情熱と冷静のバランス、熱い情熱と冷静の間で生きている人って?
スポンサーリンク

熱い情熱を持っている人もいれば、割と冷静で、情熱がないという人もいます。

今回は「情熱と冷静」の感情についてお話ししていきたいです。

情熱を秘めているという人は「ガツガツしている」だとか、「熱い人」と言われることもあります。

何かに駆り立てられるように情熱だけで、突っ走る人もいるでしょう。

でも、反対に「情熱がない」という人もいれば、そうは見えなくても、冷静に炎を持っている人もいます。

そして、実は常に情熱と冷静さを併せ持ち、その間で揺れている人もいるということ。

あなた自身はどのようなタイプでしょうか?

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある。」

「心が辛い

「この先の人生どうなるの?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

冷静と情熱のあいだ、情熱を両手に抱かず片手に冷静を持っている人

情熱だけでずっとっと突っ走ってきた人、中には「情熱がない」と悩んでいる人もいるでしょう。

私自身はどちらのタイプなのかというと、このどちらでもなく、激しい情熱の中に冷静さがあって、揺れているタイプ。

これはHSS型のHSPという性質も相まって、たとえば情熱的にがーっと打ち込める半分、どこかで、冷静な自分がいて、最終的にブレーキをかけます。

そのまま突っ走ればいいのに…。

考えなくていいのに…。と夢のない話かもしれません。

でも、これが情熱と冷静の間の感情で、私のタイプなのでしょう。

これが良い方に働くこともあれば、悪い方に働くこともあります。

片方で泣くぐらい感情が高ぶっているけれど、それを片手では冷静に見つめている自分がいたりします。

情熱だけで突っ走ろうとしても、どこかで冷静な自分がいて、不安になり、スピードを落とし、現実的に落とし込もうとします。

冷静と情熱の間で生きるということは…

情熱だけで突っ走っていると、痛い目に遭うこともあります。

大体の情熱的な人は、その痛い目に遭った時点で、経験として自分に「冷静さ」という視点を与えてくれます。

普段はロマンや情熱が中心。だからこそ、微塵も考えないでしょう。

でも、私の場合は、常にその情熱と冷静さを併せ持っている状態です。

そういう人は、大体の場合は、HSS型のHSPです。

上手くいっていても、楽しんでいたとしても、どこか冷めた目で見ている自分がいます。

たとえば恋愛でも「好きだけれど、将来性はある?」だとか「その先になにがある?」。

ビジネスでも、「これって生産性ある?」「それに対する対価?」など考え、冷静に片側の心が冷えています。

ただ、情熱的な炎を持つタイプも、冷静さを併せ持つタイプも、メリットもデメリットがあります。

どちらも紙一重です。

運命的な何かが起きれば、ベクトルが変わることもあります。

それらをご紹介します。

表からは見えない情熱の持ち方…熱い情熱の持ち主とは

フィルターで表からは情熱の炎が見えないケースも多いです。

さて、あなたはどちらのタイプですか?

「情熱的な炎」、そんな人のイメージは、元気でハツラツな姿を思い描きます。

  • 情熱の炎が大きいほど、リーダーシップの存在になりやすい
  • 情熱の炎に、周囲から応援をされることも
  • その期待がさらに情熱の炎を大きくさせていく

自信を持った立ち振る舞いや話し方。

聴衆に熱意が伝わり、見るからに情熱的。

様々な人から頼りにされることが好きな方は、この情熱の炎が大きいタイプかもしれません。

恋愛でも、情熱的に燃え上がり、引っ張っていきたいというタイプが多いかもしれません。

冷静な志を持つタイプとは

炎には赤く燃えたぎる炎と、芯にある青い炎があります。

情熱があまりないとことんクールな人もいます。

ただ、冷静な志を持つタイプの方は、悶々と燃え盛る赤い炎よりも、芯にある青い炎の方が実は熱いのです。

傍からは熱く見えないですが、そのような冷静な志という名の炎を持つ方もいます。

  • 気持ちがブレない、周りから影響されない
  • 自分の志に沿って着々とコツコツこなす
  • 一定の安定感がある

青い炎が強いタイプは、周りから目印になるような炎ではありません。

でも、冷静さという炎を持っています。

安定感があり、いつまでも消えずに絶えず同じペース、同じ状態を保ち続けることが得意です。

冷静と情熱を腕に抱えて…あなたの炎の色は何色?

すごく情熱的なタイプ、その反面、どこかで冷静な視点や、志を持っていて、「これはいけない」と歯止めをかけるタイプもいて、恋愛やビジネス、それらでそれが見え隠れし、揺らぐ瞬間もあります。

人には、いくつかの情熱の形があります。

人の持つ熱量には差があります。

自分からすると、「あの人なぜ…。」という気持ちになるかもしれません。

でも、これも自身の在り方、私らしいんだな、と思うことが大切です。

今持っている炎と冷静さを活かす

冷静さと情熱の炎は目に見えないものです。

付き合ってみて、その炎が垣間見えるのです。

溢れるぐらいの欲張りさと情熱を持っているけれど、それを見せずに涙を流す人もいます。

情熱的だと思っていたら、それは違っていることもあります。

それはフィルターで覆われていて、周りからも見えないものです。

恋愛や、強すぎる風や逆境が訪れたときは、あなたの心の芯にあるタイプが情熱なのか、冷静なのか…その感情が垣間見えるはずです。

そんな自分自身の炎とタイプを理解し、大事にしませんか。

同時に、大事な人の情熱のタイプも理解することで、関係性が上手くいくかもしれません。

自分の熱量が分かれば求めるものが分かり上手くいく

たとえば、私自身は、冷静と情熱の間にいて、どんな時も、「情熱」を押し殺して、冷静さに合わせて行動をしてしまう。

だからこそ、私は、本能的に、私以上に冷静さと情熱を持っている人を求めています。

それは、「情熱的ながらも、安全バーを一緒に引いてくれる」から。

危険なときは、安全バーを引きながら、進んでくれる人が自分の支えになると本能で分かっています。

人間は欠けているものを補うために相手を探しています。

このように、自分の感情を見える化することで、自分の求めるものが分かっていきます。

まとめ

情熱の炎が強めの人と、冷静の志が強い人、どちらも併せ持っていて、情熱的ながらも、冷静さがそれを打ち消してしまうような、そんな人もいます。

でも、人間誰しもそういう両極端な部分を持ち合わせています。

そのベクトルを変える瞬間も訪れます。

それが運命的な出来事です。

でも、その中でも、あなたの中にある炎の魅力を活かして、より良い人生を生きることが大切ではないでしょうか。

今すぐ悩みのチャット鑑定をするなら!LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に直接相談できるサービスです!

チャットは1分100円~、電話は1分120円~、と業界最安値級!

LINEトーク占いなら、LINEのアプリさえあれば、恋愛・結婚・人生相談と、1500名以上いる先生からあなたのお悩みに合わせて選ぶことができるんです。

また、場所や時間を問わず、いつでもどこでもLINEで直接相談ができるのがうれしいですね♪

「やっぱり不安がある。」

「心が辛い

「この先の人生どうなるの?」

こんな感じならば、【LINEトーク占い】のチャット鑑定を初回10分無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占い師への相談で自分のことが解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日。

気持ちが滅入っている、自分についてのメンタルや心の悩みも診断できます。

まだオープンをしてから3年程度、ぜひとも、この機会に利用してみてください!

※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事