけないです。

また、ZOOMは回線が混雑していると、途切れがちになったり、重くなるのも仕様です。

不親切な部分もたくさんありますので、その分セッティングにも気を配る必要があるのです。

時間の浪費になりがち

ミーティングや、ZOOMを使ったやり取りの場合、スマホやパソコンの電源が切れない限り、無限に続いたり、どうしても長くなることが多いです。

なぜなら、自宅にいるからこそ、お互いがあまり時間を意識しないからです。

相手も家にいることが分かっているからこそ、時間が長くかかってしまいがちです。

気楽な分、浪費する時間が多くて、実はそれはリアルの比じゃないほどの浪費になっています。

クロストークが出来ない

たとえば、数人でのオンライン飲み会の場合、一人が話すと、他の参加者はそれをただ聞くだけとなることが多くなります。

ZOOMのミーティングでは、ちょっとしたやりとりや深い話がしにくく、リアルな飲み会のようなクロストークが出来ないってこと。

たとえば、これが居酒屋で飲んでいたとしたら、自然と隣同士で親しく話したり、3~4人のグループに分かれて、深い話をしたりすることが容易です。

はたまた、隣の人に、グループ内では通じない会話だったり、お互いの近況を軽く伝える、なんて事もできるけれど、それらは一切出来ないし、全員が話している人に集中する必要があるので、ニュースで現場からの中継を見ているような感覚に近いと思います。

さらに、オンライン飲み会だと誰がしゃべってるか分かりづらいし、同時に話してるとよく聞き取れないです。

Zoomは新世代の悩みの種…だからこそ対処しよう

同僚や初めての人と1対1で会話している場合、モニターに映し出される相手のよく映るので、「対立」につながる状況と解釈してしまう。

だから、Zoomを何時間にもわたって使用していると脳は非常に興奮した状態に陥ると言われています。

たとえば私は、もともと、人の顔を見ながら話すのって好きじゃなくって、飲みとかでも、カウンターとかで隣同士で話すのが好き。

だから、ZOOMで話すのって嫌いだし、苦手。

だから、今ではいつもの薬を処方してもらうときの、オンライン診療ぐらいしかZOOMを使うことがありません。

ZOOMは新世代の悩みの種とも言われています。

では、苦手、嫌いだって感じている人はどう対処すればいいでしょうか?

通信手段はビデオ通話だけではないってこと

本来、通信手段はビデオ通話だけではないってこと。

メールや電話のほうが役に立つ状況もあるし、そっちのほうが楽なケースもたくさんある。

古くても、アナログでも、そっちが楽なら、それでいいんじゃない?って思う。

考えたいのが、新たな通信手段が出来たからって何も全部それにする必要がないってこと。

実は、ある実験では、音声だけの通話のほうがビデオ通話よりも一部の情報が正確に伝わったという例もあります。

日本では、誰しもが新しいものができると、それを取り入れようとするけれど、時には、「話さない」とか、コミュニケーションを全く取らないことが最善の場合もある。

最近の実験では、互いに話をせずにパズルを解いたチームのほうが、話をしながら解いたチームよりも概して好成績を上げていたという結果も出ているので、時には沈黙が一番。

新たなコミュニケーション手段があるからこっちはいらない…でもないし、電話はいらないとかそういうのではなくって。

大切なのは、IT技術が進化したからこそ、数多くの選択肢の中から、自分がストレスを感じない方法を選べることだと思う。

コミュニケーションや「居場所」には多様性とバランスが必要

コロナ前は多くの人は通勤や仕事後の場所やグループを変えた活動で、自己の多様性とバランスをとって健全でいられたと思います。

しかし現在の外出自粛で、多くの人の生活の側面は仕事、友人、家族、趣味のすべてが同じ空間で行わざるを得ないです。

今は、これらの側面がすべて一か所(オンライン上)に偏るため、バランスを崩し、ストレスに脆弱になったりします。

対話のための私たちの唯一の空間が、自宅にあるデジタル機器だって形にすると、ストレスを感じるようになります。

だから、皆が集まりだした今、PCやオンラインから離れる場面も作り、従来のように、健全に様々な場所で活動するべきだって思います。

カメラをオフで利用することを認め合う(相手のストレスを理解する)

たとえば、BBCでは2人の専門家が、ビデオ通話を必要なもののみに限定することや、会議のたびにカメラを常にオンにする必要はないなどのルールを提案していてます。

ZOOMを使わなければならない場面でも、カメラを自分がオフにして利用するようにしましょう。

そして、カメラをオフで利用することを認めあえることが大事です。

ZOOMが嫌いだとか、苦手だって思っているのに、無理していませんか。

そういう人は、必要な時に選択して使うことを心に留めてみてください。

自分の疲れを緩和させることも大事だし、同時に、「監視されていること」、や、「見られることにストレスを持つ人」もいるってこともいるということで、社会がそれぞれの使い方に寛容になることがこれからは大切になってくると思います。

まとめ

ZOOMなどの、ビデオチャットは、現在ビジネスには無くてはならないものと化しています。

だけど、しかし使用している側がツールに食われて疲れ果ててしまっては元も子もない。

ZOOMが嫌いだとか、苦手だって思っているのに、無理していませんか。

そういう人は、必要な時に選択して使うことを心に留めてみてください。

別に、無理に仕事や生活の一部に取り込んでいかなくていいんです。

今は、人々がオンライン上の環境の内でコミュニケーションを全て行おうとして使用している現実を少し俯瞰してみましょう。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある。」

「心が辛い

「この先の人生どうなるの?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

スポンサーリンク
おすすめの記事