スポンサーリンク

ダブル不倫と一言でいっても、お互いに本気な方ももちろんたくさんいます。

お互いに家庭のある身同士の恋愛だとしても、結局は人と人の問題です。

不倫といっても、遊びや、軽い付き合いばかりとは限りません。お互いに本気なってしまうことだってあるでしょう。また、始まりから本気の恋愛の場合ももちろんあります。

好きな人と一緒になりたいけど自分にも相手にも家族がいる。そんな状況が少し切なかったり、苦しんでいる人も少なくないかもしれません。

そこで今回は「ダブル不倫中の既婚者が本気になってしまったら?」についてみていきましょう。

今すぐ相談をするならトークCAREがおすすめ
気軽に相談できるプロのカウンセラーが身近にいると心強いですよね。
トークCAREは、専門のカウンセラーに24時間365日いつでもスマホひとつで相談できるLINEアプリです。
初回10分無料なので、お金をかけず、気軽に相談ができるのがおすすめなポイントです。こういった大手のサービスを利用して相談してみませんか?

離婚をしなくても本気の純愛はダブル不倫でも可能

ダブル不倫は、お互いに家庭のある身同士の恋愛のことです。

一方が既婚、一方が未婚の関係だと色々な衝突が起こりがちですが、お互いに既婚者であるが故にトラブルが少ないのがダブル不倫の特徴です。

なぜならお互いに家族がいることが前提で、その家庭を壊さないレベルで恋愛を楽しみたいという気遣いや認識が一致しているからです。

「相手のことは好きだけど今の家庭を壊す気はない」というのがダブル不倫をする人たちに共通をしています。

「外で恋愛をしているからこそ心のバランスが取れて家庭も上手く」といったスタンスで冷静に恋愛を楽しんでいる人がほとんどです。

もしも本気になってしまったらまずはお互いの気持ちを確認する

もちろん、ダブル不倫から本当に結婚するカップルもいます。

野村沙知代さんと、野村克也氏の夫婦も、ダブル不倫からの結婚というカップルでした。

そんな風に、自分も一緒になりたい…とダブル不倫で本気になってしまったら、まずは相手の気持ちを確認することが一番大切です。

先程も述べた通りダブル不倫の場合、相手も自分も最初から将来を見てはいなかったはずです。

後から、出会ったと言うだけで、先に出会ったパートナーよりも、関係性として劣っている…そんなふうに見られるのが我慢できないという気持ちを持つ人も多いです。

もちろん、既婚者同士であることにメリットや安心を感じて惹かれ合った人が大半であると思います。

そんな中でだんだんと「やはり一緒になりたい」「子供も欲しい」という願望が自分の中で生まれてきたとしたら、やはり相手の気持ちを確認する必要があるでしょう。

そのためにはまず自分の中で気持ちの変化があったことも相手に伝えなければいけません。

「一緒に時間を過ごす中であなたと一緒になりたいという気持ちが大きくなっていった」という素直な想いを相手にぶつけてみましょう。

相手も、それで断るにしても、嫌な気はしないはずですし、それがきっかけで関係が壊れてしまうことはありません。

離婚のハードルの高さは覚悟すべき

気持ちを確認し合って「今のパートナーと離婚して一緒になろう」という結論で一致した場合、まずはお互いが自分の家庭においてきっちり片を付ける必要があります。

やはりそのあたりは、お互いにそういったリスクを承知したうえで離婚に進む覚悟が必要です。

子どもが小さいのであれば離婚するのはその子どもが成人してからという条件付きになるかもしれません。時間がかかってしまう可能性もあります。

今の家族、安定、全てを手放してでも絶対に相手と一緒になりたいと心から思っているのか一時の感情ではなくどんな茨の道を通るとしても突き進んでいくという気持ちがお互いになければいけません。

慰謝料請求の可能性について

離婚となると視野に入れなければいけないのが慰謝料です。

切り出し方にもよりますが、納得が行かないという場合には、慰謝料も考えなければなりません。

ただし、円満な離婚の場合は、慰謝料を請求されないということももちろんあります。

もちろん慰謝料を請求されないに越したことはないでしょうがいざというときに、支払う覚悟は持つべきです。

本当に愛し合っていれば肩書きは関係がない

大抵の場合、ダブル不倫となると「結婚がゴール」と考えている方も多いです。一緒になりたいというのは自然な気持ちかもしれません。

しかし、離婚は必ず誰かを傷つけてしまうことになります。もちろん、それを乗り越えて一緒になったカップルもいて、それも素晴らしいことだと思います。

お互いを必要としていて、信頼をしていて、精神的なつながりがあれば、肩書きには問題は有りません。

愛し合う二人は、離婚と結婚だけが最良の道とは限りません。愛には多くの形があります。

幸せや愛の形はさまざまで、離婚をしなくても、家庭はもちろん、恋愛も大事にするという二人だけの唯一の幸せと愛の形を築くことも素晴らしい人生なのではないでしょうか。

つまり、必ずしも離婚しなくても、続けていくことは可能です。

後から出会ったからといって、先に出会った相手よりも、相性が劣っているわけでもなければ、未完成というわけでも有りません。もしも思い悩んでいる方も、愛はひとつの形ではないということを忘れないでください。

まとめ

人の気持ちは永遠ではありませんし、配偶者以外の人を好きになってしまうのは仕方のないことでしょう。

しかし、お互いが今のパートナーと別れて好きな人と一緒になると、覚悟が必要になります。

もちろん、それも選択肢の一つで、それを持ってしても、一緒になりたいというのはもちろん素晴らしい気持ちです。それを乗り越えて幸せになったカップルもいるわけです。

ただ、必ずしもそうしなければ「愛」として成立していないというわけではありません。

そうすることが最良という訳ではなく、肩書などは関係ありません。

離婚をして一緒になるカップルもいれば、そうせず二人の唯一の愛の形を築いていくというのも一つの幸せの形です。

もしも悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。

手軽にチャット相談をするならトークCARE

サービス名 トークCARE
相談形式 電話相談・チャット相談
運営会社 LINE株式会社
運営開始 2018年
料金 電話相談 130円~/1分チャット相談 100円~/1分月額・年会費無料
初回特典 初回トーク相談10分無料

トークCAREは、2018年6月に始まった、LINEトークでそれぞれの分野の専門家に直接悩みを相談できるサービスです。

365日、24時間いつでも相談が可能な画期的なシステムで、LINEのトーク機能やLINE電話を使って専門家に「友達感覚」で相談できるのがポイントで、さらにとても使いやすく親しみやすいサービスです!

メディアで有名な専門家に初回10分無料で相談をすることが出来ます。

カウンセラーへのチャット相談なら、別途、通話料はかかりません。1分100円(税別)~ あなたに合ったカウンセラーを選ぶことが出来て、信頼の運用体制となっています。そして、名前も知られずに相談ができます。

実績豊富なプロ、全員、厳しい審査を通過した経験・実績豊富なカウンセラーですので、是非利用してみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事