スポンサーリンク

「老害」という言葉をご存知でしょうか。

最近ではSNSでも、普段の会話から老害という言葉が聞かれるようになりました。

本来、他人に迷惑をかける老人を指して使う言葉ですが、最近では、年齢が高い人で老害化している人が多くてとても困っていませんか?

今回は「老害」の特徴や、迷惑を被っている場合、誰に相談をすればいいのかご紹介します。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

老害の特徴と困る理由は?

「老害」の意味は、簡単いうと「周りの人に不愉快な思いをさせたり迷惑をかける老人」です。

具体的にどんなことで困るのか、どんな特徴があるのか見ていきたいと思います。

何度説明をしても理解しない、価値観が古い

歳を重ねた人で老害と呼ばれる人は、基本的に価値観が古く、「今まで自分はこのようにやってきたのだから、これがスタンダードであり、その他は邪道である」という精神のもとで生きています。

つまり、なんの根拠もなく「自分は偉い」と思い込んでいます。

「老害」の類語は「長老支配」ですが、まさしくその言葉がそれを意味します。

長老支配は、意味として、高齢者によって支配される政治体制を指しますが、政治だけではなく、企業の上層部を高齢者が支配している場合なども「長老支配」に当てはまります。

若者に嫉妬をする・頑固

老害の人は、とにかく若者に嫉妬をして、意固地になります。そして、頑固です。

だから自分の意見を曲げることがないのです。とにかく頭が堅いので、若者のいうことを柔軟に取り入れず、新しいことを取り入れることができません。

それが間違っていようが、合っていようが、老害にとっては関係がなく、自分のプライドだけを守ろうとして、頑固になります。

判断力、スピードが遅い

老害は何かあったときの判断力とスピードが遅く、危機に対応をすることができません。

先手先手を読むことができないので、はっきりいうと老人が社会システムの根幹を握るだなんて無理なんです。

何をするにも、判断をするのに時間がかかり、行動をするのにも時間がかかるので、仕事をする上でもお荷物になっています。

自分が老いていることを認められない

老害の人は、だいたい自分のことを「年老いている」と思っていません。全くの無自覚で、政府を見ていてもそうですが、上にのさばり続けます。

例えば、最近では高齢者ドライバーによる交通事故が多発していて、70代以上の高齢者は免許の自主返納を!と訴えかけている人が沢山いますが、老害本人は、返納を自らしようとしません。

「老人だ」という自覚が全くないのです。

老害に困っているときの相談先は?解決策は?

そこで、職場や、その他のシーンで老害に困っているという方もいると思いますが、そんな人の相談先はあるのでしょうか。

高齢者からの本来の業務の範疇を超えた相談が多いため、ドコモショップが一部サービス有料化…というニュースに「英断だと思う」という意見が寄せられるなど、働いていて、老害の利用者に悩むケースも多いと思います。

ただ、日本は年功序列のため、同じ社内にも同僚ぐらいしか相談ができないケースが多いです。

未来を担っているんだから、むしろ「若者」のほうが尊重されるべき=ベンチャー企業で働く

転職をしてベンチャー企業で働くことがおすすめです。

老害の上司に苦しめられていると、まずは仕事が楽しめなくなる上、転職がしにくくなります。

何よりも、時代の変化においつけず、永遠に昔の武勇伝を語り続け、古い価値観をおしつけてくる企業に我慢して「受け流す」「仲良くする」なんて合わせていく素振りをしても、今の時代、そんな会社は生き残っていけないでしょう。

成果を出してそれが認められるようなところなら問題はありませんが、ほとんどの会社はそうではないので、老害がいる場合は、ベンチャー企業、平均年齢が若い会社で働きましょう。

フリーランスや、起業することもおすすめですが、それほどの勇気がないなら、若い人の会社に飛び込んでみると、相談をする以前に老害がいないので、非常に風通しがいいです。

老害と関わる機会を減らす

住む場所はこれから選べる時代なので「老害がなるべく少ない場所」に住むことが必要だと思います。

老害と関わる機会が少ないのは、ニュータウンなどの土地がおすすめです。

ここなら、ほぼ20~30代の若者ばかりで、老害に気を使うことはほとんどありません。

または、拠点を決めて、多くの別荘を持つなどの暮らしをする、そうすると近所付き合いすらなくなります。

そして、その場所の知事を見ること。若い知事を選びましょう。

若い知事が当選をするエリア、若い知事を支持することができるエリアなら未来を担う若者ばかりで盛り上がっていくはずです。

老害に相談をせず若い人に相談をする

市の相談もありますし、職場の人に相談をするという方法もありますが、自分より年上だったりすることも多いです。

ただ、こういう相談場所って「自分よりも年上を敬うべき」という考え方の人が多いですし、自分のことをわかってもらえるとは限りません。あるいは相談先の人間も老害なケースがあります。

一般人に相談をしても埒が明きません。

考え方も新しく、スマートな若い人、または専門家に相談をして、気持ちを共有してもらうことが大切です。

専門家に相談をして、老害の対策なんかを聞いてみたほうが新しい考え方を共有できるはずです。

まとめ

老害に困っている人はいませんか?

あなたの職場の老害や、利用者に老害が多い場合、または身近な身内や、近所が老害ばかりで困っていませんか?

その場合は、住むエリアから変えてみて、若い人だけと関わっていきましょう。

若い人を選出することがおすすめですが、若い知事がいるエリアがおすすめです。

さらにベンチャー企業や、若い人たちが集うエリアに足を踏み入れること。ベンチャー企業に飛び込んでみませんか?そして若い人に相談をしましょう。

年齢が若い人が今後の未来を変えていくという気持ちを持っていけば、老害に打ち勝てるはずです。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

スポンサーリンク
おすすめの記事