スポンサーリンク

モラハラ夫の治療をしたい、病院につれていけばなんとか治るのか?と思っていませんか?

パートナーが好きで、「モラハラさえなければ…」と思っている方もいますよね。

モラハラという言葉が広まってきたとはいえ、まだまだ情報は少ないのでわからないことも多いのではないでしょうか。

モラハラはどうやって治療すればいいのか?
どの病院に連れていけばいいのか?
そして、そもそも治療は可能なのか?

こちらのページでは、そんなモラハラがクリニックで治療できるかどうかについてご紹介したいと思います。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
こういった大手のサービスを利用してみませんか?

夫の言動などがモラハラの場合、治療はできるのか

夫の理不尽な言動はどうやらモラハラだと感じている方は、次に考えるのはその対処法ですよね。

モラハラ夫への対処法は、大きく分けると離婚するか一緒に居るかということになりますが、モラハラ意外は、別れる要素がないと考えている方もいると思います。

そうなった時に、「モラハラ夫を治療する」「モラハラ夫への対処法を覚える」ということを考えると思います。

さて、そもそも「モラハラは治療できるのか?」ということですが、結論からいうと、「モラハラは治療できるが、その可能性はかなり低い」です。

それはなぜかというと、モラハラの治療は、配偶者が行うものではなく、モラハラ夫が治療をすることが前提だからです。

そして、当たり前ですが、モラハラは病気ではないので、薬を飲めば症状が抑えられるというわけではありません。

治療できるかどうかはモラハラ夫本人の意思と努力がすべてになりますが、基本的にモラハラ夫が自分のことをモラハラだと真に自覚する確率はとても低いのです。

離婚を持ち出され、それを避けるために表面上は反省することが多いですし、もしも離婚の危機が回避できたらすぐにモラハラに戻るというケースも少なくありません。

場合によっては病院の主治医に反論をしたり、本人にモラハラポイントを解説しても素直に認めないケースがあります。

治療をするもしないも本人次第なので、その点が難しいのです。

モラハラ・自己愛性パーソナリティー障害の治療が難しい理由は?

モラハラ・自己愛性パーソナリティー障害の治療が難しい理由にはいくつかあります。

まずは、本人そのものが治療の意思がなければ、難しいという問題。

その他にも、いくつか問題があります。

モラハラの治療が難しい理由

  • モラハラ夫は自分がおかしいと気づくことはない
  • 妻がおかしいと思い込み、教育をしないといけないと思いこんでいる
  • 演技や演出がうまい
  • 強い意志がないと改善しない

そして、自己愛性パーソナリティー障害などの精神疾患は最初から判断されることが稀です。

病名が仮についたとしても、根本的な治療になりません、

本人が自己愛性パーソナリティー障害であることを認めない

自己愛性パーソナリティー障害という診断が下ったとして、モラハラ夫はプライドが高いことが多く、「自分はそうではない」と認めないケースが大半だそうです。

結局自分が「病気を治したい」「診断が適切である」と心から認めない限りは、医師のことを信じず信頼関係が築き上げられません。

最終的に治療は医師との信頼関係ですので、この信頼関係が築けない時点で、モラハラの治療は困難になってしまいます。

また、医師自体も自己愛性パーソナリティー障害の患者は厄介だと見なす傾向にあります。

治療できないと結論づけたり、治療手段がないこともあります。そこで、どんな治療が具体的にあるのかをご紹介します。

心理療法

カウンセラーの先生に自分の生い立ちについて話ながら、なぜ今のような考え方になってしまったのかゆっくり考えていく必要があります。

認知行動療法

自分がなぜそのように行動してしまうのかについて論理的に考えていく両方になります。そして、改善方法を模索していきます。

催眠療法

モラハラをしてしまう原因となった辛い記憶(イジメ、モラハラなど)を無意識に心の奥底にしまっていることが多いので、これを催眠状態で、改善します。

これらの治療を行うことで、治療が成功することもあります。

まとめ

hand holding a red heart, valentine's day love, vintage tone

モラハラの治療はこのように、困難となりますし、全てのクリニックで治療ができるわけでは有りません。

また、夫が必ずモラハラ治療に積極的ではないケースも多く、自分が自己愛性パーソナリティ障害であることを認めないことも多いです。

このため治療は困難であることが多いです。

しかし、絶対に治らないというわけではなく、治療法も療法がいくつかありますので、知っておいてくださいね。

もしも、敷居が高いと感じるのであれば、まずは専門家に相談をしてみてくださいね!

トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。

こういった大手のサービスを利用してみませんか?

相談をするならトークCAREがおすすめ

LINEは6月11日、女性が抱える悩みを専門家にチャットで相談できるサービス「トークCARE」を開始しました。24時間365日相談をすることが出来て、LINEのチャットや電話機能を使って相談をすることが出来ます。

誰にも相談できず、法テラスなどのサービスは敷居が高いと感じる人はこういったサービスがおすすめです。

そんな時、気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いです。

トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。

こういった大手のサービスを利用してみませんか?
スポンサーリンク
おすすめの記事